千里の道も一歩から。テクニカルマスターへの道も、まず「ローソク足」と「トレンドライン」からだ。一見すると単純なものに見えるローソク足とトレンドラインだが、これらを侮るなかれ。初級編といえども、この2つから実に多くの情報を読み取ることができるのだ。

必ずを押さえておきたいテクカル分析 (初級編)
(画像=ネットマネー)

POINT 1 基礎中の基礎!ローソク足を知ろう

 株価の動きを表すものの中で、最もメジャーなのが「ローソク足」。江戸時代に日本で生まれ、今やグローバルスタンダードになっている、テクニカル分析に必要不可欠なツールです。

 ローソク足は「1日」「1時間」「1分」など、一定の時間軸における株価の動きを1つの図形で表しています。1本のローソク足からわかるのは「始値」「終値」「高値」「安値」の4つの価格。始値は一定時間の初めについた価格、終値は最後の価格、高値、安値は最も高い価格と最も安い価格。始値と終値を囲ったローソクの胴体部分を「実体」、実体から上下に伸びた高値と安値の線は「上ヒゲ」「下ヒゲ」と呼びます。

 また、始値より終値が高かった場合は「白いローソク=陽線」、反対に始値よりも終値が低かった場合は「黒いローソク=陰線」が描かれます。  この4つの価格が1本のローソク足を形成し、実体とヒゲの長さ、陽線か陰線かによって、「強い上昇」「値動きが乏しい」といった価格の勢いなどを読み取ることができるのです。

 たとえば、陽線から長い上ヒゲが伸びていれば、「始値から終値にかけて上昇したが、高値からは押し戻されて終えた」ことになります。この場合は、「その高値近辺では売り圧力が増した」と読み取ることが可能です。  このように、パッと見ただけで状況を把握できるのがローソク足の最大の強み。さらに、複数のローソク足の形状を見ることで、相場のトレンドを推し量ることもできます。

 現在、ローソク足チャートはほとんどの証券会社のトレードツールで提供されていて、誰でも利用することができるようになっています。ローソク足は、テクニカル分析の基本中の基本。まずはここから「テクニカルマスター」への第一歩を踏み出しましょう。

必ずを押さえておきたいテクカル分析 (初級編)
(画像=ネットマネー)

POINT 2 “トレンドライン”で相場の展開を読む

 上昇トレンド中の安値部分を結んだ線を「サポートライン(下値支持線)」と呼び、これ以上は価格が下がりにくいと判断することができます。そのため、サポートライン付近まで価格が下げたら「反発するかもしれない」というように、相場の展開を読むことが可能です。

 一方、下降トレンド中の高値を結んだラインは「レジスタンスライン(上値抵抗線)」と呼ばれ、ここを超えて価格が上がりにくいラインになります。レジスタンスラインまで価格が上がってくると、「これ以上は反発しづらい」と判断することができるわけです。

必ずを押さえておきたいテクカル分析 (初級編)
(画像=ネットマネー)

POINT 3 チャートの“パターン”でトレンド転換を予想

 過去の相場で出現したのと同じようなチャートの形が、再びチャート上に現れるケースがよくあります。実際、そのチャートの形を見て売買の判断をする投資家は世界中に大勢います。

 そうしたチャートの〝パターン〟を頭に入れておけば、投資の精度を格段に上げられることでしょう。たとえば右下の「三角もちあい」も、そうした代表的なパターンの一つ。価格が一定の範囲で上下し、徐々にその値幅が狭まって三角形のようになるケースです。その三角形の頂点付近では相場が煮詰まり、上下のどちらかに振れると、その方向にトレンドが生まれやすい状態です。

 このほかにも、「ダブルトップ」や「ダブルボトム」、「トリプルトップ」や「トリプルボトム」「ヘッド&ショルダー」(67ページ参照)など、チャートのパターンは数多く存在します。こうしたパターンをいくつも頭に入れておけば、トレードの精度の向上や勝率のアップにつながることは間違いないでしょう。

必ずを押さえておきたいテクカル分析 (初級編)
(画像=ネットマネー)

POINT 4 テクニカル人気ナンバーワン!移動平均線でトレンドを読む

 ローソク足チャートに絡むように描かれる「移動平均線(MA)」は、一定期間の終値の平均値をつなぎ合わせたもの。重要なテクニカル指標の一つで、トレンド分析の代表格です。

 最もよく使われる「単純移動平均線(SMA)」のほかに、直近の価格に比重を置いた「指数平滑移動平均線(EMA)」(53ページ参照)や「加重移動平均線(WMA)」などいくつか種類があり、それぞれ特徴があります。

 一般的によく用いられる移動平均線の期間は、日足チャートでは5日と25日、週足チャートでは13週と26週など。そのほか、200日や52週など、より長期の移動平均線も中長期のトレンドを推し量るのに活用されています。

移動平均線は、その方向を見るだけで相場のトレンドが理解できる便利なツールです。たとえば上向きなら上昇トレンド、下向きなら下降トレンド、横ばいならもみ合いのトレンドと判断できます。また、価格が移動平均線より上方にあれば、「平均的な価格よりも現在の価格の方が上=強い相場」など、移動平均線だけでも多くの情報を得ることが可能です。

 さらに、複数の移動平均線を組み合わせ、トレンド転換などを見極める手法もメジャーな分析手法。時間軸の短い移動平均線が、より時間軸の長い移動平均線を下から上に抜ける「ゴールデンクロス」は、強いトレンドへの転換を表す代表的なサインです。両方の移動平均線が右上がりのときに現れるゴールデンクロスは、より強いトレンド転換のサインになります。反対に、短期線が長期線を上から下に抜ける「デッドクロス」の出現は、弱いトレンドへの転換を表します。

必ずを押さえておきたいテクカル分析 (初級編)
(画像=ネットマネー)
必ずを押さえておきたいテクカル分析 (初級編)
(画像=ネットマネー)
必ずを押さえておきたいテクカル分析 (初級編)
(画像=ネットマネー)