投資のお悩みホットライン
(画像=ネットマネー)

投資のお悩みホットライン 1 日本株と先物の取引が可能。岡三RSSがリニューアル! 【岡三オンライン証券】

岡三オンライン証券は日本株取引と先物オプション取引が行なえるExcelを使った完全自動発注ツール「新しい岡三RSS」の提供を始める。これは2009年から提供している「岡三RSS」に寄せられた顧客の要望を反映させてリニューアルしたもの。

Excel2013、64bit版Excelへの対応、時価情報の完全リアルタイム化、岡三デスクトップを使用しない最小限のタスクバー常駐アプリ、リクエストの並列実行・高速化、自動ログイン(パスワード保存)、自動再接続・回線障害復旧などの機能が強化された。従来の「岡三RSS」で作成したExcelファイルはそのまま利用できる。

投資のお悩みホットライン 2 0・5%の利回りが期待できる金銭信託が限定発売 【オリックス銀行】

インターネットから24時間、申し込みできる「eダイレクト金銭信託」がオリックス銀行より登場。この商品の特徴は貸付先を1社だけに絞り、運用をシンプルにしたこと。預け入れ期間は6カ月で0・5%(税引き前、年率)の利回りを期待することができる。

申し込みは200万円以上100万単位で、募集予定額は100億円。5月28日までの期間限定だが、ネット経由で申し込みできるので手続きはカンタンだ。

投資のお悩みホットライン
(画像=ネットマネー)

投資のお悩みホットライン 3 利便性がますますアップカード番号の利用期間が5年に 【ジャパンネット銀行】

ジャパンネット銀行はJNBカードレスVisaデビットのサービスをリニューアルし、大きな特徴であるセキュリティの高さを維持しながら利便性を広げた。

まず1つのカード番号を最長で5年間利用できるようになった。従来は利用の都度カード番号を発行していたが、今後は不要となるため日常的に利用しているネットショップに番号を登録して買い物ができるようになった。カード番号はいつでも利用者自身が変更できる。カード番号を変更すれば、これまでどおりカード番号を1回の利用で使い切ることができ、セキュリティ面で安心。利用限度額は1日当たり100万円まで設定可能になった。

投資のお悩みホットライン
(画像=ネットマネー)