一般的にFX取扱会社にはFX専業、証券系、商品先物系、銀行系があり、直接これらの会社に口座を開設してトレードするのが店頭FX。これとは別に東京金融取引所(TFX)が扱う「くりっく365」という取引所FXがある。「くりっく365」のメリットとは?

投資
(画像=PIXTA)
NET MONEY
(画像=NET MONEY)

取引所FXで公平なスワップポイント

FXの仕組みも理解し、トレードのテクニックも磨けてきたならば、少しでもいい条件で取引したいと考えるはず。そこでおすすめしたいのが「くりっく365」だ。「くりっく365」は一般的なFX会社による店頭FXとは異なり、東京金融取引所が直接運営している取引所FXとなるため、「くりっく365」を取り扱うFX会社では、店頭FXとは違うメリットを享受できる。

まず注目できる「くりっく365」のメリットは、世界有数の複数の金融機関が提供したレートの中から、その時点で投資家(トレーダー)にとって最も有利なレートで取引できることにある。店頭FXの場合、FX会社が独自に提示したレートでしかトレードできないが、「くりっく365」では客観的で有利な価格が自動で提供される。不自然な指定レートと約定レートのカイ離も少ない。

また、同一通貨ペアなら売りと買いが一本値で設定されているため、スワップポイントの支払額と受取額の差がないのも、「くりっく365」の魅力の一つだ。

まれなケースだが、FX会社が破綻した場合、「くりっく365」、店頭FXともに顧客の資産は保全される仕組みがある。大きな違いは、破綻時の売買ポジションだ。店頭FXの場合、投資家のポジションは強制執行される。一方、「くりっく365」では、破綻したFX会社の投資家のポジションは、くりっく365の参加者である他の会社の合意により、引き継がれるシステムが構築されている。ともに投資家の資産は保全されるが、FX会社破綻時におけるポジションの取り扱いに違いがあるわけだ。

NET MONEY
(画像=NET MONEY)

透明性の高い取引で安全なトレードを実現

「くりっく365」を取り扱えるのは、資本金や純資産などの面において通常の金融商品取引業者の基準よりもずっと厳格な、東京金融取引所が定める資格条件を満たしたFX会社だけだ。取り扱いに参加する会社は東京金融取引所によって継続的にモニタリングされており、違反した会社に対しては処分する権限もあるため、認可のあるFX会社は信頼性も高いといえる。

NET MONEY

また、上画像にまとめたように、取り扱いに参加する会社は「取引参加者」と「取次・媒介・金融取引仲介業者」に分けられる。それぞれ取引を預かるスタンスや間に入る会社が異なるので、口座を開く際は会社のホームページなどでチェックしておくといいだろう。

最後に、「くりっく365」で取り扱うことができるのは25通貨ペアと、「くりっく365ラージ」で取り扱う5通貨ペアだ。ラージとは、1枚当たりの取引単位が10倍の10万通貨となったもので、刻み値も小幅なので大きな資金を持つトレーダーに向いた取引だ。通貨ペアこそ少ないが、流動性の高い人気のあるペアがそろっているのでトレードするうえで問題はない。もちろん、資金量の多いトレードとなるため、損失額もその分多くなるというリスクを抱えるということは覚えておきたい。

このように、「くりっく365」で取引するメリットは大きい。もしFX会社選びに迷ったら、「くりっく365」の取り扱いがある会社を基準に選ぶ価値は十分にあるだろう。

NET MONEY
(画像=NET MONEY)