カードローンを利用するときに気を付けたいポイントが利息です。利息がいくらかかるのかは、利用するローンを選ぶうえでも重要な基準の一つと言えるでしょう。

アコムのカードローンは、サービス面において多くの消費者金融の中でも利用しやすいといわれていますが、実際の利息はどれくらいで、ほかの消費者金融と比べてどの程度なのでしょうか。

この記事では、アコムの利息について解説していきます。

アコムの利息っていくら?

アコム,利息
(画像=PIXTA)

アコムの金利は、年3.0%~18.0%に設定されています。利用限度額によって適用金利が異なり、利用限度額が大きいほど低い金利が適用されるようになっています。

利用限度額が501万円~800万円の場合、金利は年3.0%~4.7%です。次いで、利用限度額が301万円~500万円だと年4.7%~7.7%、100万円~300万円だと年7.7%~15.0%、1万円~99万円の場合は年7.7%~18.0%の金利が適用される仕組みです。

具体的に利息がどれくらいかかっているかは、利用限度額に応じた金利を借入残高にかけて計算すると分かります。

アコムの利息は毎日どれくらいかかっている?

利息の計算方法は、消費者金融によって異なります。アコムの利息は毎日どれくらいかかっているのでしょうか。

・利息は日割り計算

アコムの利息は日割り計算なので、返済までの期間毎日少しずつ利息が上乗せされていることになり、「借入残高 × 金利 ÷ 365 × 利用日数」で計算できます。

例えば、30万円の借り入れを30日後に返済する場合、金利が年18.0%であれば次のようになります。

30万円 × 18.0% ÷ 365日 × 30日 = 4438円

30万円という金額に対して、金利が高いかどうかは意見が分かれるかもしれません。しかし、一度に30万円返済するのではなく、毎月少しずつ返済することを考えると、積み重なれば決して安い金額とは言えません。

・返済期日は指定できる

アコムは返済期日を指定できます。公式ホームページでは、35日期日を例に挙げているため35日期日で設定しがちですが、30日より利息が膨れ上がることになるので注意しましょう。

また、返済のめどがたった場合は、繰り上げて期日を早めて返済することもできます。早めに返済できるに越したことはないので、自分の資金状況と合わせて返済プランをスケジューリングしていきましょう。

アコムの利息は他社と比べて高い?

実際のところ、アコムの利息は他社と比べて高いのでしょうか。

・銀行カードローンに比べて高い

アコムの金利自体は、銀行カードローンと比べると明らかに高く設定されています。例えばほとんどの銀行では、借入上限が10万円のときの金利は年14.0%程度です。一方アコムは借入上限が10万円だと金利は年18.0%なので、利息も高くなると思われるかもしれません。

しかし、アコムでは月々の最低返済額を銀行よりも高めに設定していることから、利息の総支払額は安くなる場合もあります。

例えば、アコムの月々の最低返済額は5000円ですが、三井住友銀行カードローンだと2000円です。10万円の借入金額を返済するのにアコムでは24ヵ月で済むのに対し、三井住友銀行カードローンは78ヵ月かかることになります。

この場合、完済までに支払う利息はアコムが1万9772円、三井住友銀行カードローンは5万4259円となり、結果的にアコムのほうが利息の支払いを少なく済ませることができます。

この点を考えると、アコムの「金利」は高いものの、「利息」は安くできる場合もあるというのが適当かもしれません。

・消費者金融としては平均的

金利だけを見ると、銀行に比べて高く感じるアコムですが、前述したように銀行よりも利息の支払いを安く済ませられる可能性があります。ほとんどの消費者金融はアコムと同様に金利を年3.0%~18.0%としているので、アコムの金利はいたって平均的と言えます。

アコムで利息だけ返済する方法はある?

利息が高くなると、月々の返済に支障が出ることもあります。アコムでは利息のみを返済することはできるのでしょうか。

・利息のみ返済が可能

アコムでは、利息のみを返済することは可能です。借入金額が10万円の場合、利息は1479円ですが、「どうしても今月は返済が厳しい」というときは、利息だけでも返済すれば延滞とはみなされず、信用情報に傷がつくこともありません。

アコムは、連絡なしでも利息を支払っておけば基本的に問題ありませんが、アコム総合カードローンデスクに電話で一報を入れておくと印象が良くなるとされています。

・利息のみ返済のデメリット

利息のみを返済することのデメリットは、利息を返済することで信用情報を守ることができても、借入残高そのものを減らすことができない点です。一時的に返済が厳しい状況ならば、その場をしのぐために利息分だけを返済するのも手ですが、毎月続けてしまうと利息は膨らむ一方です。

アコムは利息が日割り計算であることを忘れてはいけません。そのうち利息分すら支払えなくなってしまうと、結局は信用情報に傷がついて新規にクレジットカードが作れなくなったり、他のローンが契約できなくなったりします。

アコムの利息を減らすには

あくまでも最終的な利息の支払額が銀行より安く済むというだけであって、アコムの金利が高いのは事実です。一度借り入れをすると、完済まで日に日に利息は増していくので、早めに完済のめどをつけておくべきでしょう。

少し工夫をすれば、アコムの利息を減らすことができます。単純な方法としては、増額融資を受けることです。利用限度額が高ければ高いほど金利は低くなります。利息制限法という法律があり、100万円以上の融資を行う場合、金利は最大でも年15.0%までとされています。今の限度額が100万未満で金利が年15.0%より高い場合は、増額融資を受けることで下げることができます。しかし、増額融資は審査のハードルが新規申し込みに比べて高いので、必ずしも増額融資が受けられるとは限りません。

また複数の金融機関に借り入れを行っている場合は、アコムでまとめる方法もあります。アコムでまとめて100万円以上を借り入れれば、金利を年18.0%から年15.0%に下げることができ、利息を減らすことができます。ただし銀行のローンはまとめることができません。そもそも複数の金融機関から借り入れがなければこの方法は使えないので、注意しましょう。

アコムには利息なしで借りられる無利息サービスがある!

アコムの利息を減らす方法として、利息なしで借りられる無利息サービスがあります。

初めて利用する人に対して、アコムは最初の1ヵ月間を無利息サービス期間としています。無利息期間内に完済できなかったとしても、できる限り多く返済しておけば利息を減らせるでしょう。ただしこのサービスは借入日ではなく入会日から適用されるので、気をつけましょう。

アコムは交渉すると利息を下げることができる?

アコムでは、交渉によって利息を下げられる可能性があります。

そもそも、消費者金融の金利が高く設定されているのは、貸し倒れリスクを軽減するためです。消費者金融は銀行に比べて融資のハードルが低いですが、比例して利用者に対する信頼度も低いとされています。そこで、高い金利を設定して、その金利でも返済するという約束のもとに融資を決定しています。

裏を返せば、きちんと返済して信用を勝ち取り、優良顧客とみなされれば、比較的融通が利きやすくなります。実績と交渉次第で金利を下げられる可能性もあるので、継続して返済していて信頼も得られている状態であれば、交渉してみるのもひとつの手でしょう。

アコムの繰り上げ返済も活用しよう

アコムの利息は日割り計算なので、借入残高によって変動します。手っ取り早く利息を減らしたいのであれば、借入残高を減らすのが最も早くて健全な方法です。

そこで活用したいのが繰り上げ返済です。一気に繰り上げて返済するお金がないという人もいるかもしれませんが、月々の返済額に1000円上乗せして返済するだけでも利息はかなり変わってきます。資金に余裕のあるときは、積極的に繰り上げ返済を行いましょう。

アコムの返済期間を短くすれば利息を減らせる

アコムのホームページでは、返済期日を自分で選べるようになっています。とはいえ、ホームページでは35日を推奨しているためか、35日を選ぶ人が多いようです。35日の返済期日ぎりぎりに設定していると返済日を忘れがちになり、タイミングがズレると遅延してしまうこともあります。少しでも遅延や滞納の記録が残ると信用情報に傷がついてしまうため、余裕をもった返済を心がけなければなりません。

日割り計算になるため、返済期間が短ければ短いほど利息を減らせます。35日より30日など、返済期間をなるべく短く設定しましょう。

アコムの利息は高いが工夫次第で減らせる

今回は、アコムの利息についてまとめました。アコムの利息は、消費者金融としては平均的な金額ですが、銀行と比べるとどうしても高く感じてしまいます。しかし、それは貸し倒れを防ぐために設定されているものです。

最終的に支払う利息が銀行より安くなるという点では、銀行よりもお得と言えます。利息分だけでもきちんと返済していけば、信用情報に傷がつくこともなく、利用しやすい金融会社だと言えるでしょう。

アコムの利息は高いと感じるかもしれませんが、工夫次第で減らすこともできます。安心して利用を検討してみてください。