福岡県を中心に、九州で合計170店を展開する福岡銀行は地域に根ざした銀行で、手軽に多目的の融資ができるカードローン事業も展開しています。Web完結で申し込みやすいカードローンサービスで、1週間ほどで融資が受けられますが、申し込んだ翌週には融資が受けられるのでしょうか。

この記事では、福岡銀行カードローンの融資を翌週に受けたい人に向けて、主に土日の審査に関する注意点を詳しく解説していきます。

福岡銀行カードローンの審査は基本7日

福岡,ローン,土日
(画像=PIXTA)

福岡銀行カードローンは、審査から振込まで、どのくらいかかるのでしょうか。

公式サイトの説明によれば、もともと福岡銀行の普通預金口座とキャッシュカードを持っていて、Web完結方式で申し込んだ場合、申込後約1週間〜10日で融資希望額が口座に振り込まれるようです。

Web完結方式で申し込んだ場合、原則として7日程度で審査が完了します。その後、契約内容確認を電話で行い、翌営業日に指定金額が振り込まれます。ただし、審査の状況次第では、3週間ほどかかる場合もあるようです。

・営業日の意味するものは?

営業日という言葉が金融機関ではよく使われています。基本的に年末年始以外の平日が営業日に当たります。

・土日は営業日に含まれない

電話確認が木曜日に完了した場合、金曜日に振り込まれるので問題ありません。しかし、金曜日に完了した場合、翌日は土曜、翌々日は日曜なので、翌営業日は月曜となります。

申し込みのタイミングによっては、必ずしも翌週の融資に間に合うわけではなく、翌々週の融資になる場合もあるということです。

福岡銀行カードローンで翌週に融資を受けるには?

確実に翌週に融資を受けたい事情があるのなら、できるだけ週の早いうちに申し込むのが賢明です。遅くとも木曜日に申し込めば、1週間後の木曜日に電話確認が完了し、金曜日には振込が完了する可能性が高くなります。

金曜日の申し込みだと、翌週の金曜日に電話確認が完了しても、融資金の振込はさらに週をまたいでしまいます。

審査期間は、原則として7日程度なので、数日ズレ込む可能性もあります。そう考えると、月曜日に申し込むことが翌週に融資を受ける最も確実なタイミングだと言えるでしょう。月曜日の申し込みなら、10日後の契約内容確認でも木曜日なので、金曜日の振込が望めます。ただし、金曜日が祝日の場合、振込はその翌週になってしまいます。

審査に10日以上かかってしまう場合は諦めざるを得ませんが、特に問題ない場合は月曜日に申し込めば、翌週融資はほぼ確実でしょう。

次は、翌週に確実に融資を受けるために、審査をスムーズに進める条件や注意点を解説していきます。

信用情報の履歴に注意!

すべての金融機関は、必ず申込者の信用情報を照会しています。信用情報機関にマイナスの情報が記録されていると、審査通過が厳しくなります。

保証会社の些細な履歴も影響

福岡銀行と提携している保証会社は、SMBCコンシューマーファイナンスです。この会社は多くの金融機関の保証業務を行っています。

SMBCコンシューマーファイナンスが保証業務をしている金融機関で、過去に借り入れをしている人もいるでしょう。そこで返済の遅れがあった場合、たとえ軽微なものでも情報が共有されてしまうおそれがあるので注意しましょう。

他社借入件数および総額を減らすべし

カードローン審査において、他の金融機関での借入件数や借入総額は重視されるので要注意です。具体的には、すでに他社で3件を超える借り入れがあると、審査通過は非常に厳しくなります。

申し込みの前に現在の借り入れを整理する方法を考えましょう。おまとめローンなどで件数を減らす方法もあります。また借入総額が年収の3分の1を超えていると、消費者金融においては総量規制の対象になります。銀行は総量規制の適用外ですが、最近では銀行内で自主的に規制ラインを設けている場合も多いようです。

複数社への同時申し込みは逆にリスキー

お金に困るとついやってしまいがちなのが、複数のカードローンへの同時申し込みです。

複数の同時申し込みは、信用情報を照会すれば直ちに判明します。その場合、審査はかなり厳しくなります。他社の審査が通ったら借入枠の総額が大きく膨らむので、総量規制を受けない福岡銀行でも、より慎重にならざるを得ず、審査に通りにくくなると考えられます。

申告情報の虚偽記載は絶対に避けよう

カードローンを申し込む際に、年収を高く見せようと実際よりも多めに申告してしまうことがあるようです。

金融機関の過去における膨大な審査資料は、すべてデーターベース化されています。よって、勤務先と年齢から、おおよその年収が想定されます。違和感のある年収額を入力するとシステムがアラートを出すのです。

この時点で審査担当者が厳しくチェックします。所得証明書類の提出を求められ、申告どおりの年収かどうか明らかにされます。

意外に多いのが、他社借り入れの申告漏れです。特に複数社の借り入れがある場合に起こりがちです。他社の借入状況は、信用情報を照会すればすべて判明します。

うっかりした間違いや勘違いでも、虚偽申告していたのではないかと受け取られて、審査にマイナスになりかねないので注意しましょう。

在籍確認がスムーズにいくよう配慮

多くの人にとって気になるのが、金融機関から職場にかかってくる在籍確認の電話でしょう。福岡銀行カードローンは、在籍確認が必ずあるわけではありません。ただし勤務先か自宅に電話をかけて、申し込みの事実の確認をする場合があるようです。

必ずしも在籍確認が省略されるわけではありません。在籍確認は基本的に行われると考えておくべきです。その際にスムーズに確認が取れるように、出張や外回りで電話に出られない場合があることなどを伝えておきましょう。万一電話がかかったときに不在でも、安心です。

もちろん、電話に出た人が「〇〇はただ今営業に出ております」などと言えば、在籍は確認できるので問題はありません。それでも本人が電話に出るのが最も確実です。そうでない場合でも不信感を抱かせないような配慮をしておくに越したことはないでしょう。

福岡銀行カードローンの審査の流れとは?

福岡銀行カードローンの審査は普通預金口座の有無で変わります。それぞれの場合の流れを紹介しておきましょう。

・口座がある場合

STEP1:公式サイトの福岡銀行カードローンのページの、「福岡銀行口座あり/お申し込みはこちら」ボタンから申込フォームに入り、必要事項を入力して送信

STEP2:必要書類提出の案内が原則、ショートメールで届く

STEP3:必要書類のアップロード

STEP4:電話での契約内容の確認

STEP5:融資ならびにカードの発行

・口座がない場合

公式サイトの福岡銀行カードローンのページにて、「福岡銀行口座なし/お申し込みはこちら」ボタンから申込フォームに入り、必要事項を入力して送信

STEP1:必要書類提出の案内が原則、ショートメールで届く

STEP2:必要書類のアップロード

STEP3:電話または郵送による審査結果の通知

STEP4:郵送による契約書への自著サインと捺印

STEP5:電話での契約内容の確認

STEP6:融資ならびにカードの発行

ローンカードは契約完了後から2~3週間程度で到着し、その後はATMで現金を引き出せます。

・まずはWeb借入診断で仮診断を!

福岡銀行のカードローンを検討する場合、「簡単お借入診断」が可能です。年齢・年収・他社借入金額・他社借入件数の4項目を入力するだけで、簡単に融資可能かどうかの仮診断を行うことができます。

Web診断でOKが出れば、以下の基本条件なども確認したうえで福岡銀行カードローンに申し込んでみてはいかがでしょうか。

基本条件:

●申込時点で20歳〜69歳で、収入がある人
●保証会社の保証が受けられる人
●居住地あるいは勤務先が九州か山口県、または福岡銀行の普通預金口座を持っている人

※アルバイトやパート、年金収入のみでも利用可能 
※自分が返せるだけの金額を借りることが大事です

ポイントを押さえて翌週に融資を受けよう

福岡銀行カードローンで翌週に融資を受けたい場合のポイントを解説しました。まずは申し込みのタイミングが大切です。遅くとも木曜日にはWebで申し込み、審査でマイナスになりそうな要素は整理しておきましょう。さらに在籍確認の電話への配慮などポイントを押さえて、希望どおりに融資を受けられるようにしましょう。