ハイスクール
(画像=PIXTA)

【ファンダ編】投信――特別分配金と高分配ファンドの関係

投信には「普通分配金」と「特別分配金」の2種類がある。「特別配金」は投信の利益からではなく元本が決算日の基準価額を下回っているときに元本から出すものだが、そこには投資家間の不公平さを解消する狙いもある。

特別分配金かどうかは受け取った後の運用報告書でわかる

投資信託には、最低でも年1回の決算が義務づけられています。この決算期末にそれぞれのファンドの分配方針に基づいて、支払われるのが分配金です。今回は、投信の分配金について解説するとともに、足元で増えているとみられる「特別分配金」について詳しくみていきます。

企業決算と同様、発生した 収益の一部を投資家に配当金、または分配金として還元するのは自然な流れといえます。投信の世界では、この収益から支払われる分配金を「普通分配金」と呼びます。

一方、運用期間中に収益が発生していなくても、分配を行なうことが認められています。これが「特別分配金」、 または「元本払戻金」と呼ばれるものです。こちらは元本から支払われます。

収益の還元である普通分配 金は課税されますが(NISA〈少額投資非課税制度〉口座を除く)、特別分配金は元本の払戻しとみなされ、非課税扱いになります。このように、一般的な追加型株式投信は基準価額が元本を割り込んでいても、また利益が出ていなくても、分配を行なうことが認められているのです。

では、なぜ元本から払い戻してまで分配を行なう必要があるのでしょうか。そのカラクリを解くヒントは、投信が担保する「投資家間の公平性」に隠されています

NET MONEY
(画像=NET MONEY)

投信は、原則として「いつでも」「誰でも」購入可能な金融商品です。10年前から保有している投資家でも、決算日のわずか数日前に購入した投資家でも、受け取れる分配金の額は一律です。このように、金額も投資開始時期も異なる複数の投資家の資金をまとめて運用するとなると、収益の分配についてはどうしても不公平が生じてしまいます。特別分配金は、こうした投資家間に生じる不公平を解消するために設けられているのです。

決算日の直前に購入した投資家は、短期間でよほど大きな基準価額の上昇がない限り、受け取った分配金の幾分かが特別分配金、つまり元本の払い戻しとなっている可能性が高いといえます。

また、足元のように、株式・為替市場が不安定な動きを繰り返し、分配原資を蓄えられていないケースも、特別分配金として分配されている可能性が高いでしょう。自分が受け取った分配金が普通分配金であったか特別分配金であったかは、決算後に販売会社から発行される運用報告書で確認することができます。

ここ数年は、高水準の分配金を支払う毎月分配型ファンドが人気を集めてきたこともあり、毎月の分配金を受け取ることで別のファンドの損失を取り戻そうと考える方も多いようです。しかし、投信の分配金は支払いが確約されているものではありません。

さらに、高分配ファンドの中には、元本を取り崩して分配金を捻出しているケースもあるほか、前述の通り、ファンドを購入したタイミングによっては全額が特別分配金として支払われていることも考えられます。分配金の絶対額だけでなく、普通分配金と特別分配金の違いをよく理解したうえで投資するようにしましょう。

今月の海外投信ノ「値」64億ドル
ビットコインの現在の時価総額
ロイターによると、仮想通貨のビットコインは現在、小規模なヘッジファンドや、その他のビットコインに投資するファンドを通じて個人投資家の支持を集めているとのことです。現在はリターンの高さや他の資産クラスとの相関関係の低さなどが注目されています。

【マンガで押忍! 投信編】
「特別」だからといっておトクではない分配金の巻

投信における「特別分配金」は、元本を崩して払い出され、運用報告書で確認することができる。ところが「特別」の言葉を良いほうに勘違いして、何も知らない火原東とう晋しん。浮かれすぎてしまっていて、何も言えない先生であった。

NET MONEY
(画像=NET MONEY)

今月のファンダ先生

篠田尚子
楽天証券経済研究所 ファンドアナリスト。慶應義塾大学法学部卒業。国内銀行、リッパー・ジャパンを経て、2013年11月より現職。情報収集力と分析力は天下一品!

【ニューフェース編】投信――最先端の技術領域で活躍が期待できる日本企業に投資

投資領域は「産業用ロボット」「自動運転」や「AI・IoT」など

「ロボ・ジャパン」は、ロボット関連産業で活躍が期待できる日本企業を投資対象とするファンドです。

ここでいうロボット関連産業とは、「産業用ロボット」だけではなく、「自動運転」、「AI(人口知能)・IoT(モノのインターネット化)」等の技術を持った企業、また、これらを活用してビジネスやサービスの成長が期待できるインフラ・サービス等に関わる企業も含まれます。

もともと産業用ロボットの分野では、わが国は世界的に高い競争力を持っています。モノづくりの生産性を高めるロボットは、新興国を中心にこれからも高い成長が期待できます。

今後は、AIやIoT等の新技術により、あらゆる領域で生産性が飛躍的に高まりそうです。人間と同じような知的労働をソフトウエアやシステムが担うAIは、産業用ロボットや自動運転等には欠かせません。また、IoT技術は、自動車や住宅、家電製品などあらゆるもののネットワークを形成し、人が介在することなく、さまざまなことができるようになるでしょう。

「ロボ・ジャパン」のメリットは、これら成長が期待できる最先端技術に関わる企業の株式を組み入れていることです。成長力のある企業の株価は、景気低迷期には下げ止まり、回復期には大きく上昇する傾向があります

なお、注意点としては、先端技術の領域だけに、投資先企業が確実に世界のトップクラスになり、ビジネスとして成功して高い収益を上げ続けることができるかがわからない点です。

そのため、良いリターンを狙える一方で、下落リスクが比較的高くなる可能性があります。投資資金はやや控えめにしておいたほうがよいでしょう。

https://prd-cdn-netmoney.storage.googleapis.com/images/ceQqSrMxmwyNWeLdPDZqIgAMqRTQmQeR/57d0692e-5d72-4c3c-93d1-e889ac1cef14.jpg "style="width: 35rem;" alt="NET MONEY">
(画像=NET MONEY)
中村宏
ワーク・ワークス。ファイナンシャル・プランナー。個人相談、セミナーの講師を通して、暮らしのお金の賢い使い方や増やし方をアドバイス。

【復活の老舗!編】投信――格付けの高い債券を中心に運用

分配は半期に1度。購入手数料の安さも魅力のひとつ

日銀のマイナス金利導入の影響もあり、安全性を優先した投資商品が限られています。そんな中において、同ファンドは先進国の格付けの高い債券を中心に組み入れたファンドで、原則、格付けはシングルA以上と信用力の高さが際立ちます。

また、毎月分配型のファンドが多い中にあり、同ファンドは半期に1回の分配スタイルをとっているのも特徴のひとつです。

Cコースは為替ヘッジがあるため、リスクオフで円高が進む局面でも大きな下落を回避できます。不安定な相場環境の下、株式や新興国といったテーマでの投資に抵抗を感じている方も多いはず。特にシニア層の方などには、当面の様子見の資産運用先として同ファンドを活用するのもひとつだと思います。

また、販売手数料の上限が税込み1.08%と低い点も長期投資の視点から考えて魅力です。

NET MONEY
(画像=NET MONEY)
内山貴博
内山FP総合事務所代表。ファイナンシャル・プランナー。CFP、1級FP技能士の資格を持つ。九州共立大学経済学部非常勤講師を務める。

【月替わり番付編】投信――投信最新番付!今月のランキング

原油が底値反転の兆し。日本市場では中小型株が活況に

2016年3月の世界の株式市場は、米国の利上げペースの減速が示唆されたことで投資家の間に安心感が広がり、日米欧、さらには新興国も上昇しました。

NET MONEY
(画像=NET MONEY)

為替市場では投資家のリスク回避的な姿勢が後退し、資源国通貨の反発が目立った一方、米ドルは全面安の展開となりました。

こうした中、ランキングの「ベスト」は、引き続き国内の中小型株に投資するタイプが上位を独占しました。国内株式市場では、外国人投資家の売り越しが継続して大型株の上値が抑えられた一方、個人による個別テーマ株の物色から中小型株は活況に。

「ワースト」の上位に名を連ねたのは、2月に引き続きMLP(エネルギー関連インフラへの投資促進を目的とした投資事業形態)関連のファンドでした。米国のMLPを投資対象とするファンドは、原油相場の反発により基準価額が下げ止まりましたが、これまでの下落幅が大きかった分、1年間で見るとまだ下位に沈んでいます。

原油価格は、主要産油国であるサウジアラビア、ロシア、カタール、ベネズエラの4カ国が今年2月に原油増産の凍結で合意して以降、2004年以来の安値から上昇に転じました。

NET MONEY
(画像=NET MONEY)
チャートも見たい1本
NET MONEY
(画像=NET MONEY)
「ベスト」で7位につけた「ジャパニーズ・ドリーム・オープン」は、高い成長ポテンシャルを有する中小型株に加え、ジャスダックやマザーズの新興成長株にも投資を行なうファンドです。ファンドマネジャーが自ら企業訪問し、経営者から直接情報を入手するなどして銘柄選定を行なう点がポイントで、ジャスダック指数を大きく上回る成績です。

【住宅ローン編】商品対決――低金利だからこそ保障・サービス付き

低金利追求vs.保障・サービス付き

これ以上は引き下げ余地がなさそうな史上最低水準の住宅ローン金利。これからローンを組む人も借り換えをもくろむ人も、ローン返済の〝長い旅〞に備えて、金利負担が少ない今こそ考えておくべきことがある。マイナス金利下の住宅ローン編・第2弾。

マイナス金利導入で金利以外の差別化の強化が進行中

マイナス金利の導入で、いっそう低金利となった住宅ローン。金融機関もこれ以上の 引き下げは難しいため、金利以外での差別化を進めています。なかでも「疾病保障」の付いた住宅ローンが人気です。

生活支援サービスを提供したり、金利や年収要件、特典などで、働く女性を優遇する女性向け住宅ローンも増えています(下の表参照)。今回は、住宅ローンを保障やサービスの面から考えてみます。

NET MONEY
(画像=NET MONEY)

住宅ローンを利用する際に民間金融機関の多くが「団体信用生命保険」(以下、団信)への加入を条件としています。団信は、返済期間中の死亡や高度障害状態になった場合にその時点で残っているローンが保険金によって完済されるというものです。

ただ、病気などになった場合は団信の対象とはなりません。病気で長期間働けなくなり収入が減ってしまうと、ローンの返済に苦しむことになります。

こうした不安解消のため、病気など一定の要件に当てはまると残りのローンが保険金で完済される保障特約の付いた住宅ローンを選ぶ人が増えているのです。

「3大疾病保障特約付き」といわれる住宅ローンは、死亡・高度障害状態のほか、3大疾病(ガン、急性心筋梗塞、脳卒中)が原因で一定の要件に該当した場合、残りのローンが保険金で完済されます。3大疾病に「高血圧症」「糖尿病」「慢性腎不全」「肝硬変」「慢性膵炎(すいえん)」を加えた「8大疾病保障特約付き」も登場しています。

これらの疾病で就業不能状態が1カ月を超えて継続したら、返済額相当額を最長12カ月保障、13カ月を超えると残りのローンは保険金で完済されるというのが一般的です。

このほか、日常のケガや病 気による就業不能状態が1カ月超継続した場合は、月々の返済額相当額が最長12カ月保障され、13カ月超継続した場合には、保険金によって完済される保障を上乗せできるタイプもあります。

保険料は、3大疾病や8大疾病の保障特約で住宅ローン金利に年0.3%上乗せ、ケガや病気の保障特約で年0.1%上乗せが一般的です。

中途解約できないと上乗せ金利を払い続けることになる

また、ガン保障付きのローンは一般的に、ガン(上皮内ガンは除く)と診断されたら進行の程度にかかわらず、ローン残高相当額が診断給付金として支払われる保障が付いたものです。保険料は年0.2%程度の上乗せですが、金融機関によっては〝銀行負担〞のところもあります。

「同じ疾病保障でも金融機関によって保障の範囲や条件が異なります。いざというときに保険金が下りないというのでは困ります。どんなときに給付されるかだけでなく、どんなときには出ないのかを知ることも大事です」と話すのはFPの金子千春さんです。

保険料についても、上乗せタイプの場合、当然、返済コストが増加します。また、年齢によって保障の内容が変わるケースや女性が借り入れる場合には特約保険料が優遇される商品も増えてきました。

「借入期間の途中でこうした保障が必要なくなった場合でも、特約部分のみを解約できないこともあります。中途解約できないと完済まで上乗せ金利を払い続けることになるので、その確認も必須です。特に3大疾病保障付きは、中途解約できない商品が多いので要注意! 保障のダブリなど既存の加入保険の見直しも忘れずに」(金子さん) 全期間固定金利の「フラット35 」でも1%台という金利負担の少ないときだからこそ、低金利ばかり追い求めず、保障やサービスの検討も必要ではないでしょうか。

というわけで、今回は保障・サービス付き住宅ローンに軍配!

【マンガで押忍! 商品対決編】
どちらもチャンスの二択でケンカの巻

大きな額を長い間返していく住宅ローンで怖いのは病気と失業。収入が減ったら、元気で働いているうちはさほど気にならなかった返済が一気に超のつく重荷に。団信だけでなく、そうした状況をしのげる手当ても考えておきたいものです。

NET MONEY
(画像=NET MONEY)

今月のジャッジ先生

金子千春
ファイナンシャル・プランナー。日本長期信用銀行(現・新生銀行)を経て、2003年に独立。保険の見直しや住宅ローン、資産運用の相談、セミナー講師として活躍中。