アコムのカードローンは最短30分という審査や融資までの早さが特徴です。アコムのカードローンを利用した際の返済方法について詳しく知りたいという人も多いのではないでしょうか。

この記事では、アコムのカードローンの返済方法について解説します。アコムではさまざまな返済方法があり、ライフスタイルに合わせた返済が可能です。アコムのカードローンの利用を検討している人は、ぜひこの記事を参考にしてください。

アコムの返済方法は6種類

アコム,返済
(画像=PIXTA)

アコムの返済方法は全部で6種類あります。

・店頭窓口
アコムには有人の店舗窓口があり、借り入れだけでなく返済もできます。営業時間は平日の9時30分~18時で、土日と祝日は休業です。

・インターネット
アコムではインターネットによる返済も受け付けています。インターネットの場合、「Pay-easy」サービスにログインしてから返済の手続きをするので、返済のための金融機関口座が必要です。インターネットはメンテナンスの時間を除く、24時間営業です。

・アコムのATM
アコムのATMを使用して借り入れの返済が可能です。アコムのATMでは、端末の選択画面より「ご返済」のボタンを押して手続きをします。注意点として、アコムのATMを利用する際にはローンカードが必要なため忘れずに持参しましょう。アコムのATMの受付時間はメンテナンスの時間を除く、24時間となっています。

・提携ATM
セブンイレブンやローソンなど、大手コンビニエンスストアに設置しているATMで返済することもできます。提携ATMの利用時間は使用する端末によって異なるので、前もって確認しましょう。また提携ATMでは手数料がかかる点に注意が必要です。

・振り込み
アコムでは銀行での振り込みにより返済が可能です。アコムの指定した銀行口座に送金して返済をします。営業時間は利用する銀行によって異なるので、前もって確認しておきましょう。振り込みの際には振込手数料がかかります。

・自動引き落とし

アコムでは口座振替による返済もできます。毎月6日に指定口座から引き落とされるので、自動的に返済をしたい人には便利です。なお6日が土日祝日の場合は翌営業日に引き落とされます。

手数料がかからない返済方法<

手数料がかからない返済方法は以下の4種類です。

・インターネット
・自動引き落とし
・アコムのATM
・有人店舗

提携ATMを使用する場合、1万円以下の返済で110円、1万円を超える返済で220円の手数料がかかります。手数料をかけずに返済したい人は、これらの方法を利用しましょう。

来店不要の返済方法

来店不要の返済方法は以下の3種類です。

・インターネット
・自動引き落とし
・振り込み

仕事や家事などで来店する時間を作るのが難しい人は、これらの方法を利用すると便利です。特に自動引き落としによる返済の場合、返済手続きをする必要が無いので予定どおりの返済ができるでしょう。

Webでの手続きが可能な返済方法

Webでの手続きが可能な返済方法は以下の3つです。

・インターネット
・自動引き落とし
・振り込み

これらの方法についてはWebで手続きが完了するので、職場や自宅での返済が可能です。

土日でも受付可能な返済方法

土日でも受付可能な返済方法は以下の3つです。

・インターネット
・アコムのATM
・提携ATM

これらの方法ならば休日の返済が可能です。平日は仕事で忙しい人も安心して利用できるでしょう。

店頭窓口での返済の場合は相談が可能

アコムの店頭窓口は24時間返済に対応していませんが、返済についての相談が可能です。返済金額、返済期日、返済方法について疑問や悩みがある場合、店頭窓口ならいつでも相談できます。

アコムのカードローンでお得に返済する方法

カードローンを利用するときには、なるべくお得に返済したいと思う人もいるのではないでしょうか。

アコムのカードローンでお得に返済する方法として、手数料のかからない返済方法があります。このほかにも以下の4つの方法を利用すると、お得に返済できるので覚えておきましょう。

短期間で返済する

1つ目の方法は短期間で返済することです。カードローンの返済では借入額の返済に加えて金利を支払わなければなりません。金利は年率で設定されており、借入期間が長くなると利息が高くなるので注意しましょう。そのためアコムのカードローンを利用する際にはなるべく短期間で返済するようにしましょう。

アコムでは通常の返済に加えて一括返済や繰り上げ返済などのサービスもあります。一括返済とは支払期日前にまとめて返済することで、繰り上げ返済は借入額の一部を支払期日前に返済することです。生活に余裕があるときに一括返済や繰り上げ返済をすれば、元金が早く減るので利息が低く抑えられます。

メールサポートを利用して返済期日を守る

2つ目の方法はメールサポートの利用です。カードローンでは返済を延滞すると延滞損害金を支払わなければなりません。アコムの延滞損害金は以下のとおりです。

・延滞損害金=借入残高×20%÷365×日数

例えば10万円の返済を10日間遅れた場合、540円の延滞損害金がかかります。そのため、返済期日は守るように注意しましょう。

アコムでは「eメールサポート」というサービスがあり、返済期日の3日前と当日にメールで通知がきます。返済期日を過ぎた後もメールで通知がくるので返済の遅れを防げます。自動引き落とし以外の方法で返済する人は、eメールサポートを活用しましょう。

約定返済金の減額を活用する

カードローンには約定返済金を設定しています。約定返済金とは契約で決められた金額を毎月返済することで、約定返済日に支払わなければなりません。そこで毎月の約定返済金を減額することで、毎月の返済額を下げることができるのです。

ただし約定返済金は借入残高に応じて変更が可能となっており、借入額によっては減額が難しい場合があるので注意しましょう。また毎月の返済額が下がると返済期間が延びる可能性があるので、慎重に検討しましょう。

初めての利用については無金利での借り入れが可能

初めての借り入れに限定されますが、アコムのカードローンは金利0円での借り入れが可能です。利用した日数に関係なく無金利で借り入れができるので、お得に返済できるでしょう。

0円の金利は契約日の翌日から30日以内となっており、30日を経過すると年率13.0~18.0%の金利がかかります。アコムのカードローンの利用経験がなく、30日以内の返済を考えている人は利用を検討しましょう。

借入残高の端数があるときの対処方法

アコムのカードローンを利用する場合は、借入残高の端数をチェックしましょう。完済したつもりでも返済方法によっては、端数が残る場合があります。

ここではカードローンで端数があるときの注意点や端数を残さない方法についてまとめました。返済中のトラブルを避けるためにも、前もって確認しておきましょう。

借入残高があると利息が増えるので要注意

カードローンは急な出費が発生したときに、限度額までなら自由に借り入れができるので便利です。

しかし便利であるとはいえ、借り入れなので返済しなければなりません。カードローンを利用すると、借入金額に加えて利息を支払う必要があります。

利息とは借り入れをしたときにある一定の利率で支払われる対価のことで、借入残高があると利息が増えるので注意しましょう。特に一括完済を検討している人は、借入残高の端数が残っていないか注意する必要があります。

借入残高をチェックする方法

アコムのカードローンの借入残高は、アコムのWebサイト、電話、提携ATM、アコムのATM、店頭窓口でチェックできます。

Webサイトでチェックする場合、会員番号の確認があるので、前もって用意しておきましょう。ATMで返済をしている場合は、取引明細書による借入残高のチェックが可能です。借り入れをしている人の中には、利用明細書を確認せずに捨ててしまう人もいますが、明細書を捨てずにおくといつでも残高がチェックできます。

マイナス残高にすれば利息は増えない

借入残高に端数がある場合、マイナス残高にすると利息は増えません。マイナス残高とは借入残高より多い金額を返済することで、例えば借入残高が3万6000円のときは4万円を返済すると4000円のマイナス残高です。

マイナス残高になった場合、希望すれば返金が可能です。アコムのカードローンを解約した場合でも、利用者の元に返金されます。マイナス残高になっても損はしないので、借入残高の端数が気になる人はマイナス残高にしましょう。

無利息残高にして利息を増やさない

アコムのカードローンは、無利息残高の状態になると利息が増えません。無利息残高とは支払期間が設定されていない残高のことで、1~999円の状態になると無利息残高として扱われます。利息が気になる人は無利息残高の状態なのかをチェックしておきましょう。

ATM以外の方法なら1円単位での返済も可能

アコムのATMや提携ATMは1000円単位の返済となっており、端数の返済を受け付けていません。そのため端数を返済したい場合はインターネット、振り込み、店頭窓口で返済をしましょう。ただし、振り込みの場合、振込手数料がかかるので注意が必要です。

まとめ

アコムのカードローンは6つの返済方法があります。返済方法の中には手数料がかからないものや24時間の返済が可能なものもあるので、ライフスタイルに合わせて返済方法を選ぶとよいでしょう。

お得に返済するには、短期間で返済する、メールサポートを利用するなどの方法があります。アコムのカードローンの利用が初めての人は、金利0円での利用も可能です。