金曜の夜にぴったりのFX番組があるとの情報です

キャッシュバックなどのお得情報や最新サービスをいち早く紹介する「MONEY得得ホットライン」。 ドル/円が円安方向にトレンド転換してから始まったという運の強い番組「FXまるわかりナイト」を紹介。 リラックスしながらマーケットのことも勉強できるというその内容とは?

マーケットの見方は千差万別。さまざまな材料を視聴者に提供する

 FX初心者にも上級者にも役立つ為替の値動き解説、相場の見通し、FXの基礎知識などを伝える生放送の「FXまるわかりナイト」(日経CNBC/金曜日20時30分~)。西川靖志・日経CNBC経済解説委員長、高野やすのり・FXプライムチーフストラテジスト、柳澤浩・同チーフアナリストら為替の専門家によるわかりやすい解説が好評だ。「この材料をどう見ればいいのだろう……FXの経験を積めば積むほどわからないことがどんどん出てくるはず。そうした疑問に丁寧に答える番組を目指しています」と西川さん。週末の夜の放送ということもあり、経済や為替の話題を扱っていても堅苦しさはなく、むしろラジオ的な視聴者との双方向性を大切にした親しみやすい雰囲気を持つ。高野さんは「市場で今、何が起こっているのか、それが市場をどう動かしていくのか。私のディーラーとしての見方と、西川さんのジャーナリストとしての見方をぶつけ合うことで、視聴者の皆さんには『同じ材料でも、こういう見方があるのか』ということを知ってもらいたいです」と言う。

201304_MONEY ホットライン
(画像=ネットマネー)

ニュースは日々変転。次々と話題が変わっても30分で為替がわかる

 しかし、見方のぶつかり合いはしばしば論戦に発展し、話題がどんどん広がって……。視聴者の立場ではそこが面白いのだが、番組としては手綱を締める役割の人が必要。それが日経CNBCのキャスター・合田倫子さんだ。「自由にお話をされるお2人は時として暴走するので、それを短いコンパクトな時間に収める調整役を務めています。でも自由に話せる番組だからこそ飛び出す面白い話題がたくさんあって、私自身、毎回新鮮な驚きがあります」「FXのことはあまり詳しくない」という合田さん。「だからこそいい」と高野さん。「合田さんは仮想視聴者。合田さんにFXの魅力を知ってもらうことができれば視聴者の方にもFXの魅力が伝わると思うのです」(高野さん)

 番組はネットの「NIKKEI Channel〈Business〉」でも視聴できるので、ぜひ見てみよう。

201304_MONEY ホットライン
(画像=ネットマネー)
201304_MONEY ホットライン
(画像=ネットマネー)
201304_MONEY ホットライン
(画像=ネットマネー)
201304_MONEY ホットライン
(画像=ネットマネー)
201304_MONEY ホットライン
(画像=ネットマネー)

投資のお悩みホットライン

①外貨サービスが生まれ変わってパワーアップ!【外為どっとコム】

 外為どっとコムが、従来の店頭FX(外国為替証拠金取引)サービス「外貨ネクスト」の後継商品と位置づける新サービス「外貨ネクストネオ」をリリースした。「外貨ネクストネオ」のプラットフォームには、短期トレード対応を前提とした高速約定処理システムを導入。それを最大限に生かす各取引チャンネルのインターフェースには、好評だった「外貨ネクスト」の設計思想を生かしながら、より高度に洗練させたものを採用。パソコン向けリッチアプリ版、スマートフォン版など全5種が用意されている。

 スプレッド(売値と買値の差)についても、最小変動単位を従来の10分の1に変更。「米ドル/円」など対円通貨ペアでは0・1銭単位でのレート提示が可能となった。

201304_MONEY ホットライン
(画像=ネットマネー)

②大画面で見やすく、操作性がアップ!iPad用FXアプリ【岡三オンライン証券】

 岡三オンライン証券は店頭FX「岡三アクティブFX」に対応したiPad専用アプリ「岡三アクティブFX fo r   iPad」の提供を開始した。

 このアプリはiPadならではの大画面を最大限に生かしたFXトレーディングアプリで、ログインをしなくてもリアルタイムの為替レートやテクニカルチャートが見られる。またパソコン版に劣らない豊富な注文機能を備え、1タップで注文ができる最速のクイック注文によってスピーディーな取引を実現した。

 アプリは、アップルが運営する公式アプリ販売サイト「App Store」から無料で簡単にダウンロードできる。

201304_MONEY ホットライン
(画像=ネットマネー)

③世界ナンバーワンの保険ブランドを活用した新社名に変更! 【ネクスティア生命】

 日本初のインターネット専業生保としてパイオニアの存在だったネクスティア生命が5月14日、社名を「アクサダイレクト生命」に変更して生まれ変わる。

 ネット生保業界は、新規参入やダイレクトビジネスの拡大にともなって、競争が激しくなりつつある。とくにネットを通じての直販に関しては、今後もっとも成長が見込める分野だ。

 そこで、世界ナンバーワンの保険ブランドである「AXA」の冠をほどこした社名に変更して、ブランド認知を拡大させようというのが狙いだ。

 現在、発表を記念した「アクサダイレクト生命 514キャンペーン」を実施中。オ得情報を要チェック!

201304_MONEY ホットライン
(画像=ネットマネー)