プロミスのカードローンサービスを利用する際に、在籍確認は必ず行われるのでしょうか。在籍確認があることで、カードローンを利用していることが、職場で知られてしまわないか不安に感じている人もいるでしょう。

この記事では、在籍確認の流れや対処方法のほか、会社にバレることはないのか、などを解説します。プロミスのカードローンを安心して利用するためにも、在籍確認について詳しく理解しておきましょう。

在籍確認とは

プロミス,在籍,確認
(画像=PIXTA)

一度もカードローンを利用したことがない人は、「在籍確認」がどのようなものか分からず、不安に思うかもしれません。

プロミスでカードローンを申し込む場合、インターネット、電話、自動契約機(無人契約機)などから申請できますが、すべてのケースで融資審査が行われます。融資審査では、申込書に記載された個人情報や勤務先の情報を精査し、個人信用情報機関に過去の滞納履歴などの事故情報を確認するなど、融資を行った場合にきちんと返済されるかどうかを調べています。

そのなかで、申請者の収入元である勤務先に間違いなく本人が在籍しているかどうかについて、電話などの方法で確認するのが「在籍確認」です。

在籍確認で職場の人にバレてしまう?

在籍確認の電話を受けるにあたって一番気になるのが、「職場の人にカードローンの利用がバレるかもしれない」という点ではないでしょうか。

しかし、在籍確認の際にカードローンの利用がバレる可能性はほとんどありません。在籍確認の電話は申請者が在籍しているかどうかさえ確認できれば問題ないため、非常にシンプルな内容で行われるからです。

電話は非通知でかかってくるため、どこからかかってきたかも分からず、かけ直される心配もありません。また、担当者は個人名を名乗るので、プロミスから電話があったことはまず分からないでしょう。

例えば、本人が在籍確認の電話を取った場合、以下のようなやりとりになります。

プロミス担当者
「こちら▲▲(個人名)と申しますが、〇〇様(申込者)はいらっしゃいますでしょうか?」

申込者
「〇〇は私です」

プロミス担当者
「ご本人さまでしたか。このたびは、当社にお申し込みいただきありがとうございました。それではこれにてお勤め先の確認を終了いたします。担当の▲▲がお伝えしました」

このように、スムーズにいけば1分もかからずに確認は終わります。

在籍確認をしないことは可能なのか

それでも、どうしても不安な場合、在籍確認をしなくて済む方法はあるのでしょうか?

プロミスの審査では、基本的には電話による確認が必要です。しかし審査内容に問題ない場合であれば、代替案として収入や勤務先が分かる在籍証明による確認方法を提示してくれます。

ただしそれまでの審査内容によって、こうした方法が可能かどうか判断されるので、必ずしも全員が電話による在籍確認が不要になるわけではありません。

消費者金融を初めて利用する場合は、在先確認が不要になる可能性が高いので、プロミスの担当者に在籍確認なしで融資が受けられるかどうかの相談をしてみましょう。難しい場合でも、電話確認をしてもらう時間帯を相談することは可能です。できるだけ自分が出られる時間を指定するのもおすすめです。

在籍確認をする理由

カードローン会社が、利用者の在籍確認をする理由は、主に以下の2点です。

・申告した勤務先に申請者が本当に所属しているか
・実際に働いて、安定した収入を得ているのか

電話による在籍確認をすることで、申込時にうそをついていないかを確認できます。在籍確認は、審査の材料というわけではなく、あくまで申請内容の裏付けです。審査自体は個人情報や信用情報をもとに、総合的に行われています。

在籍確認をするまでの流れ

プロミスの在籍確認は基本的に、審査の最終段階で行われます。流れは以下のとおりです。

申し込み⇒申し込み確認⇒スコアリング審査⇒在籍確認

最初に、申込者の返済能力を確認する「スコアリング」という審査が行われます。融資可能と判断されると、最終確認として申込時に申告した職場に電話をして、在籍確認を行います。

この流れは、インターネット、電話、自動契約機(無人契約機)のどの申し込み方法でも同じです。

プロミスの即時在籍確認方法

カードローンの申し込みをしたとき、即時審査で在籍確認を受ける際の対応方法を紹介します。

・店頭か自動契約機の場合

店頭や自動契約機で申し込んだときには、申込者本人がその場にいるため、在籍確認の電話に本人が出ることはできません。このような場合、申込者が間違いなくその会社に在籍していることを、同僚や上司が証明してくれれば問題ありません。

つまり、電話に出た同僚や上司が、「(申込者は)本日は出社しておりません」「現在は外出中です」と答えてくれれば、在籍確認は成立したことになるのです。

・土日の場合

本人でなくてもほかの社員の対応で申込者が在籍していることを確認できれば問題ありません。ただし、土日にだれも出勤していない場合は翌営業日まで確認できないことになります。土日に在籍確認ができなければ、当日中に審査を終えることができないので注意が必要です。

在籍確認に備える

プロミスの在籍確認では社名を名乗ることがないため、普通ならばお金を借りたことがバレることはありません。しかし、職場に詮索好きな人がいる場合、「さっきの電話は誰から?」などとしつこく聞かれれば、何も答えないわけにもいかないでしょう。

そのようなときの上手な対処方法を挙げておきます。

・「クレジットカードを申し込んだ」と言う

クレジットカードを申し込むときにも、カードローンと同様の在籍確認が行われます。そこで、「新しいクレジットカードを申し込んだ」と言っておけば、違和感なく納得してもらうことができます。

ほかにもさまざまな理由付けはできますが、不自然な理由を答えると変に疑われることになり面倒です。どうしてもごまかしたい場合は、自然に答えられるものを事前に準備しておくことがおすすめです。

在籍確認で審査通過しないことがある?

上述したように、在籍確認は審査の最終段階で行われます。プロミスの基準では、在籍確認をクリアできれば審査に落ちるようなことはまずありません。しかし、在籍確認の際に以下のようなことがあると審査に落ちてしまうので注意が必要です。

・在籍確認ができなかった

在籍確認も審査の一つであるため、クリアできなかった場合は審査に落ちてしまうことになります。

在籍確認ができないケースとして、「申込時に記入した職場の電話番号や住所が間違っていた」「誰も電話に出ない」「電話に出た人が申込者のことを知らない」などがあります。電話は一度だけでなく、時間帯を変更するなどして何度かかけてくれますが、それでも在籍確認ができなかったときには審査落ちとなってしまいます。

・職場の人が「いません」と答えた

職場にかかってきた電話に新人が出ると、席を外したり、外出したりしていることを「いません」と短縮して答えてしまう場合があります。この答えをプロミスの担当者が「在籍していない」と勘違いしてしまうと、審査落ちになる可能性があります。

・申し込み情報にうそや誤りがある

審査の最終段階には、在籍確認とあわせて申込時の情報と提出書類の内容に間違いがないかも確認されます。そのため、提出した申請書の内容と「本人確認書類」や「収入証明」の内容が異なると、在籍確認まで進んでも審査に落ちてしまうことがあります。

こんなときにも在籍確認は必要?

在籍確認は、申請した職場に在籍しているかどうかを確認するものです。これは、状況が変わったときにも必要になるのでしょうか。必要になりそうなケースを紹介します。

・転職したとき

転職をしたときには、プロミスに転職先を申告する必要はあるものの、あらためて在籍確認を受ける必要はありません。最初の申請の際に在籍確認が済んでいれば、その後の借り入れについては在籍確認なしでそのままプロミスを利用することができます。給与支払い時期の変更や収入に大きな変更があって、返済などに影響がでる場合は早めに相談しましょう。

・増額申請するとき

増額の際は、在籍確認なしで利用できます。原則、在籍確認が行われるのは初回借入時のみとなっています。ただし、おまとめローンなどで大口融資になる場合は、再度在籍確認が行われるケースもあるようです。増額審査では、他社の返済も含めて延滞がないかどうかや、総量規制の範囲に収まっているかどうかという点がチェックされます。

審査における在籍確認の重要性

カードローンの審査において、在籍確認はかなり重要なウエイトを占めています。ほかの条件がしっかり整っていても、最終的に在籍確認ができないと審査に落ちてしまうのです。

先にも説明したとおり、外部からの電話に勤務先がスムーズに対応してくれるかどうかも重要です。アルバイトや新人の電話対応に不安がある場合は、自分が在籍しているタイミングを指定して在籍確認をしてもらうようにお願いするとよいでしょう。

在籍確認の電話がくることに不安がある人は、あらかじめ電話で相談しておくことで、別の在籍確認方法を提案してもらえるかもしれません。

安心して在籍確認に臨めるよう、準備を万端にしておきましょう。