タッチパネルの画面採用で“コンパクト&スマート”!新店舗の親切設計とは?

取材・文●矢井田あひる 撮影●矢木隆一

一般的な銀行の支店のイメージは、店舗内がカウンターで仕切られていて、向こう側に行員が座っていて、こちら側に顧客が番号札を持って待っているというもの。格別な用事がないと入りづらく「近くを通ったので為替相場の様子を聞きに来ました」とは言いにくい。

そんな“来る者にとって壁がある”銀行のイメージを大きく変えたのが、シティバンク銀行の東京・日本橋支店。シティの全世界的なイノベーションへの取り組みによってつくられた新支店で、従来の銀行店舗とはまったく違うつくりになっている。

店舗のカラーはシティバンクブルーと白を基調としたスマートなもの。自由に操作できる独自の情報端末が至るところに置いてある。スタッフ(行員)が座って待ち構えていることはなく、さりげなく立って待機していて必要があれば同じ目線でサポートしてくれる。ここでの主人公は顧客なのだ。

なぜこのような支店を作ったのだろう。シティバンクの小林由美さんは「単に新しいデザインの店舗をつくることが目的でなかった」と言う。 「今までの銀行は用事があるから行く場所でしたが、新支店では通りかかったときに気軽に立ち寄れるオープンな空間を目指しました」

接客サービスと動線をとことんまで追求した配置

雰囲気がアップルストアに似ているのは、そのデザインをした米国のエイトインク(EightInc.)を起用して、その“顧客フレンドリー”なノウハウをふんだんに取り入れているからだ。

店舗を訪れてまず目を引くのが、入り口に設置された巨大なスクリーン「シティ インタラクティブメディアウォール」。株価や為替相場のような市場データ、商品情報、キャンペーン情報などを表示している。このような巨大なスクリーン自体は珍しくないけれど、「シティ   インタラクティブ メディアウォール」は双方向機能を備えているので、気になる情報にタッチすることでより詳しい情報を得ることができる。

店内で迷ったら「シティ プランニングテーブル」を利用しよう。新支店で利用できるいろいろな機能をタッチパネルで案内してくれる。口座開設や取引はタッチパネルとキーボードを備えた「シティワークベンチ」で。全般的な銀行取引をしたり、テレビ電話で専門の担当者に疑問点を聞くこともできる。この他にも情報端末を備えたATM「シティ 360ステーション」や落ち着いた空間で専門家と話をしたいときに利用できる「シティ コンサルティングルーム」などがある。

同じ発想でつくられた支店は現在東京駅前支店と名古屋支店があり、今役増やす予定。

ぜひ新支店を訪れてみよう。銀行の見方が変わるはずだ。

日本橋の新しい銀行で来客数が急増中との情報です。

キャッシュバックなどのお得情報やネット上の最新サービスをいち早く紹介する「MONEY得得ホットライン」。今回は日本橋に新しく誕生した銀行のコンセプトを大紹介。最先端の接客サービスと、テクノロジーがここに詰まっている!

新商品×新サービス×元気企業 得々MONEYホットライン NUMBER23
(画像=ネットマネー)
新商品×新サービス×元気企業 得々MONEYホットライン NUMBER23
(画像=ネットマネー)

投資のお悩みホットライン 1 夢も預金も膨らむ宝くじ付き定期預金【スルガ銀行】

スルガ銀行インターネット支店では、期間限定で「ジャンボ宝くじ付き定期預金」特別キャンペーンを実施中。3月31日までの期間中に「ジャンボ宝くじ付き定期預金」を新規に口座開設して300万円以上の預け入れ、または300万円以上の増額預け入れをすると、抽選で200名「サ マージャンボ宝くじ」を50枚プレゼント。

さらにキャンペーン期間中に満期を迎えるすべての「ジャンボ宝くじ付き定期預金」(合計300万円以上)を継続すると、もれなくサマージャンボ宝くじを10枚をプレゼント。

もちろん「ジャンボ宝くじ付き定期預金」だから、通常のジャンボ宝くじプレゼントはアリ。預入額が300万円の場合は、ドリームジャンボ、サマージャンボ、年末ジャンボの各宝くじが10枚ずつ3年間にわたって届けられる.

新商品×新サービス×元気企業 得々MONEYホットライン NUMBER23
(画像=ネットマネー)

投資のお悩みホットライン 2「くりっく365で」手数料キャッシュバック!【野村證券】

野村證券(野村ジョイ)がFX取引所取引の「くりっく365」口座を対象としたキャンペーン「くりっく365Wキャンペーン」を5月31日まで実施中だ。

まず「スタート応援キャンペーン」。野村ジョイでくりっく365口座を新たに開設すると口座開設月の翌月末までの取引手数料をキャッシュバック。3月中に開設すると4月29日までの取引(上限100枚)、4月開設では5月31日までの取引手数料が実質0円になる。

また、くりっく365口座をすでに持っている投資家向けには「つづけておトクキャンペーン」を実施。通常手数料150円/枚(片道)が50円/枚になる。「野村」ならではの投資情報も豊富なのでふるって取引を。

新商品×新サービス×元気企業 得々MONEYホットライン NUMBER23
(画像=ネットマネー)

投資のお悩みホットライン 3ストレスフリーで取引ができるiPhone向けアプリが登場!【マネックス証券】

マネックス証券がスマートフォン向けモバイルアプリの「マネックストレーダー スマートフォン」のiPhone版をリリースした。高機能なスマートフォン向けアプリだけに、パソコン取引に匹敵する多機能がウリ。マネックス証券に口座があれば無料で使える。

取引に欠かせない株価情報は、リアルタイムで自動更新される。一目均衡表などのテクニカルチャートも豊富にサポートしてくれる充実ぶりだ。また、ランキング機能やニュース機能も搭載している。銘柄リストは「30フォルダー×30銘柄」で900銘柄まで管理することができる。

いくら高機能なアプリでもモッサリ動くのでは使いたくなくなるが、このアプリはサクサク動く。   なおAndroid版は3月末、iPad版は4月末にリリースの予定だ。

新商品×新サービス×元気企業 得々MONEYホットライン NUMBER23
(画像=ネットマネー)