年間40万円までの制限内で売買益が非課税になるつみたてNISAは、初心者が手軽に投資を始めるのに最適な制度です。節約貯蓄をする感覚の100円から投資にチャレンジできるマネックス証券で、つみたてNISAをスタートしてはいかがでしょうか?

はじめて投資するならつみたてNISAで

積立NISA,マネックス
(画像=PIXTA)

2019年6月に金融庁が出した報告書をきっかけに、公的年金だけでは老後資金が2000万円ほど足りないという話題が大きな波紋を生みました。

金融広報中央委員会が2019年に行った調査によると、50代の貯蓄額の中央値は約1000万円という結果が出ています。年金を受け取るまであと約20年に迫った50代の貯蓄が必要額の半分であることを踏まえると、引退までに2000万円を貯蓄するのはとても厳しいことのようです。

そこで新たに、投資を考えるようになった人が増加しています。日本政府も数年前から、日本の投資人口を増やすべくさまざまな制度を整備してきました。その一つが今回紹介する「つみたてNISA」です。

つみたてNISAとは、金融庁が指定する投資信託に一定額を定期的に積み立て投資する制度です。メリットとして、投資したときの売買益に対する20.315%の税金が非課税になることが挙げられます。

最初にNISAとつみたてNISAの違いを確認

NISAは投資の売買益にかかる税金が非課税となる制度ですが、一般NISAとつみたてNISAという2種類があります。どちらかの制度を選んで利用することになるので、それぞれの制度の特徴をきちんと把握して自分に合うものを選びましょう。

・NISA

NISA口座は、年間120万円までの範囲で国内株式、海外株式、投資信託を自由に売買できる制度で、日本に住む20歳以上であれば利用できます。現在、2023年まで開設できることになっています。手続きを行えば延長はできますが、NISAで購入した投資商品は5年以内に売却しなければ非課税になりません。

・つみたてNISA

つみたてNISAは、毎年40万円を上限とした定期的な積立投資を支援するための非課税制度です。金融庁が指定する173本の投資信託と7本のETFから投資先を選ぶことができます(2020年4月17日時点)。保有期間は購入後最長20年で、その間に売却した場合、利益が非課税となります。現時点では2037年までの制度とされており、同年に購入した投資信託は20年後の2056年まで保有できます。

つみたてNISAを始める証券会社をどう選ぶか

つみたてNISA口座は、一度開設してしまうと年単位でしか変更することができません。さらに一度でもNISA枠を使用した年は10月以降しか変更手続きができないという条件もあります。また、金融機関を変更するときには、現在NISA口座を持っている金融機関からの「勘定廃止通知書」か「非課税口座廃止通知書」の取得が必要です。ほかにも、他の金融機関で買い付けた商品の移管ができないなど、注意すべきルールがあるのでしっかりとチェックしましょう。

つみたてNISA口座を開く証券会社は自分に合うところをしっかりとリサーチすることが大切です。今回紹介するマネックス証券は、140本以上の豊富な商品をラインナップ。投資初心者でも手軽に投資を始められるさまざまなサポートがそろっています。

マネックス証券のつみたてNISAは購入手数料が無料

つみたてNISAは、投資初心者でも安心して投資が行えるように対象商品もしっかりと選別されています。特に何年もかけて継続することが大切なため、毎回の売買にかかる手数料もばかにはできません。

マネックス証券では、つみたてNISA口座で購入できる商品をはじめ、1180本以上のファンドの投資信託がすべてノーロード(購入手数料無料)で購入できます。さらに、銀行などの金融機関からの引き落としや定期自動入金の手数料も無料です。投資信託の売買にまつわる手数料がかからないため、つみたてNISAを気軽に始めることができます。

>>マネックス証券のつみたてNISAはこちら

月ごとだけでなく毎日の積み立ても可能

マネックス証券のつみたてNISA口座では、2020年秋から「毎日つみたて」サービスを利用できるようになります。

例えば、日経平均株価は数百円動くのが一般的ですが、1日で1000円プラスになったりマイナスになったりすることもあります。積立頻度が毎月の場合、買い付け日が高い日になると投資信託の買い付け数量が減少してしまいます。逆に、たまたま安い日にあたれば数多く買い付けできます。そこで、「毎日つみたて」を選ぶことで毎月積み立てるよりもきめ細かく時間分散ができ、ギャンブル的な要素を減らすことができるのです。

マネックス証券の「毎日つみたて」では、1日当たりの積立額を設定する「日額」指定(例:毎日300円ずつ積み立てる)と、ひと月当たりの積立額を設定する「月額」指定(例:1ヵ月の合計が3万円になるように毎日積み立てる)の2パターンの設定が行えます。

積み立て最低金額は100円からと手軽

つみたてNISAで年間積み立てできる40万円を月単位で割り算すると、3万3333円になります。しかし、いきなりそんな金額を投資するのはちょっと不安という場合でも、マネックス証券のつみたてNISA口座なら最低積立金額100円からスタートできます。

毎月の積立額を100円や500円などの手軽な価格で設定できるほか、毎日つみたてで毎営業日100円を積み立てるといった設定も可能です。毎日オフィスで飲んでいるコーヒーをやめて家からマグボトルで持って行き、その分を積み立てするというような節約つみたてNISAから始めることもできます。

150以上の投資信託から選んで購入できる

マネックス証券のつみたてNISAでは、金融庁が指定するインデックス投資信託156本とアクティブ投資信託18本、ETF7本の計181本のうち152本を購入できます(2020年4月17日時点)。とはいえ、年間40万円までしかないつみたてNISAの枠ですべてに投資することはできません。152本の投資商品にはそれぞれに特徴があり、内容を理解して自分に合ったものを選びましょう。

つみたてNISAの大半はインデックス投資信託であり、同じ指数に連動する投資信託がいくつもあります。その中からどの商品を選ぶかを判断するのは初心者にはハードルが高いものです。

そこで、まずチェックしておきたいのが、投資信託の運用にかかるさまざまな費用が反映された信託手数料です。この手数料は積み立てしている間、永続的にかかるコストになるため、少しでも安いものを選ぶことをおすすめします。ほかにも、数年以上の運用実績があるかどうかでその投資信託の信頼性を見極めたり、純資産の総額が安定的に増えているかどうかを確認したりすることも大切です。

>>マネックス証券のつみたてNISAはこちら

「つみたてNISA」で買いたいマネックス証券の投資信託

投資信託を選ぶにあたっては、投資先と信託報酬(運用手数料)をしっかり検討することが大切になります。その理由は、何年も継続して購入することで、日を追うごとに積み重なるコストとなるからです。また、少なからずリスクのある投資商品を選ぶことになるため、何よりバランスを意識する必要があります。

日本円の収入があり、それを貯蓄しているという状況でバランスを取るという意味では、世界への投資が有効です。例えば、複数のETF(指数連動型上場投資信託)を組み合わせて全世界の株式市場の値動きの連動を目指す「SBI・全世界株式インデックス・ファンド(愛称:雪だるま(全世界株式))」(SBIアセットマネジメント)などがあります。

また、すでに日本株や投資信託への投資を行っている場合は、日本を除いた先進国と新興国の中小型株で構成される株式の指数、MSCIオール・カントリー・ワールド・インデックス(除く日本、円ベース)に連動する「eMAXIS Slim先進国株式インデックス」(三菱UFJ国際投信)などの投資信託もおすすめです。

投資初挑戦でもツールが資産設計をアドバイス

マネックス証券の独自ツール「MONEX VISION(マネックス ビジョン)」は、最新の金融工学理論を駆使して資産設計をサポートしてくれます。生涯収支シミュレーションという項目では、現在の資産総額を保有し続けた場合に、100歳までの収支と資産額のリターンがどのようになるかを予測します。

・最新の資産状況をいつでもチェック

画面左上の円グラフには、保有資産を「国内株式」「国内債券」「REIT」など全11種類の資産クラスに自動分類表示。投資信託の運用内容も分解してカテゴリー分けされるので、自分の資産がどの商品に偏っているかを明確に把握することができます。

・資産運用の目標ごとに診断とアドバイス

MONEX VISIONでは、リスク・リターンの度合いに応じて「安定型」「やや安定型」「バランス型」「やや積極型」「積極型」といった、5つのタイプに合ったポートフォリオが用意されています。目標ポートフォリオを変更すると、現在の資産状況と比較し、目標に近づくためにどうしたらよいかというアドバイスが確認できます。

マネックス証券でNISA口座を開設する方法

マネックス証券でつみたてNISAを始めるにあたり、「証券総合口座」を開設していない場合、あわせて開設しなければなりません。それと同時に、専用口座の「つみたてNISA口座」を開設する必要があるので注意が必要です。

公式Webサイトから申し込むことで、オンラインか郵送で開設できます。オンライン口座の場合は最短で翌日には総合口座の開設ができるなど、スピーディに始めることができます。

この機会に、マネックス証券でのNISA口座開設を検討してみてはいかがでしょうか?

>>マネックス証券のつみたてNISAはこちら