証券と銀行がタッグを組んで資産管理をサポートする体制が整ったとの情報です。

キャッシュバックなどのお得情報やネット上の最新サービスをいち早く照会する「MONEY得得ホットライン」。 三井住友銀行とSMBC日興証券から、証券口座と銀行口座を一体化させた資産管理サービス、「バンク&トレード」が登場。シンプルながらもひと目でわかるその画面仕様とは?

201212_MONEY ホットライン
(画像=ネットマネー)

鈴木 仁さん SMBC日興証券 リテール事業推進部 SMBC協働企画課

メガバンクと大手証券が共同で資産一元管理サービスを開始 今までにない見やすさを実現

 SMBC日興証券と三井住友銀行の口座連携サービス「バンク&トレード」がスタートした。口座の連携サービスは三井住友フィナンシャルグループ(SMFG)の一員となった早い時期から考えていたという。証券口座と銀行口座の連携はオンライン証券を中心にすでに行なわれているが、バンク&トレードは業界大手同士の連携。三井住友銀行にある普段使いの銀行口座と証券口座を連携させることで、「お客さまはより便利に両社の利用できるようになると思います。ただ、万が一にもトラブルがあっては困るので、システム開発には相当の時間をかけました」と、企画から携わった鈴木仁さん。

 バンク&トレードの特徴は大きくわけて3つある。

 まず「銀行・証券残高一覧」。SMBC日興証券と三井住友銀行の預かり資産残高の一覧を、オンライントレードの「日興イージートレード」上でリアルタイムに確認できる。「銀行・証券残高推移」は、SMBC日興証券と三井住友銀行の月末時点の預かり資産残高が最大13カ月分、日興イージートレードで一覧できる。一覧表として確認できるだけでなく、資産を分類別に円グラフ表示したり、商品別の預かり資産の月次推移を棒グラフで表すことができる。「即時入出金」は、日興イージートレード上の操作でSMBC日興証券と三井住友銀行の口座間の即時入出金が簡単にできる。

 このほかにも便利な機能はいろいろある(左ページのコラム参照)が、「バンク&トレードは銀行の機能に証券の幅広い取扱商品をオンしたような使い方ができます。これをきっかけに、証券会社との取引がなかったお客さまにも、投資積み立てや1万円から株式を購入できる『キンカブ』など少額から手軽に投資できることを知っていただきたいです」と鈴木さん。

 利用申し込みには3つのステップがある。

 ①三井住友銀行で口座を開設して、「SMBCダイレクト」を契約

 ②SMBC日興証券で証券総合口座の開設をして、日興イージートレードの利用を申し込む

 ③SMBCダイレクトからバンク&トレードを手続きする

 すでにSMBCダイレクトと日興イージートレードを利用しているなら、申し込んだその日からサービスを利用することができる。ぜひ試してみよう。

201212_MONEY ホットライン
(画像=ネットマネー)
201212_MONEY ホットライン
(画像=ネットマネー)
201212_MONEY ホットライン
(画像=ネットマネー)

投資のお悩みホットライン

①2年半ぶりの新商品は現在の治療スタイルにがっちりマッチ!【ライフネット生命】

 ライフネット生命保険が、2年半ぶりの新商品となる医療費負担連動タイプの医療保険「じぶんへの保険プラス(がん・先進医療保障付き)」を発売した。

 医療の現場では、入院日数が短期化する一方で、入院費用(1日当たりの自己負担費用)の高額化が進んでいる。ガンの治療も入院から通院へシフト中だ。そのため民間の医療保険で主流を占める「入院日数に連動して定額の給付金を支払う終身タイプの医療保険」では、医療の現状と給付内容が合っていないケースが出ているという。「じぶんへの保険プラス(がん・先進医療保障付き)」では公的医療保険における医療費の自己負担分に連動して給付金が支払われるため、自己負担費用の心配をせずに治療に専念できる。

201212_MONEY ホットライン
(画像=ネットマネー)

②店頭FX取引で取引量トップ!キャッシュバックを実施中【GMOクリック証券】

 世界のFXマーケットに関する調査を行なっているフォレックス・マグネイトが公表している、世界の店頭FX売買代金ランキング。GMOインターネットグループのGMOクリック証券の店頭FX取引の2012年上半期(1~6月)の売買代金が"世界第1位"を獲得した。

 これを記念して、ユーロ/円と豪ドル/円の原則固定の通常スプレッドを縮小した。ユーロ/円はこれまでの0・8銭から0・7銭に、豪ドル/円は1・2銭から1・0銭になり、より取引がしやすく。またほかの通貨ペアの原則固定スプレッドも十分に低く、たとえば米ドル/円は0・3銭、ユーロ/米ドルは0・6p ipsだ。

 なお12月28日までのキャンペーン期間中、新規FX口座を開設して条件を満たすと、もれなく5000円がキャッシュバックされる。

201212_MONEY ホットライン
(画像=ネットマネー)

③制度信用買方金利1・52%が魅力!!信用取引開始キャンペーン実施【むさし証券】

 業界最低水準の信用取引金利で話題のトレジャーネットは7周年を記念して、信用取引キャンペーンをスタート。期間中に新たに信用取引口座を開設すると最長2カ月間、新規・返済手数料の税込み相当額が最大10万円までキャッシュバックされる。

 さらに信用取引口座を開設した翌々月末に残高が1000万円以上だった場合、もれなく現金7000円がプレゼントされる。期間は2013年1月31日(木)信用口座開設分まで。

 また、信用口座を開設するために必要な印紙代4000円がキャッシュバックされる「信用取引印紙代サービス」も実施中。口座未開設ならチャンス!

201212_MONEY ホットライン
(画像=ネットマネー)