「一運、二金、三度胸」を持つ大人向けR指定!?コーナー。ここでは思惑株、裏ネタなどハイリスクな情報を凝縮した。兜町をさまよう黒い噂、その真相は…。株ビギナーと心配性の人は読まないでね!

スタートトゥディ、月次開示中止の波紋

人気衣料品サイト「ZOZOTOWN」を運営するスタートトゥデイは4月、月間の商品取扱高や会員数の公表を中止すると発表した。足元の業績は好調だが、突然の情報開示への後退姿勢に戸惑う投資家は少なくないだろう。

最後の月次データ公表となった3月分は、前年同月比で商品取扱高が28%増、会員数が約1・5%増と順調な業績成長を再確認する内容で、公表翌日には取扱高の急増を材料視して株価は年初来高値をつけるほどだった。それだけに、月次データの公表中止の波紋は大きかった。

この会社は最近、やや迷走気味のようだ。昨年11月に従来1%だったポイント還元率を一気に10%へ引き上げたが、わずか3カ月後の今年2月に再び1%に戻した。サイト出店企業から、実店舗での売り上げダウンにつながるとしてクレームが出たようだ。

また、送料を購入額1万円以上だけ無料だったのを全面無料に切り替えた。会社の負担増を覚悟のうえで選択した措置で、アマゾンや楽天との対抗が狙いだったようだが、会社が期待していたほどの効果はなかったとみられる。

そんなタイミングでの情報開示後退とあって、臆測を呼ばないはずがない。情報開示はタイミングや内容だけでなく、継続性も重要視される。今期の減益観測があるからこそ、月次データの公表を再開してもらいたいものだ。

図書印刷…「K氏買いで株価急騰」説はガセ?

図書印刷株は4月にかけて売買が活発化し、急騰した。兜町周辺では、ミヨシ油脂を持ち上げたグループが買いに動いたとの観測が流れた。大物投資家K氏とその周辺が買ったという噂もある。

ただ、図書印刷株は信用残高がさほど膨らんでいないところをみると、仮に買っていたとしても明和産業などのような長期戦には進展しないだろう。

アベノミクス相場に入ってから、「K氏周辺も正攻法で不動産株を買っている」との説もあった。JUKIや常磐興産にも、K氏介入説が流れたが、主力銘柄を買えば儲かる相場では、この手の銘柄の人気は長続きしない。

一方、不動産ファンドのケネディクスも大商いを演じた銘柄だが、この株の買い手が某大型投資ファンドだとの見方も。ケネディクスを売った資金はコード番号5000番台の住宅設備関連株に流入したとの観測もあるが、真偽のほどは……?

若林史江の株単ゼミナール 今月注目!経済の言葉 異次元緩和

MONTHLY 怪情報&兜町の噂 株ピタッBLACK
(画像=ネットマネー)

黒田日銀新総裁が誕生して初の金融政策決定会合(4月4日)で打ち出した「異次元の金融緩和」から、円安・株高が止まらない日本市場。   この“異次元”とは何なのでしょうか?

そもそも金融緩和とは中央銀行による金融政策のひとつ。中央銀行が市中に資金供給量を増やし たり、政策金利を引き下げるなどの操作をすることで、企業がお金を借りやすくしたり、金利負担を減らしたりして設備投資を活発化させる効果があります。より流動的に市場にお金が出回るようにする景気刺激策のひとつなのです。その中でも日銀が2001年3月から2006年3月まで実施した金融緩和を「量的緩和」といいます。金利引き下げではなく、中央銀行の当座預金残高量を拡大させる金融政策のことで、米国の「QE1」「QE2」「QE3」はこれにあたります。この従来の金融政策の枠組みから大きく変更&拡大したため“異次元”が付いたのです♪

一番インパクトが強かったのが、2012年末で138兆円だったマネタリーベースを今後2年間で2倍に増加させ、量的および質的な金融緩和を推進するとの発表。マネタリーベースとは中央銀行が供給する通貨のことで、要は諭吉を刷って刷って刷りまくるよ!(笑)と提言したようなもの。これで円安進行→株高となったのです。また日銀が国債を大量に買うため、銀行や生保などは従来の国債運用ができなくなり、資金が株式市場に流れ込んできていることも株高につながっているようです。

今回の金融緩和については賛否両論ありますが、何かしなければキプロスのようなことが起こっていたかもしれません。他国の金融緩和でいわれなき円高・株安を強いられてきた日本が“QE4”に打って出たのです。荒手ではありますが、強固な姿勢が円安・株高をもたらしたので、まずは大成功では?

株ばかり上がってズルイと言われますが、まず株が上がらなければ経済は回らないんです。というか、今までひどかったんだからイイじゃないですかね~、そこまで目の敵にしなくても(笑)。

MONTHLY 怪情報&兜町の噂 株ピタッBLACK
(画像=ネットマネー)

はみだしピタピタ

その5●enish(3667)はオンラインローソンなどと提携し、経営シミュレーションゲームで成長してきた企業。O2O(オー・ツー・オー)、つまりオンラインTOオンラインという新しい分野の旗手としても知られ、スマホ時代のゲーム開発企業の先頭ランナーである。これまで女性ユーザーが中心だったが、男性ユーザー獲得にも力を入れており、ユーザー数の倍増が期待される。