消費者金融に対して、「怪しい」というイメージを持っている人も多いのではないでしょうか。そのような人の多くは、実態やサービス内容を正確に理解していない可能性があります。

結論から述べると、消費者金融は決して怪しいものではありません。この記事では、消費者金融の利用を検討している人に向けて、特徴や主な申し込み方法、お金の借り方や借りるまでの流れ、メリットやデメリットについて解説します。

消費者金融とは何か?

消費者金融,借り方
(画像=PIXTA)

消費者金融とは、お金に困っている個人に対して「無担保でお金を貸してくれる」会社のことです。担保とは、お金を借りた人が返済できなくなった場合に備えてあらかじめ設けておく保険のようなものです。

一般的に、担保といえば、不動産や貴金属などがあります。消費者金融では利用者一人一人の「返済能力」を審査することで、担保なしでもお金を借りることができるのです。

担保は不要ですが、返済時には利息をつけて消費者金融にお金を支払うことになります。借りたお金と利息を合わせて返済していくことになるので、最終的には借りたお金よりも多く支払うことになり、利息分が消費者金融の利益となるのです。

銀行カードローンとの違い

銀行カードローンと消費者金融カードローンには、いくつか違いがあります。金利設定を比べると、銀行カードローンは年2.5~14.5%、消費者金融は年3.0~18.0%と上限に大きな差があります。

もちろん金利は低いほうがよいため、銀行カードローンのほうが魅力的にうつるでしょう。しかし銀行と消費者金融では審査基準が異なるため、一概にどちらがよいと決めるのは困難です。

銀行カードローンは審査が厳しく、結果の通知にも日数がかかります。一方、審査難易度が低く設定されている消費者金融カードローンは、申し込みの当日に融資してくれる場合もあります。

とにかく金利を低くしたいという人は銀行カードローンを選ぶべきですが、今すぐにでもお金が必要という人は消費者金融カードローンが向いているでしょう。自分のニーズにどちらが当てはまるかを検討し、選択することをおすすめします。

消費者金融は借り入れ初心者向け

消費者金融は、借り入れの初心者向けであると言えます。特に大手の消費者金融では、初めての借り入れに対して手厚いサービスが用意されています。

簡単にお金が借りられるだけでなく、初回契約時には無利息で借りられるサービス期間があったり、申し込み前の簡易診断ができたりなど、初心者にとってメリットがあります。

消費者金融でのお金の借り方・主な申し込み方法

消費者金融でお金を借りる際の申し込み方法は複数あります。主な申し込み方法をいくつか解説します。

・実際の店舗窓口で申し込む

「詳細な説明を受けながら借り入れをしたい」という人は、店舗窓口がおすすめです。専門スタッフが商品の説明をしてくれるだけでなく、細かな質問にも答えてくれます。近くに店舗があり、対面で契約したい場合、実際に足を運んでみましょう。

・時間の無駄がないインターネット 時間を無駄にせず、誰にも知られることなくお金を借りたい人は、「インターネットからの申し込み」をおすすめします。自宅から一歩も出ることなく、申し込みから借り入れまで可能なサービスもあります。

・全国に設置されている自動契約機

近くに店舗窓口がない人は、自動契約機を検討しましょう。自動契約機とは、申し込みから契約、ローンカード発行までの手続きが行える無人の店舗のことです。

大手の消費者金融は、全国各地に無人店舗を設置しています。遅い時間まで受け付け可能で、土日も対応しているため日中忙しいサラリーマンや学生などに便利でしょう。

・店舗窓口や無人契約機がない場合は郵送

近所に窓口も無人契約機もない人は、郵送での申し込みを検討しましょう。消費者金融に電話をかけて申し込みに必要な書類を郵送してもらうだけです。

受け取った書類に必要事項を記入して返送すると、それをもとに審査が行われ、ローンカードが郵送されるという流れです。手続きに1週間程度かかるものの、条件次第では有効な方法の一つと言えます。

・記入や入力の必要がない電話

電話での申し込みは、時間がない人におすすめです。電話口でオペレーターの質問に答えるだけで申し込みが終わります。

書類の記入や郵送の手間もかからず、オペレーターとの通話だけで申し込みが完結するのは利用者にとってもありがたいでしょう。

消費者金融でのお金の借り方・お金を借りるまでの5ステップ

消費者金融でお金を借りるまでの流れはシンプルです。正確に申し込めば、利用する消費者金融によっては申し込みから1時間後にお金を借りることも可能です。

利用手順は大きく分けて5ステップです。ここでは、WEBでの申し込みを例に確認しましょう。

・PCやスマホで公式サイトから申し込む

まずは消費者金融の公式サイトから申し込みます。パソコンまたはスマートフォンのどちらでも可能です。

申し込みページでは、氏名や年齢、連絡先、年収、勤務先などの情報を入力します。特に問題がなければ、入力作業は約5分~10分で完了するでしょう。

・必要書類を提出して審査を待つ

入力完了後に、必要書類の提出を行います。運転免許証やパスポート、健康保険証などをスマートフォンのカメラなどで撮影し、公式サイトの提出ページから送信するだけです。

書類提出が終わると審査が行われます。審査で確認される情報は、次のとおりです。 

● 本人情報
● 勤務情報
● 住居の情報
● 他社借り入れ情報

これらの情報から申込者の返済能力を調査します。返済能力があると判断されれば、その結果に応じて利用限度額が決まります。

・在籍確認を受ける

審査の仕上げには「在籍確認」が行われます。在籍確認とは、申込者が本当にその職場で働いているかどうか裏付けを取ることです。

在籍確認は電話で行われることが多いものの、個人名でかけてくるため審査の事実が会社にバレる可能性は低くなっています。

・自動契約機でカードを発行

在籍確認をクリアし、審査に通過すれば契約ができます。契約後には自動契約機でローンカードを発行しましょう。

ローンカードがあればコンビニATMなどで24時間いつでもお金が借りられます。自動契約機は遅い時間まで営業している場合が多く、カード発行にかかる時間も20分ほどです。なお、カード発行には身分証明書が必要となるので、必ず持参しましょう。

・実際に借り入れを行う

カードを発行したら、無人店舗内のATMやコンビニATMで借り入れを行いましょう。ATMにカードを挿入すると、手続き画面に切り替わります。

借り入れは自分の口座に振り込んでもらうことも可能です。ただし営業時間外に申請すると、翌営業日の反映となるので注意しましょう。

消費者金融からお金を借りる3つのメリット

消費者金融でお金を借りるメリットはいくつかあります。その中でも代表的な3つのメリットについて解説します。 

・融資までの時間が短い

消費者金融は融資までの時間が短く、条件が良いと最短60分で借り入れが可能です。なぜ消費者金融の融資スピードが速いかというと、利用者に寄り添ったサービスとなっているからです。

お金を借りたい人の中には、今日中にどうしてもお金が必要という人もいるでしょう。急いでお金を借りたい人向けに、迅速な融資サービスを用意しているのです。

・アプリや公式サイト上で手続きが完結

大手消費者金融の多くは、すべての手続きをアプリや公式サイト上で行えるようになっています。店頭に行く手間を省けたり、周りにバレずに消費者金融を利用できたりするなど、スマートフォンひとつで完結できるのは大きなメリットだと言えます。

方法も簡単なので、スマートフォン操作に慣れた人なら誰でも申し込みを完結できるでしょう。

・一定期間は無利息でお金を借りられることも

大手消費者金融の中には「無利息期間」を用意している会社があります。無利息期間とは「利息なしでお金を借りられる期間」のことです。つまり一定期間借りたお金以上の支払いは不要ということです。このサービスは、消費者金融だけの特徴です。

ただし、無利息期間が過ぎると、通常どおりの利息が発生するので注意が必要です。

消費者金融からお金を借りる3つのデメリット

消費者金融でお金を借りることにはデメリットも存在します。主な3つのデメリットについて見ていきましょう。

・銀行カードローンと比べて金利が高い

銀行と比べて、消費者金融の金利は「比較的高い」傾向にあります。特に確認すべきは金利の上限値です。

初めてお金を借りる場合は、ほぼ上限値に近い金利が設定されます。その理由は、消費者金融はより多くの人が利用できるサービスだからです。融資までの時間を短くしたり、手続きを簡素化したりすることで利用しやすくしているわけですが、利用しやすい分だけ利息が高く設定されているとも言えます。

また利用者が多いだけに、返済できない利用者がいることも想定しています。返済されなかった際の損失分を考慮して、あらかじめ金利を高めに設定しているのです。

・借入金額に制限がある

消費者金融では、最高でも年収の3分の1までしか借り入れができません。これは、法律において総量規制として定められています。

総量規制とは、「返済能力を超えるような過剰な貸し付けを禁止する」ものです。多重債務者を作り出さないように、あえて法的な制限を設けているのです。

借入総額に制限があるということが、デメリットとなる人もいるでしょう。

・毎月固定の安定した収入が必須

毎月の「固定収入」がなければ借り入れが難しくなることもデメリットの一つです。安定した収入がなければ、返済能力がないと判断されてしまいます。

具体的には、専業主婦や無職、休職中で収入のない人などが該当します。一方、アルバイトやパートでも毎月数万円でも安定した収入があれば、審査に通ることもあります。

今日お金を借りる方法とは?

今日中にお金を借りたい人には、消費者金融が向いています。なかでも、プロミスであれば、即日融資の可能性が高いでしょう。

プロミスには、ホームページ上での申し込みで指定口座に振り込んでくれるサービスがあります。融資依頼から最短10秒で指定口座に希望額が振り込まれ、振込手数料も無料です。

「最短10秒」での振込融資を希望する場合は、ジャパンネット銀行など24時間振込可能な口座を事前登録しておく必要があります。

消費者金融で借りたお金の返済方法

消費者金融で借りたお金を返済する際は、ATMでの振り込みや口座引き落とし、インターネット決済などを利用できます。ただし提携のないATMで返済する場合は、手数料が発生する場合もあるので注意しましょう。

インターネット決済の場合、海外からだったり、電波状況が悪かったりすると、インターネット自体を利用できないことがあるでしょう。それを考えると、口座引き落としが一番確実な返済方法と言えるかもしれません。

消費者金融でお金を借りることは怪しくない

なんとなくネガティブなイメージがある消費者金融ですが、実際は怪しくも怖くもありません。貸金業を営む会社は、金融庁の認可がなければ営業することさえできないのです。

消費者金融は、多くの人が利用する一般的な会社です。一方、ヤミ金といわれるような無許可で営業を行っている会社があることも事実です。そういった会社では、高額な利息を設定される可能性もあるので要注意です。

消費者金融で初めてお金を借りるか迷っている人は、この記事を参考にして利用を検討してみてはいかがでしょうか。