第2のグリーを探せ!FTSE新規採用銘柄、エムスリーが王者に?

欧州系機関投資家の“御用達”といわれるグローバル株価指数、FTSEの銘柄入れ替えが9月上旬に発表された。ギリシャを発端とするユーロ圏の債務危機により「欧州機関投資家はそれどころではない」との声が聞こえてきそうだが、そこはヤラれたら取り返すのがプロの機関投資家。遅ればせながら、新規採用銘柄に買いの手が伸びてくる期待は大きい。FTSEという名称は、英国フィナンシャル・タイムズ(Financial Times)とロンドン証券取引所(london Stock Exchange group)が共同出資で運営していることから。日本のマーケットでは、日経平均やMSCIに比べると話題性に欠けるが、円換算で約1兆5000億円強のパッシブ運用(NYダウや日経平均など特定の株価指数と連動した収益を目指す運用)を行なう米国カルパースが利用しており、決して侮れない。カルパースといえばカリフォルニア州退職年金基金、巨大組織だ。

さて、今回発表された新規採用は11銘柄。そのうち特に注目の5銘柄を表で紹介した。残り6銘柄は、ヒューリック、東京センチュリーリース、スギホールディングス、エクセディ、エムスリー、カルソニックカンセイだ。

新規採用がなぜ注目されるかというと、昨年のケースがあるからだ。グリーが新規採用されて話題を呼んだのだが、その後のパフォーマンスはご存じの通り。グリーのほかには沢井製薬、ロート製薬といった、ここ1年間の株価堅調組が思い出される。つまり、材料難の昨今、「FTSE新規採用から第2のグリーを探せ」という熱い視線が、この新規採用“ジャパン・イレブン”(11銘柄)に寄せられているのだ。

実際のところ、エムスリー、サンリオ、ホシザキ電機といったところは、年初から震災直後を除いて上昇トレンド。なかでもエムスリーは、医療従事者専門サイト「m3.com」などを運営する小型優良株で上昇度も強烈。FTSE採用銘柄は夢のある銘柄が多い。(大庭貴明)

MONTHLYmonthly株ピタッ!! ~ピタッと当たる株ニュース満載~
(画像=ネットマネー)
MONTHLYmonthly株ピタッ!! ~ピタッと当たる株ニュース満載~
(画像=ネットマネー)

今月の膨張株 異業種買収と海外展開がお盛ん。タカラトミーがどんどん拡大中!

玩具大手のタカラトミーは異業種買収と海外展開の両面作戦で、さらなる成長期入りが見込まれる。玩具といえば少子化により国内市場には飽和感があり、割安に放置されている。だが業績拡大をきっかけに、PER10倍未満という株価水準の訂正が起こりそうだ。

MONTHLYmonthly株ピタッ!! ~ピタッと当たる株ニュース満載~
(画像=ネットマネー)

まず、異業種買収について。同社は今年4月に米国で玩具会社を買収し、8月には乳幼児用品会社を2社も手中に収めた。これは北米を含む世界展開の足がかりと位置づけていいだろう。転じてアジア地域では、中国の子供服最大手ボシワ・インターナショナル社と提携で合意したばかり。ボシワ社は1550もの店舗数を誇り、ミニカーなどの玩具類の強力な販売チャンネルになる。さらに、タカラトミーは中国版新幹線を模した「プラレール」を発売するなど、中国シフトを着々と進めている。ボシワ社との提携からか、国内では、子供服の西松屋チェーンとの接近観測も浮上している。(森田陽二郎)

好評長期連載 株業界の番猫・みけこさんの兜町キャッツアイ 第42話 東証記者クラブに抜け道

MONTHLYmonthly株ピタッ!! ~ピタッと当たる株ニュース満載~
(画像=ネットマネー)

これから寒くなってくると、東証ビルに行く機会が増えるんだにゃ。何しに行くって? 昼寝ですよ、ひ・る・ね。なかでも東証ビルの記者クラブには枕と毛布まであって、一番寝心地がいい。

と思ったら、中間決算の記者会見を待つ企業の人たちでラッシュ状態。それに部外者も勝手に入り込んでいるみたい!?

東証詰めの記者さんに聞いたら、どう見てもマスコミでも企業の役員でもない人が、たまに記者会見に紛れ込んでいるんだって。東証では昔、立てこもり事件があったからセキュリティーには厳しいかと思ったら、決算発表シーズンは来訪者が多くなって、かなりユルくなるみたい。

東証内をうろついている自称“見学者”の男性が、本当は倒産した某金融会社の社員だったこともあったにゃ。資料投函に来たとウソを言って受付を突破したらしいけど、何をしたかったのかしらん。守衛さんに囲まれたら、慌ててトイレに逃げ込んで“大”の個室からどこかに電話してたらしいけど……。

それに、記者クラブのある地下1階からエレベーターを使えば、守衛さんの目に触れずに部外者立ち入り禁止エリアにも簡単に行ける構造になってるみたい、ウワサだけど。やっぱり番猫が必要なんだにゃ。

はみだしピタピタ

その2●ファッションサイト「ZOZOTOWN」を運営するスタートトゥデイ(3092)が、時価総額は東証マザーズでトップ級のため、1部市場に昇格するとの観測が出ている。昇格申請は社長の気持ち次第か。サイバーエージェントの子会社に出資したり、香港でソフトバンクと合弁会社をつくったりと、他社との協業にも積極的なことから「オークション事業を切り出し、ヤフーと合流させる」という観測も。