突然の衆議院解散と自民党・安倍総裁の発言でみごとに"年末株高アノマリー"を体現した日本株。為替の円安傾向を追い風に、2012年5月以来の「9200円の壁」を突破し、9600円も目前!久々の上げ潮ムードをキャッチする銘柄をどうぞ!!

イラスト●ナンシー小関 チャート協力●楽天証券

今月の「ローリスク・ハイリターン!? 自動車・電機…ではない、海外型ディフェンシブで円安を安心して享受!

「円安に乗りたいけど、自動車のような輸出メーカー株より安定性重視で投資したい……」

 そんな投資家には、海外で稼ぐディフェンシブ(資産防衛型)銘柄がいい。食品など一部業種には、海外市場を開拓し、収益源の多様化に成功した企業がある。

 2012年11月の衆議院解散後、自民党・安倍総裁の「無制限金融緩和」発言などで、為替市場が円安に動いた。この局面での日経平均の上昇は、自動車や電機など輸出メーカー株が主導した。しかし、この手の輸出株で痛い目に遭い、「今さら自動車株なんて……」と敬遠する投資家も少なくないだろう。円安だけが頼りの株価上昇であれば、再び円高になったときのリスクも心配だ。

 そこで、食品大手を中心とした海外事業に強い企業に注目したい。円安が進めば、売り上げ数量は変わらなくても、海外での売上高や利益の円換算額が膨張し、連結業績を押し上げることになる。

 また、日本企業ならではの高品質で勝負しているので、半導体や液晶産業のようにアジア勢との安値競争に巻き込まれるリスクも小さい。

 海外事業の拡大につれて、現地での販売網拡充や生産設備強化が進み、利益率はアップしていく傾向にある。消費者の好みや所得水準の違いなど海外事業はスタート当初から難しい問題の連続なので、失敗した企業も少なくない。一方、海外で成功したときに企業が得られるメリットは計りしれない。

 代表銘柄は、味の素。調味料で有名だが、収益の大半を占める食品や医薬品の原料となるアミノ酸では、世界トップ企業の地位にある。しかも、海外売上高比率が3分の1を超える。海外での知名度の向上で外国人投資家の認知度も高まっているため、海外投資家による株式保有比率の引き上げが期待できそうだ。

 小売業では、コンビニのミニストップも海外展開では他社をリードする存在。海外での積極出店路線を貫き、国内と海外の売上高が逆転する日が遠からず訪れるだろう。

 かつらのアデランスも海外で着々と地盤を固めている。高い技術と行き届いた接客サービスでは、日本企業が圧倒的な強さを発揮できる。頭髪の悩みは国を問わないだけに、無限の成長可能性が広がっているといえそうだ。 (植草まさし)

201302_monthly株ピタッ
(画像=ネットマネー)
201302_monthly株ピタッ
(画像=ネットマネー)

今月の「ローカル人気」 新年! 日本取引所発足。大証小型株の人気は名証、札証、福証へ

 2013年1月4日から、東京証券取引所と大阪証券取引所の経営統合による持ち株会社「日本取引所グループ」の株式も取引できるようになる。東証は現物株、大証は先物など金融派生商品の取引所として、役割分担を強化していく方向にある。その中で、2013年7月には東証と大証の1部と2部がそれぞれ市場統合される見込みだ。

 この流れを受けて、すでに大証単独上場銘柄や大証での商い主力銘柄は、日経平均採用への期待などから人気を集めてきた経緯がある。

 また、ここ1~2年ほど大証1部の小型株や大証2部株も、相場テーマに手詰まり感が出るたびに、”掘り出し株”的な感覚で注目されて値を上げることが少なくなかった。

 そこで今後は、福岡証券取引所、札幌証券取引所、名古屋証券取引所といった地方市場に単独上場している銘柄が、”希少価値”的な感覚で狙われてくるケースが出てきそうだ。地方単独上場銘柄は、出来高の少なさ(流動性の欠如)が最大のネックとなる。銘柄によっては商いがゼロの日が多いケースもある。

 一方、機関投資家の投資対象、アナリストの調査対象となっていない銘柄がほとんどで、逆に材料が出現すると突飛高となる習性もあるのがこのグループ。左上の表に挙げた5銘柄は、比較的流動性が保たれているもので、年間配当が期末一括という銘柄が多いのも特徴だ。

 このほか、名証1部単独上場の富士機械製造などは、外国人保有株比率が20%以上あり、バブル時代に最高値8400円を記録するなど東証1部銘柄並みに注目度があった企業でもある。2012年11月には今3月期業績を下方修正したが、工作機械分野ではトヨタ自動車やトヨタグループ向けで売上高が拡大中だ。

 こうした銘柄の中には、東西の1部・2部市場が統合された東証市場へのくら替えを目指す企業が出てくるだろう。マーケットでも地方から全国区を目指す銘柄を探す動きが出てきそうだ。(大庭貴明)

201302_monthly株ピタッ
(画像=ネットマネー)
201302_monthly株ピタッ
(画像=ネットマネー)

今月の「作戦勝ち」 最高益からさらに上方修正も!北米重視で成功の富士重工業

 乗用車「スバル」の富士重工業は9月中間決算で今期の売上高以外の業績予想を上方修正し、過去最高益となる見通しを示した。北米での販売の好調を受けたものだが、販売台数がさらに伸びる可能性があるうえ、円安もプラス材料になって、再度の上方修正の公算が大きい。

 他社が中国などアジア重視の姿勢を鮮明にする一方、富士重工業は5年前から、会社の方針として北米重視を掲げてきた。車両の大型化や人気車種のモデルチェンジなどにより、激戦の米国市場で売り上げを増やしている。円安による利幅拡大や補助金による一時的な販売増といった経営努力によらないプラス要因とは違って、販売台数そのものが伸びているのは注目に値する。

 業績好調が目立ってくるにつれ、投資信託や年金など機関投資家の買いが期待できる。そもそも機関投資家は国内でも海外でも”理由を買う”と言われ、こうした「経営戦略の勝利」に飛びつきやすい習性があるからだ。(伊地知慶介)

201302_monthly株ピタッ
(画像=ネットマネー)

今月の「変貌」 グリーと提携し、営業益倍増へ。海外進出+スマホでヤフーが大化け?

 ヤフーの日本法人は売上高の半分以上が営業利益になる高収益企業だが、唯一の弱点が米国本国のヤフーとのすみ分け。事業活動が国内中心のため、成長性に欠けると評価されることが多かった。

 しかし、営業利益倍増を掲げ、スマホ向け広告の強化のために米国企業と業務提携するなど、ヤフー”ジャパン”の殻を破る動きに出ている。グリーとの提携など隣接分野の有力企業の囲い込みにも死角はない。

 有利子負債ゼロのキャッシュリッチ企業なので、他社買収の噂も絶えない。「爆速」を口にする宮坂学社長だけに、株主でなくとも何が飛び出してくるか楽しみ。スマホコンテンツは圧倒的な勝者が決まっていないが、この分野を押さえればヤフーの株価は大化けへ。 (森田陽二郎)

今月の「新種企業」 IPOの「ユーグレナ」に伊藤忠、ANAが大注目。ミドリムシが人類を救う!

 2012年12月20日、東証マザーズにユニークな企業が新規上場した。世界で初めてユーグレナ(ミドリムシの和名)の野外大量培養技術を確立した、東京大学発のバイオベンチャーだ。ミドリムシ!?とは意外だが、実は新たな食料や燃料としての可能性を秘めていることは、学術的、世界的にも近年知られている。

 そのミドリムシの研究開発と事業化で世界をリードしている会社がマーケットに登場するとなれば、株式投資の魅力である「夢を買う」という本質に沿う銘柄だ。会社側は食料、繊維、飼料、肥料、燃料の5分野に事業展開を定め、すでに機能性食品、化粧品への応用で事業化に成功している。

 2011年9月期の売上高は11億6600万円で、経常利益は3億1400万円強を計上し、ベンチャーといっても立派な黒字企業だ。

 そして、その同社の成長性に着目し、電通や伊藤忠商事、清水建設など日本を代表する大手企業が同社に出資している。注目したいのは、JXホールディングスのJX日鉱日石エネルギーや全日本空輸、東京センチュリーリースが出資の理由としているバイオジェット燃料分野だ。ミドリムシから抽出・生成されるオイルは軽質であることからジェット燃料に適しているという。トウモロコシなどと異なり、農地や食料価格の変動も受けないというメリットがある。現状の売上高構成の面から、ユーグレナ株式の業種ポストは「食品」。その企業成長が出資企業へも波及する日は近そうだ。 (竹中博文)

今月の「真の王者」 ヤマトホールディングス、即日配達と決済代行で第2の成長ステージ!

 宅配便トップのヤマトホールディングスが、第2の成長期に入りそうだ。エンジン役は即日配達サービスと、決済代行まで含めた中小企業向けサービスの拡充である。

 宅配サービスでは、すでに国内で4割のシェアを確保。2016年までに、東京・大阪・名古屋の3大都市間で、当日中の配達サービスを開始する予定だ。朝に荷物を出せば、夜には相手に届くサービス自体はあるが、特別料金が必要。ところが、ヤマトはほぼ現行の料金体系のまま、即日配達を引き受ける方針だという。

 これには荷物の引き受けから集荷、物流センターでの仕分け、相手先までの配達と各段階で時間短縮が要求され、他社の追随はコスト的に不可能とみられる。

 すでにコンビニ大手6社のうち4社がヤマト運輸を指定業者にしており、全コンビニ制覇も見えてきた。また、ネット通販の普及も宅配便の利用者増加に貢献している。ネット通販業者はコスト削減のため、他業者を利用することが珍しくないが、注文当日に着くとなれば話は別。今後はネット通販業者も次々とヤマト運輸を使うようになるだろう。

 また、中小企業間の取引では、荷物を運ぶだけでなく、ノンバンク子会社で決済代行まで担当する。ファイナンス事業も利益率アップにつながる見通しだ。 (木島 隆)

201302_monthly株ピタッ
(画像=ネットマネー)

今月の「急回復」 照明のオーデリック、LED+消費税増税で3回目の上方修正も!

 オーデリックは家庭用照明器具の大手として知られる。省エネに役立つLED(発光ダイオード)に早くから力を入れてきたため、業績は急回復中。さらに、消費税率アップ前の駆け込み需要も、業績と株価を押し上げそうだ。この会社は8月と11月に業績予想を上方修正したが、年度内に3回目の上方修正の可能性がある。というのは、2回の業績修正はともに、家庭や企業の節電志向をキャッチしたLED照明の好調が要因だった。そして今度は、消費税率アップを特需要因として販売数量の拡大が期待できる状況になってきた。

 消費税は2014年4月に8%、2015年10月に10%と2段階で上がる。住宅業界ではもう増税前の駆け込み受注が始まっている。照明器具や家具など住宅関連株は住宅メーカー株の後を追って上がるので、まず住宅株が上げ、その後にオーデリック株も一段高する公算が大きい。「住宅に駆け込み需要」の記事が買いサインか。 (東 亮)

今月の「そこ!?」 「安倍トレード」流行の昨今…自民党関連の盲点は教育にアリ!

 政権交代、これを期待したいわゆる「安倍トレード(株買い・円売り)」が衆議院解散の決定直後から炸裂した。強力な金融緩和期待で不動産、円安思惑で輸出関連、その他ゼネコン、電力株へと広がったのは記憶に新しいところだ。その中で、盲点になっているのが「教育」である。

 自民党の教育改革案では、義務教育期間を見直す方針だ。現状は小・中学校の9年間が義務教育だが、幼稚園を活用して5歳児教育も義務化するという。これが実現するなら、幼稚園運営をサポートする幼児活動、幼児英才教育を手がけるリソー教育などにビジネスチャンスが増えるはずだ。もちろん、保育園を運営するJPホールディングスやサクセスホールディングスも見逃せない。政権交代だろうが、増税となれば確実に家計の可処分所得は減る。そうなれば、共働き世帯が増え、結果的に待機児童が減ることはない。今は反応薄だが、こういった子供関連は”近いうち”動意づくだろう。(真行寺知也)

201302_monthly株ピタッ
(画像=ネットマネー)

MONTHLY 怪情報&兜町の噂株 株ピタッBLACK

「一運、二金、三度胸」を持つ大人向けR指定!?コーナー。 ここでは思惑株、裏ネタなどハイリスクな情報を凝縮した。 兜町をさまよう黒い噂、その真相は…。 株ビギナーと心配性の人は読まないでね!

債務超過寸前の近畿日本ツーリスト、増資リスクあり

 KNT(近畿日本ツーリスト)は今第3四半期決算で自己資本比率が2%を切った。債務超過寸前である。財務状況は厳しいが、来年1月に同じ近鉄系のクラブツーリズムと統合が決まっており、経営安定と復配を目指しているところだ。ネットでの交通機関・ホテルの予約が浸透するにつれて、旅行代理店に要求される商品企画力は高まるばかり。人員削減など打てる手は打った。あとは売上高そのものを増やせるかどうかに再建の成否がかかっている。

 また、資本の薄さを考えれば、業績が回復したらしたで、新株発行による資金調達も予想される。株価は110円前後で小康状態にあるが、復配を期待して今から株を買うにはリスクが大きそうだ。

 プラス材料は退職者世代の旅行需要増加。さらに、中国や韓国との関係悪化から欧米が旅行先として人気を集めており、1件当たりの売上高の上昇に貢献している。旅行代理店は薄利多売型のビジネスなので、売り上げのボリューム増は業績回復に直結しやすい。

 経営が傾くと情報を隠す企業は多いものだ。しかし、この会社は毎月の取扱高を千円単位で細かく開示するなど情報開示は他業種を含めてもトップクラスの充実ぶりで知られる。信頼獲得に向けた地道な努力が続いているうちは、再生の芽は残っている。名門「近ツー」復活を願わずにはいられない。

日銀が最安値更新…金融緩和が悪材料か、景気底割れ示唆か

 ジャスダック上場の日本銀行が最安値圏にある。取引できるのは株式ではなく、議決権のない出資証券だが、他の銀行株と同じく環境変化を織り込んで値段が変化しており、値下がりが何を意味するかで、金融関係者の見解が分かれている。

 多いのは「金融緩和を悪材料に下げている」との見方。日銀が金融緩和で国債を大量に購入した結果、国債の値下がりで日銀が多額の含み損を抱えるリスクが高まっている。自民党の安倍総裁の言うように、無制限の金融緩和となれば、日銀は政府の言いなりに国債を無制限に買わされることになる。また、値下がりが「景気の底割れを示唆している」という解釈も聞かれる。株価は半年先を予想して動くといわれる。日銀出資証券の値下がりは、日本経済の信用力低下を予言している可能性がある。

株業界の番猫・みけこさんの兜町キャッツアイ

第56話 「証券会館」建て替えで戦争?

猫も犬も散歩の目的は縄張りの巡回。毎日、誰かがなでてくれるけど、ペットボトルが置いてあったら、猫パンチだにゃ。

 でもって、大事な巡回先のひとつが東京証券会館。東証から猫足で歩いて3分くらいの近さで、日本証券業協会や大証の東京事務所が入居してるんだにゃ。地下2階が東西線・茅場町駅とつながってて、すごく便利なんだけど、築46年。ビルの耐用年数は40年が相場だから、猫に換算すると20歳くらいかにゃ?

 それがどうやら建て替えられるみたい……。東京証券会館は東証ビルを持っている平和不動産に買収されたんだけど、平和不動産は兜町周辺の再開発を三菱地所と共同で計画してるんだにゃあ。

 不動産業界では、東京駅・丸の内側が三菱地所、東証や三越本店のある日本橋周辺は三井不動産って、昔からなんとな~く色分けができてるんだにゃ。

 でも、三菱地所も兜町の再開発に加われば、日本橋を舞台に財閥系の不動産大手2社の縄張り争いスタートってことになる!

 ワタシに、味方とか招き猫とかカツオ節の番をしてほしい会社があったら、連絡してください。

 三井でも三菱でも先着1社に限り、手を貸すにゃ。小判はいらにゃいから、まぐろ缶1ダースで♪

河合ウオッチャー達憲のそのとき株は動いた!

201212_monthly株ピタッ
(画像=ネットマネー)

●かわい・たつのり カブドットコム証券チーフストラテジスト。『夕刊フジ』と『ネットマネー』の共同企画、推奨銘柄の上昇力を競う「株-1グランプリ」第1回で、みごと優勝。相場診断力と銘柄選定力は抜群!

ひらまつの株価を長期的に分析すると、いったいいつまでこの騰勢は続くのかと目を見張るものがある。リーマン・ショック後の2008年10月(底値1万9250円)から2012年11月30日(9万900円)まで、実に株価は4.7倍高。この4年越しの上昇トレンドの中、東日本大震災による節電消費不況などで2~3割強の下落は3度経験しているものの、そのつど下落幅を短期間で埋めている。むしろ健全な調整を繰り返して下値を切り上げてきた。

 同社は、都内で高級なフレンチまたはイタリアンのレストラン23店舗を展開している。収益はフランス料理62%に対しイタリア料理が38%。2008年9月期から6期連続で増収増益を達成し、過去最高益更新を持続する見込みだ。2012年9月期はダイニング・カフェ事業が好調となり、婚礼パーティーの受注も伸長した。今2013年9月期は、大阪に関西の旗艦店を新規出店する計画だ。7%増益予想を達成すれば、経常利益20億円超えを実現する見通しだ。

 この11月に自社株買いを発表、発行済み株式数の6.9%を取得する計画。背景に「好業績持続」があるだけに、PER(株価収益率)は12倍前後と割安圏である。自社株消却により、さらなるEPS(1株当たり利益)の上昇も見込まれる。仮に自社株取得枠すべてを消却した場合、9万6000円超えという株価も算出できる。

201302_monthly株ピタッ
(画像=ネットマネー)

今月の 噴火目前株3連発!

①東映(東証1部・9605)

11月に上方修正したが、「まだ保守的」との声がある。絶対的な強みは、AKB48と双璧を成すコンテンツである人気アニメ『ワンピース』の版権だ。12月15日から劇場版の新作が上映されており、版権収入上ブレの勢いは増しそう。ヘッジファンド筋が関心を持っているとも?

②エレコム(ジャスダック・6750)

今下半期から来期にかけて業績、急改善へ。これまでと形状の違う「iPhone5」の発売で、ケースなどアクセサリーの買い替え特需が発生。さらに、相次いで発売された「iPad mini」などのタブレット端末関連では独走状態。タブレット特需の利益上乗せが濃厚か。

③ダイワボウホールディングス(東証1部・3107)

マスク関連の同社が突如買われるのは、花粉症とインフルエンザが流行するシーズン。感染拡大のニュースが材料視されやすい時期に入ったほか、今期はトップラインの売り上げで過去最高が見込まれている。為替の円安進行が利益面の追い風に。

WEB連動企画 向後はるみの7日間で上がる株!+1

●こうご・はるみ 黒岩アセットマネジメント所属。値動きのいい中小型株の情報&分析に強い。テクニカルアナリストでもある。

【この連載は…】 現在「WEBネットマネー」では、向後はるみが毎日1銘柄、“1週間で上がる株”というテーマで紹介中。その成績を誌面で公開します! さらに毎月1銘柄、“1カ月で上がる株”をガツンと掲載!!! WEBネットマネー www.netmoney-web.com

コレで上がります!!!

自民党財務金融部会の「小口金融市場に関する小委員会」が2012年5月、改正貸金業法の見直し、カウンセリング制度を強化する代わりに総量規制を撤廃することなどを盛り込んだ改正案を承認したことが注目材料。さらに、安倍政権下では、日銀への金融緩和圧力が高まりそうで、調達金利の低下が業績に寄与する公算が大です。

201302_monthly株ピタッ
(画像=ネットマネー)

若林史江の株単ゼミナール

201212_monthly株ピタッ
(画像=ネットマネー)

●わかばやし・ふみえ 株式アドバイザー、徳山大学経済学部特任講師。この連載では経済を背景に移り変わる金融用語を、できるだけわかりやすく紹介していきます♪

今月注目!株の言葉 日本証券取引所

2013年1月1日に、いよいよ「日本証券取引所グループ」が誕生します♪

 切望されながらも、東証&大証の意向が合わず、なかなか進まなかった案件でしたが、2012年8月に東証が大証の株式をTOB(株式公開買い付け)することにより、事実上の子会社化へに成功。大証はいったん東証の子会社化となるわけですが、親会社である東証を大証が“逆吸収合併”して移行することで、持ち株会社「日本証券取引所グループ」が誕生することになります。

 逆吸収合併とは、事業規模が明らかに小さい会社を存続会社とする合併のことで、会計上のメリット(繰越欠損金の控除など)があります。過去には三井住友銀行とわかしお銀行などの例があり、規模の大きい三井住友銀行をわかしお銀行が吸収合併する形でした。ただ、その際に称号(社名)を三井住友銀行に改名したため、“見え方”としては三井住友銀行が残っているんですけどね(笑)。

 では、今回の東証と大証の場合は?大証に繰越欠損金などは見当たらないため、どちらかというと「大証の上場維持」が目的でしょう。大証は取引所という立場で、株式会社として上場していますが、東証は上場していません。東証が大証を吸収合併して日本証券取引所グループ誕生となれば、新たに上場手続きをとらなければならなくなり、コスト負担が増えます。でも、大証が東証を吸収合併して改名すれば、「日本証券取引所グループ」は新規上場せずに上場を維持することができるわけです。実際、東証と大証に重複上場し、2013年1月4日からすぐに売買可能になります。

 さらに、ほかにもメリットがあります。東証と大証に重複上場し、それぞれに上場維持費用を支払っていた企業にはコスト削減に!そんな企業も注目されるかもしれませんね♪

 この合併により、日本証券取引所は世界第3位の規模になります。名実ともにアジアの代表として、どう展開していくのでしょうか?大注目ですね!

はみだしピタピタ

その1●新日本製鉄と住友金属工業が2012年10月に統合して、新日鉄住金(5401)が発足。9月中間期には製鉄所など設備の減損処理で、約4000億円の特別損失を計上した。今3月期末の最終損益見通しは非開示としたが、系列会社の損失処理なども見込まれ、厳しい内容が予想される。ただ、統合による効率化効果を2000億円としており、新年度は劇的なV字回復が見込まれそうだ。株価は2013年1 ~3月が最悪期か。

その2●L,ALBA(ラルバ)ホールディングス(4798)は、今では珍しくなった株価10円台銘柄。1株当たり純資産は3円を切っており、資産面からは"割高"ゾーンにある。バイオマス燃料を欧州の電力会社などへ販売する新事業に進出すると発表したが、一方でこれまでの業績不振から、事業の先行きを不安視する声も。この手の銘柄は新株の大量発行が怖い。新株予約権発行の可能性に注意。

その3●信販大手のジャックス(8584)は三菱UFJ系なので、信用力は抜群。過払い金問題の影響が一巡する一方、自動車ローンの拡大に成功し、業績は堅調に推移している。大幅な金融緩和への思惑で株価は下値を切り上げたところだが、上昇が一段落し、新たなボックスが形成された局面が狙い目だ。株価はボックスで動く習性があるので、1~2週間のスイングトレード向き。

その4●日本ガイシ(5333)。社運を賭けたはずのNAS(ナトリウム・硫黄)電池の生産が火災事故でストップしていたが、2013年3月までにようやく再開する見通し。NAS電池はリチウムイオン電池などより安いうえに、大量の蓄電に向いており、夜間電力の有効利用や非常電源の確保に役立つ。量産できるのは世界中で日本ガイシだけなので、生産が再び軌道に乗れば、株価は昨秋の火災事故前の水準に戻っていきそうだ。

その5●都内に本社を置く老舗の某証券会社は、事実上買収された企業。背後にいるのは、大手証券出身の投資会社社長、別の大型M&A(企業の合併・買収)案件で有罪判決を受けた"闇社会との共生者"などといわれている。この証券会社は、大金を持ったそっち系の客にも口座を開かせることで有名だった。兜町の古参証券マンが買収をめぐる噂を聞いて「やっぱり……」と言って黙ってしまうくらいのヤバさらしい。