FX取引は、まず口座開設から始まりますが、数あるFX会社から一つを選ぶのは難しいものです。口座開設にお金はかからないので、気になるFX会社があれば、とりあえず口座を作ってみるのもよいかもしれません。

この記事では、人気の高いFX会社の一つであるGMOクリック証券の口座開設の流れや注意点などを紹介します。

GMOクリック証券「FXネオ」の特徴とは

FX,GMO,口座開設
(画像=PIXTA)

GMOクリック証券は、インターネット業界大手のGMOインターネットグループが運営している証券会社で、FX取引サービス「FXネオ」を展開しています。

インターネット大手企業のサービスとして、安心してFX取引ができるGMOクリック証券FXネオの特徴を見ていきましょう。

●手数料の安さ

GMOクリック証券は世界的にもFX取引量の多いFX会社です。2012年から8年連続、世界で最も取引量が多かったのがGMOクリック証券でした。(※)

GMOクリック証券の特徴の一つは、手数料の安さです。取引手数料と口座維持手数料のいずれも無料となっています。

ファイナンス・マグネイト社調べ(2012年1月~2019年12月)


●低スプレッド

多くのFX会社が、手数料を無料としているため、実質的な手数料とも言えるスプレッドを比べてみましょう。

GMOクリック証券が提供しているスプレッドは、外為どっとコムやヒロセ通商などと並んで、業界最安値の水準です。低スプレッドが売りのFX会社は他にもありますが、GMOクリック証券も他社と遜色のない低スプレッドを実現しています。

●スワップポイントの高さ

FX取引では、2国間の金利差から生まれるスワップポイントで利益を上げることもできます。より多くの利益を上げるには、スワップポイントが高いほうがよいでしょう。

GMOクリック証券は、スワップポイントも高い傾向にあります。特に高金利通貨のスワップポイントの高さは、業界内でも上位に入ります。スワップポイントで利益を得ようと考えている人にとってもおすすめの会社だと言えるでしょう。

●高機能な取引ツール

GMOクリック証券はインターネット企業のグループ会社という強みを生かし、取引ツールも高機能なものが揃っています。ツールはすべて自社開発で、技術力の高さがうかがえます。

「はっちゅう君FXプラス」は、発注系が充実したパソコン用アプリです。例えば、スピード注文はワンクリックで注文が可能で、チャートから発注できる機能も便利です。

また、スマートフォン用にも「GMOクリックFXneo」というアプリを提供しています。レートやチャート、ニュース、注文などの画面を、スワイプ操作で切り替えられるうえ、発注系は「はっちゅう君FXプラス」の良いところを取り入れています。スマートフォンの小さな画面でもストレスのない取引が可能です。

GMOクリック証券のFXサービスはユーザーの使いやすさを追求しており、スムーズに取引ができるよう工夫されています。

口座開設までの流れ

続いて、GMOクリック証券FXネオの口座開設手続きについて、詳しく見ていきましょう。

●口座開設の申し込み

GMOクリック証券の口座開設は簡単です。

トップ画面から「はじめての方へ」を選択すると、口座開設ボタンが現れます。そのボタンを押すと、株式や投資信託なども扱える証券取引口座と、FX専用取引口座を申し込むためのボタンが表示されます。

株式や投資信託、先物・オプション取引などにも興味のある人は、証券取引口座を選ぶとよいでしょう。最短4営業日で取引を開始できます。

FXだけでよいという人は、FX専用取引口座を選びましょう。こちらは最短2営業日で取引を始めることができます。FX専用取引口座の申し込み画面で、個人情報のほか、年収や金融資産、投資可能金額、取引経験など投資にかかわる情報を入力します。

その後、規定規約類にすべて同意・承諾すれば入力は完了です。

●必要書類の確認

FX口座を申し込む場合、本人確認書類とマイナンバーが必要です。本人確認書類は運転免許証が一般的ですが、パスポートや年金手帳、健康保険証、住民票などが利用できます。

マイナンバーをまだ取得していない人は、通知カードで申請することになります。

●審査基準や審査内容

GMOクリック証券の口座開設のためには、次の審査基準を満たしている必要があります。

1つ目は100万円以上の金融資産を持っていること、2つ目は年齢が20歳以上80歳以下であることです。また、金融商品業者の役職員や金融先物取引業務に従事する役職員は、口座を開設できません。

審査内容は非公開のため詳細は分かりませんが、口座を開設できない理由として最も多いのは手持ちの金融資産が少ないことです。GMOクリック証券の場合、最低でも100万円以上の金融資産が必要になります。

口座開設のときの注意点

FX口座を開設するときは、次の点に注意して申し込みましょう。

まずは、金融資産です。FX会社は金融資産を重視しているので、手元の資金が多いほうが、審査に通りやすいでしょう。また、年齢制限にも注意しましょう。満20歳以上であれば、学生でもFX口座を開設できます。

当然ですが、虚偽の申請はしないようにしましょう。虚偽が発覚した場合には、強制解約となってしまいます。

●スピーディーに口座開設するには

GMOクリック証券の口座を開設するには、最短で2営業日(または4営業日)かかります。少しでも早く口座開設をするために、本人確認書類やマイナンバーなどの必要書類をきちんと提出することを心がけましょう。

必要書類を誤って提出した場合、FX会社から再提出の依頼があります。再提出することで開設までに時間がかかってしまうので、必要書類は1回で提出することが大切です。

●郵送物の受け取りに注意

口座開設が完了すると、FX会社からIDやパスワードが書かれた書類が郵送されます。本人確認もかねて簡易書留で送られるので、郵送物を必ず受け取れるようにしておきましょう。

●「eKYC」とは

近年はオンラインで本人確認を行う「eKYC」を利用しているFX会社も増えています。

eKYCとは、「electronic Know Your Customer」の頭文字で、オンラインで本人確認をする仕組みのことです。

eKYCを利用すれば必要書類を郵送する必要がなく、手続きが簡単です。FX会社によっては最短で即日に口座開設ができるところもあるようです。今後はオンラインで本人確認を完結できるeKYCが、より身近になるでしょう。

GMOクリック証券がおすすめな人は?

GMOクリック証券はFXの取引量が多く、大手インターネット企業のグループ会社という安心感もあります。初めてFX口座を作る人や、メイン口座を作りたい人におすすめです。

スプレッドも業界最安値の水準で、スワップも業界トップクラスの高さとなっています。自社開発のツール・アプリは使いやすく、評価も高いので、メイン口座にも向いているでしょう。また、FXだけでなく、株式や投資信託、先物取引など多くの金融商品を取り扱っているので、FXだけでなくこれから投資を始めようと考えている人にもおすすめです。

FXでおすすめの投資方法は?

FXをこれから始める人にとって、おすすめの投資方法はあるのでしょうか。FXの取引スタイルは人それぞれですが、誰にでもおすすめできる基本的な投資方法が長期運用です。

●レバレッジを抑えて長期運用

FXの失敗の多くは、売買のタイミングを逃していることが要因です。FX取引で大切なことは、長期の上昇トレンド・下降トレンドを見ることです。

短期的な通貨の値動きに振り回されていると、特に初心者は売買のタイミングを外して、損を続けてしまいがちです。長期のトレンドを見て運用を行ったほうが、結果的にプラスになることが多いでしょう。

長期運用の場合は、レバレッジを抑えることも大切です。高いレバレッジで取引をしていると、急激な通貨の動きによってロスカットされる可能性があります。

初心者のうちは、まずは長期運用で着実に利益を上げることを心がけましょう。

まとめ

GMOクリック証券は、業界最大手のFX会社です。スプレッドやスワップも他社に引けを取らない水準で、独自開発の取引ツールの使いやすさが評判です。大手という安心感もあり、特にFX初心者におすすめです。GMOクリック証券のFXネオは、メイン口座として十分に活用できるFX口座です。

これからFXを始めようと考えている人は、この記事を参考にして、GMOクリック証券の口座を開設してはいかがでしょうか。

実際にFXを始める

■FX口座数国内第1位
>>DMM FXの口座開設はこちら

■業界最狭水準のスプレッドが魅力
>>LIGHT FXの口座開設はこちら

■FX取引高8年連続世界第1位(※)
>>GMOクリック証券の口座開設はこちら

■信頼性の高いインフラ体制が魅力
>>ワイジェイFX(YJFX!)の口座開設はこちら

■業界最高水準のスワップがうれしい
>>みんなのFXの口座開設はこちら

■1通貨から取引可能
>>SBI FXの口座開設はこちら

■高い約定率で快適な取引を実現
>>FXプライムの口座開設はこちら

■自動売買「トラッキングトレード」が人気
>>FXブロードネットの口座開設はこちら

■高機能なツールで取引をサポート!
>>ヒロセ通商の口座開設はこちら

■自動売買取引で始めやすい
>>インヴァスト証券の口座開設はこちら

■お申込み当日から取引可能
>>LINE FXの口座開設はこちら

※ファイナンス・マグネイト社調べ(2012年1月~2019年12月)