メガバンクのみずほ銀行が運営するカードローンの利用を検討している人は多いでしょう。特に早く融資を受けたい人は、みずほ銀行カードローンは即日融資が可能かどうか、気になるのではないでしょうか。

この記事では、みずほ銀行カードローンは即日融資できるのか、最短融資を受けるために審査をスムーズに進めるポイントなどについて、詳しく解説していきます。

みずほ銀行カードローンの最短融資はいつなのか?

みずほ,ローン,即日,融資
(画像=PIXTA)

まず、みずほ銀行カードローンの融資までの日数を見ていきましょう。

・審査結果が出るのは最短で2〜3営業日

みずほ銀行カードローンの公式サイトには、最短融資までの日数は記載されていません。実際にみずほ銀行カードローンを利用した人の口コミ情報を参考にすると、申し込みから2〜3営業日ほどかかるようです。したがって、残念ながら即日融資は難しいようです。

また申込者の属性やステータス、審査の混雑状況などにより、申し込みから審査結果が出るまでに1週間以上かかる場合もあるようです。みずほ銀行カードローンの審査スピード自体は、特に早くはないと考えられるでしょう。

・即日融資ができない理由とは?

みずほ銀行カードローンの審査が1営業日以上かかってしまう理由は、カードローンの利用希望者が反社会的勢力に属していないかどうかを、警察庁のデータベースで照会する審査が行われているためです。

警察庁データベースへの照会作業は、みずほ銀行から預金保険機構へ、そして警察庁データベースへの照会という手順を踏みます。この手続きには1営業日以上の日数がかかります。よって即日で審査が通ることは、手続き上不可能なのです。

みずほ銀行カードローンは即日融資を行っていません。申し込んだ日に融資を受けたい人は、即日融資に対応している大手消費者金融カードローンで一旦融資を受けてみることも、選択肢の一つかもしれません。

PCやスマホでみずほ銀行カードローンに申し込む

みずほ銀行カードローンへの申し込みは、以下の3つの条件を満たさなければなりません。

●契約時に満20歳以上満66歳未満である
●安定かつ継続した収入が見込める
●保証会社(株式会社オリエントコーポレーション)の保証を受けられる

みずほ銀行カードローンに申し込む前に、これらの条件を満たしているかどうかを確認しておきましょう。みずほ銀行カードローンは、パソコンやスマートフォンから簡単に申し込めます。15分もあれば、ひととおりの手続きが完了します。

みずほ銀行カードローンへの申し込み手続きには、難しい入力項目はありません。「本人情報」としての氏名や年齢など、「収入に関する情報」として勤務先や年収など、「他社借入に関する情報」として他社カードローンなどを入力します。

みずほ銀行カードローンの仮審査と結果連絡

みずほ銀行カードローンへの申し込み手続きが済めば、仮審査が行われます。仮審査では、「基本情報」「年収」「他社借入」などの審査が行われます。前述の「警察庁データベースへの照会審査」も、仮審査の段階で行われていると考えられます。

そして、審査の最終段階では、勤務先への電話による「在籍確認」が行われます。仮審査には2〜3営業日ほどの日数がかかると考えられます。

仮審査の結果は、手続き時に登録したメールアドレスに届きます。仮審査を通過した後にも、手続きが必要です。スピーディーに融資を受けるためには、みずほ銀行からのメールを見落とさないように注意しましょう。

みずほ銀行カードローン審査の必要書類をアップロード

仮審査通過後は、オンライン上に必要書類をアップロードしなければいけません。本人確認書類として「運転免許証」や「健康保険証」「パスポート」などが必要なので、事前に用意して、スムーズに手続きを進めましょう。

利用限度額が50万円を超える場合、収入証明書の提出も必要です。「源泉徴収票」や「確定申告書」などの必要書類をスマートフォンのカメラで撮影し、画像をアップロードするだけと簡単です。5分ほどで手続きが完了するでしょう。

使用カードは2種類?キャッシュカードか専用カード

審査に通り、みずほ銀行カードローンを利用する際は、ATMでお金を借りるためのローンカードが必要です。ここで触れておきましょう。

・キャッシュカードでローンカードを兼用できる

みずほ銀行へ必要書類を提出すると、「カードローン口座開設」の連絡があります。その後は銀行やコンビニのATMで振り込みをしたり、銀行口座に振込融資をしてもらったりできます。

ローンカードは2種類あり、利用者が選ぶことができます。1つは、みずほ銀行のキャッシュカードでカードローンも兼用する方法です。もう1つは、カードローン専用のローンカードを発行してもらう方法です。

・ローン専用カードは発行まで1週間かかる

みずほ銀行カードローンの専用ローンカードを選択すると、ローンカードが自宅に郵送されるまで、通常1週間以上かかります。

一方、みずほ銀行のキャッシュカードでローンカードを兼用する場合は、カードローン契約後すぐに銀行やコンビニのATMで利用できます。急いで融資を受けたい場合は、必ずキャッシュカード兼用型でカードローン契約をするようにしましょう。

みずほ銀行に口座がない場合は店頭窓口での申し込みが便利

みずほ銀行カードローンは、みずほ銀行の口座を持っていると最短で利用できます。みずほ銀行に口座がない場合も、みずほ銀行の店頭窓口で「口座開設」と「カードローン」への申し込みを同時に行えば、口座開設のための書類を郵送する手続きを短縮できるので、早めの融資が期待できます。

みずほ銀行カードローンを利用したいけれど、みずほ銀行の口座を持っていないという人は、みずほ銀行の店頭窓口での申し込みを検討してみましょう。

みずほ銀行の審査に最短で通過するコツ1:限度額編

みずほ銀行カードローンの審査を最短で通過するコツについて触れておきましょう。まずは、カードローンの限度額についてです。

審査に早く通過するためには、最初は最小限の希望限度額で申し込むのがおすすめです。一般的にローン審査というものは、限度額が高いほど審査基準が厳しくなることが多いようです。

貸す側にすれば、貸し出しが多ければ多いほど利息は入りますが、延滞や貸し倒れのリスクも増えるのが当然です。そのため、できるだけ返済能力がある人に貸したいという事情があるので、限度額が高いと審査基準は厳しくなるのです。

みずほ銀行カードローンでも、高めの限度額を希望すると当然審査が厳しくなり、日数もかかってしまう可能性があります。速やかに審査を通過したいのであれば、希望限度額は最小限に抑えて、多くても30万円以内の限度額にするほうが賢明です。

みずほ銀行の審査に最短で通過するコツ2:他社借入編

他社借入が多い場合は、みずほ銀行カードローンの審査が不利になるおそれがあります。一般的に3社以上の借り入れがあると、審査に通るのは厳しいと考えましょう。他社借入の一部を完済し、借入件数を減らしておくと、少しでも審査に通りやすくなるでしょう。

また、借入件数とは別に、借入総額が総量規制に引っ掛かる可能性もあります。総量規制とは、貸付金額の上限を借主の年収の3分の1までに抑えるという決まりです。あくまでも消費者金融などの貸金業者に適用されるもので、銀行業自体は総量規制の制約は受けません。

しかしながら、近年では銀行も総量規制に準じるような社内ルールを設けている場合もあるようです。背景には多重債務者を増やさないための、銀行の自主規制が影響しているようです。

みずほ銀行カードローンのメリット&デメリット

みずほ銀行カードローンの最大のメリットは、年率2.0%~14.0%という低水準の金利です。大手の中でもこの上限金利は低い部類といってよいでしょう。最大限度額も業界トップクラスの最大800万円です。まとまった額が必要な人にとっては、メリットと言えるでしょう。

さらに、みずほ銀行の住宅ローン利用者には、カードローンの金利を年率0.5%引き下げるという優遇特典があります。

デメリットは返済に関することです。みずほ銀行カードローンの返済日は毎月10日で、みずほ銀行口座からの自動引き落としに限定されます。追加の返済や繰り上げ返済は、提携しているATMやインターネットバンキングなどでいつでも行えます。

定期返済は返済日を動かせず、返済方法も1種類なので少し融通が利かないとも言えるでしょう。給料日後を返済日にしたい人や、口座の残高が流動的な人には向いていません。返済日や返済方法が選べるカードローンがある中で、みずほ銀行カードローンは比較的不便かもしれません。

即日融資は無理でもメガバンクみずほ銀行のカードローンはおすすめ

みずほ銀行カードローンは年率2.0%〜14.0%の低金利で使いやすいカードローンですが、即日融資ができない点は理解しておきましょう。

とはいえ、金利の低さと最大800万円の限度額の大きさは魅力です。しかも審査は早ければ2〜3営業日とスピーディーです。またみずほ銀行の住宅ローンの利用者は金利が優遇されます。

このように、みずほ銀行カードローンには多くのメリットがあります。即日融資は無理でも、充分価値があるサービスと言えるでしょう。