東京五輪より予算大!リニア新幹線計画が来年度に本格発進!!

「半年先を行く株式市場」という言葉を借りるなら、「リニア中央新幹線」が物色テーマとして本格始動する。2014年度にJR東海が着工予定のこの計画は、2010年5月に明らかとなり、現在までにスケジュールの変更はされていない。

計画によると、東京-名古屋間の開業は2027年、総投資額は5兆1000億円に及ぶ。このうち、車両費を除いた建設工事費は4兆8000億円。この金額を建設期間の13年で単純平均すると、1年当たりで約3700億円となる。これは2020年の開催地候補に立候補している東京オリンピックのメインスタジアムなどの施設建設費3557億円を上回る金額だ。

さらに、延伸される「名古屋-大阪間」の開業は2045年で総投資額は3兆3400億円。同様に建設期間の18年で割ると1年当たりの工事費は約1600億円だ。

加えて、オリンピックの東京誘致に成功すると、JR東海が2010年11月に示した神奈川―山梨間の先行開業を2020年前後とした構想が現実味を帯びてくる。

まさしく、前回1964年の東京オリンピック開催に合わせて東海道新幹線が開通したのと同様に、今回はリニア中央新幹線が部分開業して、シンボリックな事業となるだろう。こうなると建設予算執行も加速し、日本経済に対して大きな浮揚効果をもたらすことになる。

今月の「次の本丸」
(画像=ネットマネー)

プロジェクトの進展にあたっては、車両よりもトンネルや橋梁といったインフラ建設が先行するので、トンネル工事に強い安藤ハザマや鉄建など鉄道建設関連株が人気化することが予想される。その場合、リニアと直接的なつながりはないが、耐震工事で業績好調が著しい東鉄工業の株価も刺激を受けそうだ。東鉄工業は当期利益ベースで連続最高益更新が見込まれ、有利子負債ゼロで利益剰余金も積み上がっている。来期からの業績拡大期待が加われば、リニア中央新幹線をテーマとした〝先頭車両〞となるだろう。(竹中博文)

今月の「次の本丸」
(画像=ネットマネー)

今月の「商売上手」FPGのリース証券がひそかなブーム!節税効果をにらんだ中小企業にバカ売れ

「輸送、リース、証券化、節税商品」がこの会社のキーワード。飛行機や船などを大型輸送設備を大手金融機関と共同購入し、権利を証券化して中小企業などに販売する。このリース証券が中小企業に売れるのには理由がある。節税効果が大きいからだ。リース対象の船舶やコンテナなどは、リース契約初年度から原価償却が発生し、税法上は赤字となる。このため、リース案件に出資した中小企業は課税対象となる本業の利益を減殺できるのだ。

不動産運用商品の組成・販売やM&A(企業の合併・買収)仲介にも進出し、継続的な事業拡大を狙う態勢が整っている。今期も最高益更新が濃厚だ。ただ、事業内容がわかりにくいためか、株価は業績や成長性を十分反映しているとは言いがたく、上値余地は大きいといえそうだ。

東証1部上場企業として、社会的信用力は意外に高く、証券会社や銀行などの金融機関、会計事務所から紹介される顧客が順調に増えている。(伊地知慶介)

今月の「次の本丸」
(画像=ネットマネー)

好評長期連載 株業界の番猫・みけこさんの兜町キャッツアイ 第64話 東証、誤発注敗訴で特別利益?

今月の「次の本丸」
(画像=ネットマネー)

東京証券取引所は東京湾のすぐそば。夏の晴れた日は南から潮風が吹いてきて、蒸し暑いんだにゃ。そんなときは涼しい東証ビルの中をこっそり散歩。音を立てないようツメを引っ込めて歩いていると、猫耳にはいろんな話が入ってくるにゃあ。

東証の中で最大のニュースは、みずほ証券との誤発注訴訟。裁判所の和解勧告にはどちらも応じずに裁判してたけど、一審、二審ともに誤発注でも注文取り消しのできない売買システムを提供してた東証の負け。

でも東証の人たちは、みずほ証券への賠償金が107億円という高裁判決を聞いて、意外にほっとした様子だったにゃ。

もともと東証は132億円を今期の特別損失として計上してたから、賠償金が軽くなった25億円分が会計上は特別利益になるんだって。ってことは、業績予想は上方修正かにゃ?

東証は職員用の喫茶室まで閉鎖して、慣れないコスト削減を進めてきたけど、これで節約一辺倒から解放されるといいにゃ。

東証が全部悪いんじゃなくて、売買システムをつくった富士通にも責任がありそうだけど、東証は富士通に賠償請求しないんだって。白黒つけないままで、日本取引所グループ(東証)の株主さんは怒らないのかにゃあ?