数あるカードローンの中でも、オリックス銀行カードローンは銀行系ローンであるがゆえに審査が厳しいローンだといわれています。オリックス銀行カードローンを利用したい人は、審査の基準などをしっかりと把握しておくとよいでしょう。

今回は、オリックス銀行カードローンの審査基準や審査に通るためのポイントを解説します。

オリックス銀行カードローンの審査基準は厳しい

オリックス,ローン,審査
(画像=PIXTA)

銀行系ローンの審査が厳しいのは、2018年1月から審査の厳格化が図られたためです。

審査が厳格化された理由は、銀行系ローンが反社会的勢力に対する資金源になっている可能性があったからです。対策として、カードローンの審査時に申請者が暴力団関係者などの反社会勢力に該当していないか、警察庁のデータベースで確認するプロセスが追加されました。

それまでは申し込み、審査、融資という3つのプロセスによって融資が行われていましたが、2018年以降は申し込み、審査、警察庁への照会(反社チェック)、融資という4つのプロセスに変更されました。

この変更によって、警察庁が保有する反社会的勢力のデータベースで申込者の情報を照会することになったため、これまで以上に審査基準が厳しくなったと言えるでしょう。

銀行系ローンはノンバンクより審査が厳しい

2018年より、銀行系ローンは審査が厳格化したことで即日融資ができなくなりました。

一方で、ノンバンクの審査基準には変更がなく、ノンバンクは即日融資可能、銀行系ローンは翌日以降の融資、と二分されることになりました。

銀行系ローンの特徴は、銀行法が適用されるため、「総量規制」の対象から外れていることです。総量規制とは、過度な借り入れから消費者を守るために、貸金業法によって年収の3分の1を超える貸し付けを原則禁止する規制です。

例えば年収が400万円の申込者の場合、借入可能金額は3分の1の約133万円になります。複数の消費者金融の合計額になるので、総量規制以上の金額を借り入れるのは難しいと言えます。

銀行系ローンは総量規制の対象外ではあるものの、銀行法によってノンバンクに比べ審査が厳しいので、借り入れが多い人は注意が必要です。

・銀行系ローンとは?

銀行系ローンとは、文字どおり銀行が提供するローンのことです。銀行には都市銀行(メガバンク)や地方銀行、ネット銀行などがありますが、どの銀行でもカードローンを提供しています。銀行系ローンの中には信用金庫や信用組合といった預金機能がある金融機関も含まれています。

銀行では住宅ローンやマイカーローン、学資ローンといった目的別の融資を取り扱っていますが、用途を問わないローンとしてカードローンを提供しています。銀行系カードローンは総量規制の対象外のため、総量規制に該当している人や専業主婦なども利用しています。また、銀行系ローンはノンバンクに比べると低金利であることも特徴です。

・ノンバンク系ローンとは?

ノンバンクとは、銀行以外の事業者が提供するローンのことで、消費者金融や信販会社などが該当します。ノンバンクには貸金業法が適用され、総量規制の対象となっています。

ノンバンク系ローンは総量規制が適用されていることに加えて、銀行系ローンよりも金利が高めですが、即日融資が可能なので、すぐに資金を調達する必要がある場合に便利でしょう。

申し込み条件をクリアしているか確認する

オリックス銀行カードローンには申し込み条件があります。まずは条件をクリアしているか確認しておきましょう。

<オリックス銀行カードローンの申し込み条件>
・満20歳以上69歳未満
・原則として、毎月安定した収入を有する(専業主婦は除く)
・日本国内の在住者(外国籍の場合は、永住者か特別永住者)
・オリックス・クレジット株式会社もしくは新生フィナンシャル株式会社の保証対象である

返済能力の有無

オリックス銀行カードローンの審査におけるポイントは「返済能力の有無」です。

オリックス銀行に限らず、多くの金融機関は返済能力の有無で融資の可否を判断します。これは返済能力のない人に融資して貸したお金が返ってこなくなる「貸し倒れ」を防ぐためです。オリックス銀行カードローンを利用する場合も、返済能力の有無が重要な審査基準の一つだと言えます。

返済能力を審査する基準は、一般的に「職業・雇用形態」と「年収」です。申し込み条件にも「原則、安定した収入のあること」と記載されていますが、安定した収入とは、基本的には給与所得によって毎月の収入が確保されていることを意味しています。正社員や派遣社員、パート社員など毎月の給料が見込める職種は安定収入があるとみなされます。またアルバイトでも勤続1年以上など一定期間の収入があれば、安定収入があるとみなされる場合があります。

総量規制に該当していないかを確認する

オリックス銀行カードローンは銀行系ローンなので、総量規制の根拠となる貸金業法は適用されません。しかし、申込者がどれだけ他社でローンを組んでいるかは審査結果に影響します。特に銀行系ローンでは、ノンバンクで総量規制の限度額まで借り入れている人が、総量規制の適用がないことを理由にローンを申し込む場合があります。

このような申込者は多重債務者となって返済が滞るリスクがあることから、オリックス銀行カードローンだけでなく、ほかのローンでも慎重に審査されます。

審査では、信用保証会社が他社でローンを組んでいるか、返済遅延などの金融事故を起こした経験がないかを調査します。ノンバンク系のカードローンを利用している場合、総量規制に該当していないかどうかを確認しておきましょう。

オリックス銀行カードローンの利用の流れ

オリックス銀行カードローンは、Webでの申し込みに対応しているので、24時間いつでも申し込むことが可能です。ここでは、申し込みの流れを紹介します。

・申し込みフォームへの入力

オリックス銀行の公式サイトから「カードローン」を選択し、「お申し込み」フォームへ進みます。次の画面で「個人情報の取扱いに関する規定」などの内容に同意したうえで、「申し込む」をクリックします。「お客様情報について」「ご勤務先について」「お申し込み内容について」を入力し、最後に「入力情報のご確認」で問題がなければ申し込みを行います。

ここまで行うと、登録したメールアドレス宛てに「メールアドレス確認用URL」が届きます。このURLをクリックすれば、仮審査の申し込みが完了です。

・ローン審査の開始と在籍確認・本人確認

申し込み後、審査が行われ、申込者の勤務先に在籍確認の電話が入ります。審査に通り、在籍確認が完了したら電話連絡があり、本人確認と同時に申込内容の確認が行われます。このタイミングでローンカードが発送されるので、到着に合わせて次の「本人確認資料」の送付準備を進めておきましょう。

・審査に通過したら本人確認資料を送付

電話による勤務先の在籍確認と本人確認が完了した時点で、登録したメールアドレス宛に「必要書類のアップロード用URL」が送付されます。このURLをクリックし、本人確認資料や給与明細書などの収入証明書をアップロードします。

本人確認書類のアップロードを終え、登録した情報が承認されたら手続き完了です。ローンカードが到着したら公式サイトの「メンバーズナビ」にログインし、振込融資の手続きに進みます。口座振込だけでなく、提携ATMからの融資も可能なため、すぐに現金が必要であれば提携ATMを利用してもよいでしょう。

オリックス銀行カードローンの審査に通るポイント

オリックス銀行カードローンの審査に通るポイントは、「返済能力が十分にあると認めてもらう」ことです。返済能力は職業や雇用形態、年収から判断されますが、それ以外にも過去の与信状況や返済状況、クレジットカードの使用履歴などが判断のポイントとなります。

特に、返済が遅れた場合は「金融事故」といって、審査で大きなマイナスとなるため、他社でローンを利用している場合は十分に気をつけましょう。

オリックス銀行カードローンの審査を通るよう対策を

オリックス銀行カードローンは銀行系ローンであり、比較的厳しい条件のローンです。年収が十分にあり、過去に金融事故を起こしていない場合や、これまでにカードローンの利用がなく経歴が綺麗な場合には特に問題なく融資を受けられるでしょう。

しかし、他社で総量規制に相当する金額のローンを組んでいる場合や、過去に返済が滞った履歴がある場合には注意が必要です。

オリックス銀行カードローンの審査に通るためには、まずは返済能力が十分にあると証明することが大切です。審査に通るか不安な場合、必要最低限の金額で申し込むことをおすすめします。

オリックス銀行カードローンを利用したい人は、商品の特徴や審査のポイントを把握し、適切なマネープランで融資を受けられるように、しっかり準備してから申し込みましょう。