つみたてNISAは貯蓄代わりに始められる投資初心者向けの制度です。年間の投資上限額40万円以内という制限があり、月割りにして3万円程度でコツコツ投資を行います。つみたてNISAを始める際には、証券会社に口座を開設する必要がありますが、中でも松井証券は投資初心者に対する手厚いサポートで高い評価を得ており、安心して投資を始めることができます。

はじめて投資するならつみたてNISAで

積立NISA,松井証券
(画像=PIXTA)

「投資未経験で不安もあるけれど、投資を始めてみたい!」と考えている人も多いのではないでしょうか。というのも、2019年6月に金融庁が出した報告書によると、公的年金だけでは老後資金として2000万円不足するという話題が注目を集めたからです。

金融広報中央委員会が2019年に行った調査では、50代でも貯蓄額の中央値は約1000万円となっています。引退まで約20年を切った50代でも、必要とされる額の半分しかないということは、貯蓄で2000万円を貯めるのはとてもハードルが高いと考えられます。

そこで、貯蓄に代わる投資の入り口としておすすめしたいのがつみたてNISAです。つみたてNISAとは、金融庁が指定する投資信託に一定額を定期的に投資したときの売買益に対する税金(20.315%)が非課税となる制度です。

次から、その詳細について紹介していきます。

まずはNISAとつみたてNISAの違いをチェックする

NISAには一般NISAとつみたてNISAの2種類があり、両方とも投資の利益にかかる税金が非課税になります。年単位での変更はできるものの、どちらか片方を選択する必要があるので、まずはそれぞれの特徴を把握しておきましょう。

・NISA

毎年120万円の非課税投資枠が設けられたNISA口座は、現時点で2023年まで開設できます。年間120万円の範囲で国内株式、海外株式、投資信託を自由に売買でき、5年以内に売却することで売買益にかかる税金が非課税となります。6年目以降もNISAで保有したい場合、手続きを行うことで延長も可能です。

・つみたてNISA

つみたてNISAは、毎年40万円を上限とした少額でコツコツと積立投資をするための非課税制度です。金融庁が指定する181本の投資信託とETFから投資先を選ぶことができ(2020年4月17日時点)、購入してから最長で20年後の売却時に得た利益までが非課税となります。現在は2037年までの制度とされており、2037年に購入した投資信託を20年後の2056年まで保有できます。

つみたてNISAを始めるための証券会社選び

つみたてNISAを始めるにあたり、証券会社選びは大切です。その理由は、つみたてNISAの口座は一度開設すると、年単位でしか変更できないというルールがあるからです。

仮に証券会社を変更しようとすると、現在NISA口座を持っている金融機関から「勘定廃止通知書」か「非課税口座廃止通知書」の取得が必要となり手間がかかります。さらに、一度でもNISA枠を使用した年は10月以降にならないと変更手続きができません。ほかの金融機関で買い付けた商品の移管ができないなど、細かいルールがいろいろとあるため注意が必要です。

だからこそ、NISA口座を開く場合は事前にしっかりと情報収集をして、自分の条件に合う金融機関を選びましょう。数ある証券会社の中でも今回は、松井証券のつみたてNISA口座の特徴を紹介します。

>>松井証券の詳細はこちら

初心者にうれしい分かりやすさが魅力の松井証券

松井証券のつみたてNISA口座は、投資初心者にうれしいサポート体制が充実していることが特徴です。

・つみたてNISAは100円からで気軽

つみたてNISAの年間積立可能額40万円の場合、月にすると3万3333円です。いきなりそんな金額を投資するのはちょっと不安という場合でも、最低積立金額100円から始められます。

・積み立てタイミングは月1回のみ

松井証券のつみたてNISAで積立ができる頻度は、毎月1回だけとシンプルです。しかし、積立月の日付は自由に設定できるという特徴があります。給料日やボーナス支給日に合わせるなど、自分の積み立てしやすいタイミングに設定することができて便利です。

・充実したサポート体制

松井証券顧客サポートは、HDI-Japan(ヘルプデスク協会)が主催する問い合わせ窓口格付けの証券業界部門で、最高評価である「三つ星」を9年連続で獲得しています。お客様サイト内からの問い合わせを24時間受け付けているほか、オペレーターが顧客のパソコン画面を遠隔で見ながら操作方法などを説明する「リモートサービス」など、さまざまなサービスが充実していることで知られています。

ロボアドバイザーが投資を提案

独自のサポートサービス「投信工房」では、ロボアドバイザーが回答から導き出した最適なポートフォリオを無料で提案してくれます。使い方は、投資信託をはじめて利用するときに、年齢や投資目的などの8つの質問に答えるだけです。

投資信託を選択する際には、信託報酬などのコストが低いことが重要。ロボアドバイザーはその点を考慮し、低コストの商品を選んでくれます。

ロボアドバイザーに提案されたポートフォリオは、簡単な操作でまとめて購入できます。そのまま投資もできるうえに、好みで変更することも可能です。また、運用を始めた後も、金融市場や経済情勢に合わせてポートフォリオの変更を提案してくれます。元の比率に戻す際にも一括で行える機能を搭載しているなど、まったく投資をしたことがなくても適切な資産運用のサポート役となってくれるでしょう。

>>松井証券の詳細はこちら

150以上の投資信託から選んで購入できる

松井証券のつみたてNISAでは、金融庁が指定するインデックス投資信託156本とアクティブ投資信託18本、ETF7本の計181本のうち152本を購入できます(2020年8月30日時点)。とはいえ、年間40万円までしかないつみたてNISAの枠で152本の投資商品すべてに投資することはできません。

年間40万円を月に換算すると3万3333円となり、最少額の100円なら物理的にはすべての商品に投資することも可能ですが管理も大変です。そこでそれぞれに特徴のある152本の投資商品の内容を理解して、自分に合ったものを選んで投資をします。しかし、どんなものが自分に合っているのか、投資初心者が自分で考えるのは難しいものです。

投資するべき投資信託の選び方

つみたてNISAで購入できる投資信託のほとんどは、日経平均やNYダウなどの指数に連動することを目指したインデックス投資信託です。インデックス投資信託は、同じ指数に連動する投資信託がいくつもあるため、その中からどの商品を選ぶべきか、判断が難しいでしょう。

そこで、まずチェックしたいポイントが、投資信託の運用にかかるさまざまな費用が反映された信託手数料です。手数料は運用会社によって設定が異なり、積み立て期間に継続してかかるものなので少しでも安いものを選ぶ必要があります。また、運用実績の長さや純資産の総額が安定的に増えているかどうかで信頼性を確認することも大切です。

「つみたてNISA」で買いたい松井証券の投資信託

まず考えたいのが、つみたてNISAという制度を利用する目的です。試しに投資にチャレンジしたいという場合や、将来の資金を確保するためにできるだけ安全に少しでも多くの資産を増やしたいなど、人によって目的はさまざまでしょう。少なからずリスクのある投資商品を選ぶことになるため、何よりも意識することはバランスです。

日本円で給料を得て貯蓄をしている場合、世界への投資に目を向けてみましょう。全世界を投資対象にした投資信託には、例えばMSCIオール・カントリー・ワールド・インデックス(ACWI)に連動することを目指す「eMAXIS Slim全世界株式(オール・カントリー)」(三菱UFJ国際投信)などがあります。

また、すでに日本株や投資信託への投資を行っている場合は、日本を除いた先進国と新興国の中小型株で構成される株式の指数MSCI オール・カントリー・ワールド・インデックス(除く日本、円ベース)に連動する「野村つみたて外国株投信」(野村アセットマネジメント)や「eMAXIS Slim全世界株式(除く日本)」(三菱UFJ国際投信)などの投資信託もおすすめです。

>>松井証券の詳細はこちら

投資初挑戦でも投資信託アプリがサポート

はじめての投資で右も左も分からないなか、いきなり150数本から最適な投資商品を選ぶのは至難の業です。そこで、松井証券で利用できる投資提案から購入、運用のメンテナンスまでのつみたてNISAをするために必要な全機能を備えたスマートフォン向けアプリを紹介します。

・投資信託一覧からスムーズに取引

画面右下にあるメニューを押すと、機能を一覧できます。操作に困った場合には、メニュー上部にある「ヘルプ」や「ご利用ガイド」で、すぐに調べましょう。

・資産状況が一目で分かる

ログインしてすぐに、現在の資産状況が円グラフや折れ線グラフで表示されるので、一目で確認できます。

・必要な情報をプッシュ通知

基準価額のお知らせや約定通知などの情報をプッシュ通知で受信できます。アプリを起動しなくても、チェックしておくべき情報を端末上でさっと確認できて便利です。

松井証券でNISA口座を開設する方法

松井証券でつみたてNISA口座を開設するには、入り口となる総合取引口座の開設が必要です。つみたてNISA口座だけでなく、日本株や外国株、投資信託、ゴールドなどの商品を扱う口座はそれぞれに開設する必要があります。証券会社によって異なりますが、松井証券では総合口座とつみたてNISAの口座を同時に開設することができます。

松井証券に口座をすでに開設しているならば、つみたてNISA口座のみを開設して簡単に始められます。この機会に、ぜひ口座開設を検討してみてはいかがでしょうか?

>>松井証券の詳細はこちら