大画面を生かしたiPad用FXアプリが登場との情報です。

キャッシュバックなどのお得情報やネット上の最新サービスをいち早く紹介する「MONEY得得ホットライン」。 外為どっとコムが約半年の開発期間を経て、iPad用のFXアプリを新規投入。 従来のスマートフォン版と比べて「見やすさ」「使いやすさ」を重視した設計という、その内容とは?

201205_MONEY ホットライン
(画像=ネットマネー)

坪谷 良さん 外為どっとコム Web企画室 RYO TSUBOYA

説明書なしで直感で操作できる使いやすさがウリ

 外為どっとコムからタブレット端末のiPad向け取引アプリ「外貨ネクスト foriPad」がリリースされた。iPad版はスマートフォンのiPhone版とAndroid版の特長を踏襲した上で「iPadユーザーに対してより高い利便性を提供します」とWeb企画室の坪谷良さん。

 どんなところがiPad版の特長なのか。まず「分割画面」。iPadの大画面を生かしてiPhoneでは難しかった複数の情報を1つの画面に分割表示することができるようになった。画面下部に「お取引」「履歴照会」「チャート」「マーケット」の4つのボタンが用意されている。たとえば「履歴照会」を選ぶと、4分割された画面でポジション照会、取引履歴、注文履歴がひと目で確認できるし、特定の画面を全画面表示させることも可能だ。「マーケット」を見て情報を得て、「取引」に移って注文を出すという動作はタッチだけで簡単にできるが、坪谷さんのイチオシ「お気に入り」機能を使うともっと便利になる。これは「自分なりの画面がつくりたいというお客さまの要望に応えた、画面レイアウトのカスタマイズ機能です」。まず好みの画面レイアウトを選び、そこに表示させたい情報をドラッグ&ドロップで当てはめていけばいい。

 取引に欠かせないチャート機能も大画面対応で、大きく見やすい。「チャートは最大8つまで同時に表示できます。テクニカルチャートは10種類から選べるなど、パソコン版とそん色のないチャート機能を有しています」。

 そして「素早い注文」。ストレスなく注文を出せることにもこだわった。確認画面をオフにすればワンクリックで発注できる。

 開発時の最大のこだわりは「説明書を読まなくても使えるアプリケーションにすること」だったという。確かに、感覚的に操作ができるので誤操作の可能性は低いだろう。「外貨ネクストfor iPad」のダウンロードは無料。口座を開設していなくても、5種類のニュース、4種類の経済レポート、チャートなどを使うことができる。便利さを十分に実感したら口座を開こう。今ならアプリからの取引量に応じてキャッシュバックが受けられるキャンペーンも実施中だ。詳細はホームページで確認を。

201205_MONEY ホットライン
(画像=ネットマネー)
201205_MONEY ホットライン
(画像=ネットマネー)
201205_MONEY ホットライン
(画像=ネットマネー)

投資に役立つホットライン

①勝率7割超の超強力な投資の味方が自分のもとに【マネックス証券】

 マネックス証券はモニター向けに限定配信していた「マネックスシグナル」を改良し、一般向けに有料リリースした。

 特長は勝率約71%という驚異の成績。この勝率とは2011年9月9日から12年1月31日までに発生したアウトライト戦略の決済シグナル(201件)のうち、シグナル配信日の翌営業日の寄り付きの価格差で利益が出たシグナル(勝ちシグナル)の割合だという。「マネックスシグナル」の利用料金は月3150円(税込み)。申込月は無料、初回申込時は翌月分がキャッシュバックされ、最大2カ月間、実質無料となる。感情に左右されない高度なロボットの判断を取引に取り入れてみては?

201205_MONEY ホットライン
(画像=ネットマネー)

②アセアンが熱い!シンガポール株、インドネシア株の取り扱いを開始【エイチ・エス証券】

 エイチ・エス証券は、シンガポールとインドネシアの外国株式取引を開始した。取扱銘柄はシンガポール株10銘柄、インドネシア株10銘柄で、営業店取引・コールセンター取引の2つを通じて取引できる。

 シンガポール市場の銘柄は時価総額上位30社の中から、金融、資本財、消費者サービス、通信サービスなどのセクター別に事業内容と業績、収益性を総合的に勘案して選定した10銘柄。インドネシア市場の銘柄も同様の基準で銀行、資源、消費財、自動車などのセクターから選定している。

 なお、エイチ・エス証券ではすでにロシア株、中国株(上海B株、香港株の一部)を扱っている。

201205_MONEY ホットライン
(画像=ネットマネー)

③モバイルでもサクサクFXサイトがスマホに対応【ジャパンネット銀行】

 ジャパンネット銀行は店頭外国為替証拠金サービス「JNB -FX PLUS」を対象に、iPhone、Androidに対応したスマートフォン専用取引画面の提供を始めた。

 顧客からの要望に応えて外出先でも使いやすいように、視認性や操作性、安全性を重視したスマートフォンでのFXの画面に仕上がっているという。手間のかかるアプリケーションのインストールは不要で、パソコンとほぼ同様の使い勝手で取引ができる。

 スマートフォン版「JNB -FX PLUS」の主な機能はスマートフォンに適したメニュー配置や画面構成、テクニカル分析ができる多彩なチャート機能、タップしやすいボタン設計など充実している。

201205_MONEY ホットライン
(画像=ネットマネー)