最狭水準スプレッドで取引できる新FX会社が誕生との情報です。

キャッシュバックなどのお得情報やネット上の最新サービスをいち早く紹介する「MONEY得得ホットライン」。 固定スプレッドやオリジナルツールの開発で、競争激化を極めているFX業界。 そこに新たに参戦したのが、SBI FXトレード。既存のサービスとの決定的な違いは?

201208_MONEY ホットライン
(画像=ネットマネー)

河内哲也さん SBI FXトレード 取締役 Tetsuya Kawachi

ドル/円スプレッド0・19銭1ドルから、また未成年も取引可日本初の小数点4ケタ表示

 SBIグループのFX(外国為替証拠金取引)専業業者「SBI FXトレード」が5月30日、営業を開始した。取引通貨は11通貨ペア(左ページ参照)。

 系列の証券会社や銀行でもFX取引ができるのに、なぜ新たにSBI FXトレードをスタートさせたのか。「証券会社や銀行の顧客とは異なる層にアプローチしたかったからです」と河内哲也さん。「FXを中心に資産運用を行なおうと考えている投資家やこれからFXを始める初心者が主な顧客層になると想定しています」。口座開設の下限年齢を18歳に下げたのは、若い世代が実際の取引を通じて外国為替の世界を学ぶ場になれば、という思いからだ。

 SBI FXトレードは、他社にない3つの特徴を備えている。

 ひとつ目が、「業界で最も狭い水準のスプレッド」。売値と買値の差であるスプレッドは、狭いほど投資家には有利。たとえば米ドル/円のスプレッドは0・19銭(1万通貨まで)、ユーロ/円は0・79銭(5万通貨まで)、ユーロ/米ドルは0・59銭(一万通貨まで)というように、本当に狭く固定されている(原則固定)。

 次に「1通貨単位から取引ができる」こと。多くのFX会社は1万通貨単位、低いところでも1000通貨単位程度だが、SBI FXトレードでは1ドル、1ユーロ、1ポンドというように1通貨単位から取引できるので、自分の余裕資金の大きさやリスク許容度に応じて取引量を調節できる。

 そして、「日本初の対円通貨では小数点以下4ケタまでの呼び値表示」。米ドル/円のような対円通貨では呼び値は「80円1234銭」というように下4ケタの単位まで。外貨/外貨では下6ケタの単位まで呼び値が表示される。

 このような特徴を実現できたのはSBI FXトレードのカバー先が、国内や欧米の主要金融機関25社を取引先としているマーケットプロバイダー、SBIリクイディティ・マーケットだから。高いリクイディティ(流動性)が確保されていて「マーケットが荒れた状況でも高い確率で約定するし、投資家が不安に思う『値がすべる』(スリッページ)こともほとんどないはず」(河内さん)。

 他社に口座を持つ投資家も利用する価値大だ。

201208_MONEY ホットライン
(画像=ネットマネー)
201208_MONEY ホットライン
(画像=ネットマネー)
201208_MONEY ホットライン
(画像=ネットマネー)

投資のお悩みホットライン

①インドネシアと中国に投資できるトラッカーが登場!【eワラント証券】

 eワラント証券は6月25日から「インドネシアルピアトラッカー」「人民元トラッカー」の取り扱いを開始。「ルピア」はインドネシアルピア対円相場、「人民元」は中国人民元対円相場に近い値動きをするカバードワラントで、ルピア建て債券、人民元建て債券を購入したのと同様の効果が得られるのがメリットだ。

 主な特徴は5つ。①5000円程度の少額から投資できる、②他のeワラント同様9時~23時50分で、自由に取引できて中途売却が容易、③税金は20%の申告分離課税でFXなどと損益通算ができる、④取引委託手数料が無料、⑤割引債のように利回りも期待できる。

 取引はSBI証券などで。

201208_MONEY ホットライン
(画像=ネットマネー)

②売会社が拡大中の人気ファンド【ドイチェ・アセット・マネジメント】

 ドイチェ・アセット・マネジメントが設定・運用する「DWS グローバル公益債券ファンド(毎月分配型)」の販売会社が拡大中だ。

 投資対象は主に電力・ガス・水道等を供給する世界の公益企業・公社が発行する債券。景気変動の影響を受けにくくいのが特徴だ。

 過去半年で純資産は約2倍となり、5月末現在で約718億円に増加。6月には足利銀行と横浜銀行も取扱いを開始し、販売会社は38社に拡大した。

 対円での為替ヘッジを行なうAコースと為替ヘッジなしのBコースを設けている。

201208_MONEY ホットライン
(画像=ネットマネー)

③クレジットカードへの新規入会でポイントプレゼント【じぶん銀行】

 じぶん銀行は、クレジットカードの「auじぶんcard」に新規入会すると「じぶんポイント」が最大2500ポイントもらえる、「ハッピースタートキャンペーン」を実施中。

 カードを申し込み、期間中に発行されると1500ポイント。入会申込時にカードをau(KDDI利用料金)料金の支払いに指定するとさらに1000ポイント。加えてキャンペーン期間に関係なく、カードの利用代金の支払い口座を、じぶん銀行の口座自動引き落としに設定すると500ポイントもらえるので合計2500ポイントに。じぶんポイントはauポイントへ移行したり、じぶん銀行口座へ還元できる。

201208_MONEY ホットライン
(画像=ネットマネー)