「一運、二金、三度胸」を持つ大人向けR指定!?コーナー。ここでは思惑株、裏ネタなどハイリスクな情報を凝縮した。兜町をさまよう黒い噂、その真相は…。株ビギナーと心配性の人は読まないでね!

任天堂の正念場今期も営業赤字なら「継続前提」注記!?

任天堂は海外売上高比率が70%を超えるが、円安でも上がらない銘柄の代名詞になってしまった。会社側の今期予想は3期ぶりの営業黒字だが、今期が3期連続の営業赤字に終われば「継続前提に重要な疑義あり」が付きそうだ。

今期は営業利益が1000億円まで急回復するとの会社発表だが、証券関係者の間では、いまひとつ信用されていない雰囲気がある。というのは、前期の営業赤字幅が364億円(1月予想値200億円)に拡大したのを決算発表当日まで伏せていた。悪材料ほど素早く開示すべきだが、ギリギリまで開示しなかったことが、市場関係者の心証にどう影響を与えたかは容易に想像できるだろう。

1月に「Wii U」の売れ行きについて「一喜一憂しても仕方がない」と岩田聡社長が発言したことでロケットスタートを期待した投資家の失望を誘ったこともあり、市場との意思疎通がうまくいっていない様子もうかがえる。

ただ、任天堂の名誉のために言えば、決算説明会での一問一答が同社サイトにノーカットで再現されている点は特筆に値する。この情報開示は任天堂と投資家をつなぐ貴重なパイプだろう。一問一答が消えたら、強烈な任天堂バッシングが起こりそうだ。「任天堂 オワコン」で検索すると、厳しい内容のサイトが無数に出てくる。オワコンとは、ネットスラング(俗語)のひとつで、「終4わ4ったコン44テンツ」の略。6月28日には、「お天気チャンネル」「ニュースチャンネル」などWii自慢の各種チャンネルサービスが終了する。Wii Uなどで代替されないサービスもあり、再び任天堂の斜陽が市場の話題になる可能性がある。

任天堂に限らず「今期は黒字復帰です」と言われても、無条件に信用できない。信頼回復には、四半期ごとに数字を積み上げるしかないだろう。

ホウスイ、井関農機、丸山製作所の思惑株セットが人気?

相場全体が乱高下する中、思惑先行銘柄の動きも気になるところ。古参証券マンは、「ホウスイや井関農機、丸山製作所は同一グループが順に手を出している」と話す。このうち1銘柄が動いたら、他の2銘柄を待ち伏せ的に買っておく作戦も有効かもしれない。これら3銘柄を操る人物として大物投資家K氏の名前もたびたび出るが「ガセネタだろう」。

若林史江の株単 今月注目!経済の言葉 日経平均1143円安

MONTHLY 怪情報&兜町の噂 株ピタッBLACK
(画像=ネットマネー)

投資をしていれば、さまざまな思い出が株価の動きとともに残るもの。そして、恐怖や不安の記憶ほど鮮明です……。

バブル崩壊後の最安値をつけた日やライブドア・ショック、リーマン・ショック、震災時の暴落など、株価の動きで日本の歴史を記憶していると言ってもいいくらい。そんな記憶の一ページに、新たに刻まれたのが今年5月23日。

午前中の日経平均は、22日の終値から高く寄り付いて始まり、いったんは前日比315円高まで上昇。「ああ、今日も平和な一日なのね♪」と思っていると少しずつ崩れ始め、「アレ、おかしい!?」と思ったときにはすでに遅しで、気づけば1143円安でした。

ちまたでは中国経済の後退懸念とか、ジョージ・ソロスが日本株をすべて売却したとか、後付けのようなウワサが出回りました。

でも、一番もっともらしい理由は、長期金利の急上昇に日銀が本気で対処しなかったから、 でしょうか。「債券先物売り・株式先物買い」というゲームのような取引が積み上がり、これによる行きすぎた株高に個人も便乗……そして、行きすぎた上昇のハシゴがちょっとしたはずみで外れ、ろうばい売りに。「行きすぎた上昇の反動は、行きすぎた下落になってしまうのが相場」ということをこれまでの痛い経験の中で味わっていても、やはりまた思い知ることになりました。これまでの爆上げの過程で買って、23日の暴落で叩き売って、24日の午前中の上昇で飛びつくように買い直して、さらにその午後の暴落に恐ろしくなって損切り……というような、典型的な“往復ビンタ”を食らってしまった投資家さんは少なくないはず。

でも、相場は下げなきゃ上がりません。つまり、ここからさらに上がるためにも下げは必要だっ たんです。だからこそ、今回の暴落で株式投資をやめてしまってはもったいない。そして、大勢が一方向に動いたときこそ逆を行く、ということも覚えておきたいですね。

はみだしピタピタ

その5●日本取引所グループの現任の斉藤惇CEO(最高経営責任者)は、宿願の東証・大証の経営統合を成し遂げ、来年の勇退が濃厚だ。後任には、元・財務次官で現在は大和総研理事長の武藤敏郎氏の名前が浮上中。武藤氏は日銀総裁の最有力候補とみられながら、与党側と財務省の駆け引きに巻き込まれる形で日銀総裁の椅子を逃した。東証トップは旧・大蔵省のOBの指定席だったこともあるポストで、武藤・東証社長なら官僚復権が濃厚に。

MONTHLY 怪情報&兜町の噂 株ピタッBLACK
(画像=ネットマネー)