マーケットが春場所に入り、活況との情報です

キャッシュバックなどのお得情報やネット上の最新サービスをいち早く紹介する「MONEY得得ホットライン」。 今回は、3月20日に両国国技館で行なわれた投信のビッグイベントを紹介。 ネット証券4社が結集して開いたイベントに個人投資家の反応は?

4社合同で、個人投資家約5000人が参加する投資イベントを開催

 桜のつぼみがほころぶ3月20日、東京・両国国技館で5000人もの個人投資家を集めてイベントが開かれた。「ネットで投信フォーラム in Tokyo」。SBI証券、カブドットコム証券、マネックス証券、楽天証券の4社による「資産倍増プロジェクト」の一環として開催された。最近の株価上昇を受けて祝日でも、朝10時の開演前から長蛇の列ができる盛況ぶりで、関心の高さをうかがわせた。

 冒頭には4社の社長が登場。1999年のネット証券参入以来、手数料引き下げや情報提供の拡充で個人投資家の投資環境がよくなり、今や個人の株取引の90%以上がネット経由だが、投信ではまだ少数派。その割合を高めるべく、普及活動や規制緩和に向けた提案を行なっているが、相場好転でネット経由の投信販売も急増しているそうだ。

201306_MONEY ホットライン
(画像=ネットマネー)
201306_MONEY ホットライン
(画像=ネットマネー)

来年導入の日本版ISA。非課税枠を活用して、効率的な運用が可能に

 パネルディスカッション「激論! 投資信託 春場所」では、4社からスペシャリストが登場し、日経平均株価の年末予想や投信の注目テーマ、今後の投資スタンスなどについて激論を戦わせた。なかでも大きな話題となったのが、来年1月より導入される「日本版ISA(少額投資非課税制度)」。その年間100万円の非課税枠を上手に使う投信の商品開発や活用法のアドバイスなどで、証券業界としても力を入れていくという。

 このほか、伊藤元重・東京大学教授のゲスト講演や投信運用会社のプレゼンテーションなどのプログラムが順次進み、最後に登場したのが、産業競争力会議のメンバーでもある竹中平蔵・慶應義塾大学教授。アベノミクスを高く評価したうえで、常識にとらわれない自由な発想と「鳥の目(俯ふ瞰かん)で見ること」により、「日本の景色を変えるような成長戦略を打ち出せば、再生は十分可能」と熱く語った。

 締めは、4社の社長や協賛各社の関係者が登壇。資産倍増を願って参加者全員での三本締めで閉幕した。トータル7時間の長丁場だったが、最後まで熱心に聴き入る人の姿も多く、別会場の協賛各社ブースも大盛況。個人投資家の熱気とパワーが満ちあふれていた。

201306_MONEY ホットライン
(画像=ネットマネー)
201306_MONEY ホットライン
(画像=ネットマネー)
201306_MONEY ホットライン
(画像=ネットマネー)
201306_MONEY ホットライン
(画像=ネットマネー)

投資のお悩みホットライン

①信用取引を始めるチャンス!「トレジャーネット」【むさし証券】

 むさし証券の「トレジャーネット」では、「信用取引Wキャンペーン」を実施中。

 1つ目は信用口座の開設で、開設の翌月までの信用取引手数料が最大10万円までキャッシュバックされる。一番のウリは業界最低水準の信用金利。制度信用買い方金利は1・52%と低く、手数料のキャッシュバックを利用すれば取引コストはさらに軽減される。

 2つ目は、株式移管入庫による現金プレゼント。キャンペーン期間中の移管入庫合計額(入庫時の時価)から移管出庫合計額(キャンペーン終了時の時価)を引いた増加額により現金をプレゼント。最大で1万円がもらえる。キャンペーンは6月28日まで。

201306_MONEY ホットライン
(画像=ネットマネー)

②新規の方限定キャンペーン連発!今すぐ口座開設しよう!【じぶん銀行】

 KDDIと三菱東京UFJ銀行が設立したネット専業銀行のじぶん銀行。現在新規口座開設者に「デビュー応援プログラム」を実施中。

 特に注目したいのが円定期預金の金利。いまなら、預入期間3カ月の定期預金の金利が「通常金利+年0・25%(税引前)」。4月21日現在の通常金利は年0・25%なので、金利はなんと年0・5%。この低金利の時代に、嬉しい金利だ。

 スマホと運転免許証があれば、本人確認書類の郵送が不要で口座開設も簡単!

 さらに、今なら給与振込など条件を満たせば、もれなく5千円がもらえるキャンペーンも実施中。他にもお得な特典があるので今すぐ口座開設を!

201306_MONEY ホットライン
(画像=ネットマネー)

③アセアン株の取引手数料が全額キャッシュバック!【楽天証券】

 中国をはじめ、インドネシアやベトナム、タイなど成長が著しいアジア諸国。

 楽天証券では新規口座開設した個人投資家に限定して、アセアン株の「初日の手数料が全額キャッシュバックされるキャンペーン」を実施中。

 対象となる株式はインドネシア、タイ、マレーシア、シンガポール、シンガポールETF(上場投信)の5つ。取引回数にかかわらず、取引初日の手数料は全額キャッシュバックされる。

 楽天証券のアセアン株の取扱総数は260超。アジアの成長をダイレクトに受ける株式に投資しつつ、手数料が戻ってくるなんてオイシイことはそれほどないので要チェック!

201306_MONEY ホットライン
(画像=ネットマネー)