福岡県を中心に九州全域に170店を展開する福岡銀行はカードローン事業も行っています。しかも、カードローンは口座なし来店なしでWeb完結にて申し込みができるサービスです。

福岡銀行カードローンの利用を検討している人の中には、審査の厳しさが気になる人もいるでしょう。この記事では、福岡銀行カードローンの審査事情について詳しく解説していきます。

福岡銀行カードローンの審査は厳しいのか

福岡,ローン,審査
(画像=PIXTA)

福岡銀行カードローンの審査が厳しいかどうかについて、ネット上の口コミにはさまざまな意見があります。基準は明らかにされていませんが、消費者金融ではなく地方銀行としては大きい銀行グループなので、審査基準も都市銀行に近いと考えてよいでしょう。

借入金利は年率3.0%〜14.5%なので、消費者金融よりかなり低くなっています。その分貸し倒れリスクを避けるため、消費者金融より審査が厳しいと考えられます。

とはいえ、高給取りでなければ審査を通過できないわけではなく、安定した収入があり過去に金融トラブルがなければ、審査に通る可能性は高いと言えるでしょう。

福岡銀行カードローンは無職でも申し込める?

福岡銀行カードローンでは、申込者が無職の場合、申し込み条件から外れます。以下の条件をすべて満たしていなければ、申し込み自体が受け付けられません。

●申し込み時点で20歳〜69歳で、収入がある人
●保証会社の保証が受けられる人
●居住地あるいは勤務先が九州か山口県、または福岡銀行の普通預金口座を持っている人
※アルバイトやパート、年金収入のみでも利用可能

学生の場合、年齢と収入がポイントです。申し込み条件が20歳以上となっているので、20歳未満の学生は申し込めません。20歳以上であれば、アルバイトなどの収入が認められれば条件は満たせます。ただし短期や単発のアルバイトではダメで、長期でなければ認められません。

福岡銀行カードローンの審査にかかる日数

福岡銀行の普通預金口座とその口座のキャッシュカードを持っていて、Web完結申し込みをした場合は、基本的に7日〜10日程度で契約内容確認の電話があり、翌営業日に指定金額が振り込まれます。

郵送で申し込む場合、書類が到着した翌営業日に振り込まれます。ただし口座を持っておらず、直接入金型で郵送契約する場合は、ローンカードが発行されてからATMで現金を引き出すことになります。なお審査状況によっては3週間程度かかることもあるようです。

福岡銀行カードローンの審査の流れ

福岡銀行カードローンの審査は口座を持っているかいないかで少し変わります。それぞれの場合の流れを紹介しておきましょう。

・福岡銀行の口座を持っている場合

1.公式サイトの福岡銀行カードローンのページの、「福岡銀行口座あり/お申し込みはこちら」ボタンから申込フォームに入り、必要事項を入力して送信

2.必要書類提出の案内が原則ショートメールで届く

3.必要書類のアップロード

4.電話での契約内容の確認

5.融資ならびにカードの発行

・福岡銀行の口座を持っていない場合

公式サイトの福岡銀行カードローンのページにて、「福岡銀行口座なし/お申し込みはこちら」ボタンから申込フォームに入り、必要事項を入力して送信

1.必要書類提出の案内が原則ショートメールで届く

2.必要書類のアップロード

3.電話または郵送による審査結果の通知

4.郵送による契約書への自署サインと捺印

5.電話での契約内容の確認

6.融資ならびにカードの発行

ローンカードは契約完了後から2~3週間程度で到着し、ATMで現金を引き出せます。

・在籍確認について

多くの人が気になるのが、カードローン会社からの在籍確認でしょう。福岡銀行カードローンでは、勤務先か自宅に電話をかけて、申し込みの事実の確認をする場合があるようです。

ただし在籍確認は、必ずあるわけではありません。福岡銀行の他の融資ですでに確認が取れている場合や、勤務先からの給与振込先が福岡銀行口座の場合などは、在籍確認が省略されることが想定されます。

もちろん必ず在籍確認が省略されるわけではないので、在籍確認は基本的に行われると考えておいたほうがよいでしょう。

福岡銀行の審査を通りやすくするコツ

審査をスムーズに通過するためのコツとして、借入希望金額を最低限必要な金額に抑えることや、申し込み事項や提出書類で絶対に虚偽の内容を申告しないということがあります。

カードローンは万一に備えて借入希望額を多めに設定しておこうとする人がいます。しかしながら、借入額が増えるほど返済が滞るリスクが高まります。つまり銀行にとっても貸し倒れリスクが高まることになります。

返済能力を超えそうな希望額は、審査にマイナスの影響を与えるおそれがあります。本当に必要な額を考えて、最低限の希望借入額で申し込むのが賢明です。

審査では、自分をよく見せようとして、虚偽申告をしてしまうケースがあります。銀行は個人信用情報を調べます。信用情報は金融機関が共有できる情報であり、過去の借り入れや返済の履歴なども確認できるので、事実と違う申告は審査に悪影響を与えるのは間違いありません。

福岡銀行カードローンの審査に落ちるパターン

福岡銀行カードローンの審査に、あきらかに落ちるパターンがあります。主に以下のようなパターンです。

1.信用情報の履歴に傷がある
2.保証会社SMBCコンシューマーファイナンス関係の借り入れで延滞履歴がある
3.他社の借入件数および借入総額が多過ぎる
4.同時に他社にも申し込みをしている
5.申告情報に虚偽記載がある

それぞれを補足しておきましょう。

1.信用情報の履歴に傷がある

信用情報機関にネガティブな情報が記録されている場合、審査通過が厳しくなります。

すべての金融機関は必ず利用申込者の信用情報を照会しています。延滞の記録があると、金融機関もお金を貸したくないのは道理です。信用情報に傷があると、いかなる金融機関でも審査通過は難しくなります。

2.保証会社SMBCコンシューマーファイナンス関係の借り入れで延滞履歴がある

SMBCコンシューマーファイナンスは多くの金融機関の保証業務を扱っています。そのため、すでにSMBCコンシューマーファイナンスが保証している借り入れがあるケースは案外多いのです。万一軽微なものでも返済に遅れがあった場合、社内でその情報が共有されてしまいます。

3.他社の借入件数および借入総額が多過ぎる

他社の借入件数や借入総額は重視されるので要注意です。すでに他社で3件を超える借り入れがあると、審査は厳しくなります。

新たに1件加わり、借り入れが4件以上となると「多重債務者状態」になります。申し込む前に現在の借り入れを整理する方法を考えたほうがよいでしょう。返済に苦しんでいる人は法テラスなど国の相談窓口にて、適切な助言を受けることができます。

4.同時に他社にも申し込みをしている

お金に窮するとついついやってしまいがちなのが、複数のカードローンへの同時申し込みです。すべり止め感覚で他社にも申し込んでしまうのでしょう。しかし複数の同時申し込みは、信用情報を照会すれば判明します。

そうなると審査はかなり厳しくなります。他社の審査が通ったら借入枠の総額が大きく膨らむので、より審査は通りにくくなるでしょう。

5.申告情報に虚偽記載がある

例えば年収について見栄を張り、多めに申告してしまうケースもよくあります。390万円を400万円と切り上げて申告するのは問題にならないでしょう。しかし300万円を400万円と申告したら話は変わります。

度を越した年収の上乗せはバレる仕組みになっています。過去の審査資料はすべてデーターベース化されており、勤務先と年齢からおおよその年収を計算できます。違和感のある年収を入力すると、システムがアラートを出すといわれています。この時点で審査担当者によるチェックが入り、怪しければ別途証明書類の提出を求められます。

また案外多いのが他社借り入れの申告漏れです。とりわけ複数社の借り入れがある場合に起こりがちです。うっかりミスでも、隠していたのではないかと疑われかねません。他社の借り入れ状況は、信用情報を照会すればすべて判明します。

福岡銀行カードローンの強みと弱みを知っておこう

福岡銀行カードローンの強みと弱みを、それぞれ挙げておきましょう。

・福岡銀行カードローンを利用する人にとって、強みは以下のとおりです。

1.借入金利が低い

福岡銀行カードローンの借入金利は年3.0%~14.5%で、利用限度額に応じて利率が以下のようにスライドします。


 利用限度額  借入金利
 10~100万円  14.5%
 100万円超200万円  12.0%
 200万円超300万円  10.0%
 300万円超400万円  8.0%
 400万円超500万円  7.0%
 500万円超600万円  6.0%
 600万円超700万円  5.0%
 700万円超800万円  4.0%
 800万円超~1000万円  3.0%

2.福岡銀行の口座があれば申し込みから契約までをWebで完結できる

3.年金受給者でも利用できる

また、ローンカードが到着する前に、福岡銀行の口座があれば振り込みによる融資を受けられるメリットもあります。申し込み条件も幅広く、多くの人が利用しやすいカードローンです。

・福岡銀行カードローンの弱みは以下のとおりです。

1.審査に落ちた際は封書での通知となる

2.福岡銀行の口座がない場合はメリットが少ない

3.審査に通常7日~10日程度、場合によっては3週間ほどかかる

ゆとりある限度額を望むなら福岡銀行カードローン

福岡銀行カードローンは、融資限度額が最大1000万円で、大手の銀行カードローンよりも大きい枠となっています。そのため、余裕をもってさまざまな利用目的に対応できるでしょう。

もちろん初めから最大限度額での申し込みは難しいので、いざというときのためにサービスを継続的に利用してきちんと返済し、実績を積み重ねて限度額を上げていくのが賢明です。

とにかく簡単に申し込みたいならFFGカードローン

FFGカードローンは、Webにて所要時間3分程度で申し込めます。とにかく簡単に申し込みたい人にぴったりです。

手続きの前に「クイックお借入診断」もできます。

返済総額を抑えたいならカードローンTHE FIRST

福岡銀行のカードローンTHE FIRSTなら、借入金利は年3.0%~8.0%なので返済総額を抑えることができます。

利用限度額に応じた利率が適用され、利率は以下のとおりです。

 利用限度額  借入金利
 50万円〜300万円  8.0%
 300万円超〜400万円  7.0%
 400万円超〜500万円  6.0%
 500万円超〜600万円  5.0%
 600万円超〜700万円  4.0%
 700万円超〜1000万円  3.0%

申し込み条件は以下のとおりです。

・年収400万円以上の人

条件としては年収が400万円であることが挙げられます。もしくは以下の条件をクリアしていればOKです。

・福岡銀行の住宅ローンを利用している人

年収が400万円以上なくても、福岡銀行の住宅ローンを利用している場合は申し込みが可能です。

まずは4項目の借入診断で簡単に仮診断してみよう!

福岡銀行の普通預金口座を持っているとメリットの大きい福岡銀行カードローンですが、まずは4項目の「簡単お借入診断」をしてみましょう。「年齢」「年収」「他社借入金額」「他社借入件数」の4項目を入力するだけで、融資可能かどうかの仮診断ができます。

口座を持っていて診断でOKが出れば、他の条件なども確認したうえで福岡銀行カードローンに申し込んでみてはいかがでしょうか。