急に結婚式に呼ばれて、着ていく服から用意しなければならない場合や、不慮の事故や突然の病気などで5〜10万円くらいのお金が緊急で必要になる場合もあるでしょう。また新型コロナウイルスの影響で収入が減り、生活資金が足りないなど、さまざまなケースが考えられます。

この記事では、10万円程度のお金を借りたい人のために、金融機関から借りる以外の方法も含めて紹介します。

■コロナ関連の休業者向けの緊急小口資金

新型コロナウイルス感染症拡大の影響によって、収入が減った人や休業、失業で生活資金に困っている場合は、各都道府県の社会福祉協議会などで行っている緊急の小口貸し付けが利用できるケースがあります。

・休業者やバイト学生などが対象者

新型コロナウイルス感染症拡大の影響を受けて、休業やアルバイトの休みなどによって収入が減り、一時的な生計維持のための貸し付けが必要な世帯が対象です。

休業ではなくとも、コロナの影響で収入が減っているのなら、社会人や学生も適用されます。従来、この制度は低所得世帯等に限定されていましたが、対象が拡大されました。

・貸付上限額

貸し付けの上限額は20万円です。従来は10万円が上限でしたが、世帯の中に新型コロナウイルス感染症の罹患者や要介護者がいるとき、あるいは世帯員数が4人以上などのいくつかのケースで20万円が上限となります。

・据置期間と償還期限

据置期間は、従来の2ヵ月以内から拡大して1年以内で、償還期限は従来の12ヵ月以内から拡大して2年以内です。ちなみに保証人はいらず、利息もかかりません。

■コロナ関連の失業者向けの総合支援資金

前述の緊急小口貸し付けと同様に、各都道府県社会福祉協議会が提供する新型コロナウイルスの影響を受けた世帯への支援です。

収入の減少や失業などによって生活が困窮し、日常生活の維持が困難となっている世帯に、生活再建までの間に必要な生活費用の貸し付けを行っています。

・無職の人やバイト学生などが対象

従来の貸し付け対象である低所得世帯以外に拡大し、新型コロナウイルス感染症拡大の影響によって、休業や失業等により生活資金で困っている人たちも対象となっています。

・貸付上限額

貸付上限額は、2人以上の世帯は月20万円以内、単身者の世帯は月15万円以内です。貸付期間は原則3ヵ月以内とされています。

・据置期間と償還期限

据置期間は、従来の6ヵ月以内から拡大して1年以内で、償還期限は10年以内です。こちらも保証人はいらず、利息もかかりません。従来は保証人ありで無利子、保証人なしで年率1.5%の金利がかかりました。

■消費者金融で10万円借りる

10万円程度の金額を借りたい人におすすめの借り入れ手段は、カードローンです。借り入れの希望額が少なければ、さほど審査も厳しくない場合がほとんどです。

多くの消費者金融カードローンは即日融資に対応しているので、急にお金が必要な場合に助かります。利用用途は自由なので、利用限度額の範囲内であれば何度でも借り入れができます。

例えば、限度額30万円で契約したカードローンでも、借り入れは10万円でも5万円でも問題ありません。消費者金融がおすすめな理由は、以下のとおりです。

●申し込んだその日のうちにお金を借りることも可能
●初めて利用する場合は無利息期間が設定されている
●10万円までの少額借り入れができる
●社員でもアルバイトでも収入があれば審査に通りやすい

どうしても急いで10万円を借りたい人には、アコムがおすすめです。「Web申込」だと最短30分で審査が終わり、順調にいけば1時間後には融資を受けられます。スマートフォンがあればコンビニのATMで借り入れが可能です。

消費者金融で無利子で10万円を借りる

消費者金融のカードローンのメリットとして、一定期間は無利子で借り入れができる点が挙げられます。期間は会社によって異なりますが、30日間から最大180日間までの無利息サービスがあります。

無利息サービス期間中は、借入金額に対しての利息はつきませんが、それを過ぎると通常の利息が発生します。ただし無利息期間だから返済がないということではなく、元金のみではあっても翌月から返済は始まります。

逆に言えば、この期間に借りた分を完済できれば、完全に無金利でお金を借りたことになります。

ちなみに、レイクALSAは消費者金融の中で最も無利息期間が長いカードローンです。60日間は借入金の全額が無利子で、5万円までなら180日間無利子です。

審査が通りやすい消費者金融とは?

大手消費者金融のカードローンの中でも、アイフルは審査に通る確率が他社と比較して高い傾向にあるようです。

例えばアルバイト収入が5万円くらいだけの学生や、転職したばかりでわずか1〜2ヵ月の勤続歴しかなく審査に不安がある人は、アイフルのカードローンに申し込んでみるとよいでしょう。

アイフルの公式サイトにある「1秒診断」で、雇用形態や年収などの基本情報を入力すると、借り入れが可能かどうかをあらかじめ簡単に診断できます。

銀行カードローンで低金利で10万円借りる

消費者金融カードローンは手軽かつスピーディーに利用できて、審査もそれほど厳しくはありませんが、金利が少々高めになるのがデメリットです。

一方銀行カードローンは、消費者金融よりもかなり金利が低くなります。その分審査は厳しくなってしまいますが、長期間利用するなら低金利は魅力的です。

審査が厳しいとはいえ、希望額を低く設定し、安定収入があってブラックリストに載っていなければ、審査に通過するのはそれほど難しくはないでしょう。

申し込んで即日というわけにはいきませんが、数日で融資が受けられます。最近では、ほとんどの銀行がWebで申し込みが完結できるので、書類を郵送する必要もありません。

多額のお金が必要な場合でも、銀行は総量規制の対象外なので収入の3分の1以上の借り入れも不可能ではありません。

クレジットカードのキャッシングで10万円借りる

クレジットカードのキャッシングサービスの利用も、手っ取り早く10万円程度のお金借りる方法です。

現在は、社会人も学生も多くの人がクレジットカードを所有しています。ショッピングが基本ではあっても、キャッシングサービスが役に立つときがあるでしょう。

カードを作るときにキャッシングを申し込んでいれば、そのときに審査を受けて個々の限度枠も決まっているはずです。契約時に申し込んでいない人は、新たに申し込んで審査を受けなければいけません。

提携銀行やコンビニのATMで引き出せるのも便利です。返済は、ショッピング利用分の自動振替に指定している銀行口座から引き落とされます。

問題は、金利が年15〜18%くらいで高めなことです。ほぼ消費者金融並みと考えてよいでしょう。よって、銀行カードローンよりは金利負担は重くなります。

生命保険でお金を借りる方法がある?

生命保険をかけている人は、「契約者貸付制度」を利用すれば解約返戻金の一部を借り入れできます。掛け捨て部分ではなく、貯蓄部分が原資となります。

いずれ満期保険金になって契約者に支払われるお金ですが、満期になるまでは保険会社のお金です。いわば将来の満期保険金を担保としてお金を借りるのです。

利用方法は保険会社によって異なりますが、主に以下のような方法があります。

●店頭で申し込む
●担当者・コールセンターに問い合わせる
●電話による自動取引
●ホームページから申請する
●ATMを利用する

保険会社によっては窓口でのみ受け付けするなど、借り入れと返済の方法が限定されていることもあります。

利用可能な金額も個々のケースで異なります。金利は各保険会社の公式サイトに掲載されています。金融情勢などで変動することはありますが、おおむね低金利と考えてよいでしょう。

質屋で10万円借りる

10万円ほどの少額なら、質屋で借りるという選択肢もあります。

現代のように金融業が発達する以前は、「質屋」に自分の所有物を預けてお金を借りることが当たり前の時代がありました。質屋は今でもビジネスモデルとして続いています。

・質屋のシステム

質屋とは、預かった品物を担保としてお金を融資する店です。期限までに元金と利息を返済すれば、預けた品物は戻ってきます。返済できなければ、預けた品物は「質流れ」といって質屋に所有権が移ります。

質屋は金融機関でお金を借りるのとは違って、返済できなくなっても品物を失うだけで済む借り方です。

・質入れしやすい物品とは?

質入れしやすいのは、貴金属や高級腕時計、ブランド品(バッグや財布)、ゴルフクラブなどです。ほかにもカメラやパソコンなどの電化製品などがあります。ブランドものの腕時計やバッグなどは融資される金額が高めになるでしょう。

・利息はどうなる?

利息は店によって違いますが、月利1%台くらいが多いようです。もちろん借りる金額によっても変わります。額が大きいほど月利(年利ではありません)は下がります。

先々のことをよく考えてから借りよう

ここまで紹介したように、10万円を借りる方法は複数あります。借り方によって金利もさまざまで、中には無利子で借りられるケースもあります

たとえ10万円でも、長期間にわたって金利が高い借り方をしていると、利息だけでもばかになりません。少額でも、先々の都合などをよく考えて利用しましょう。