バルミューダ
(画像=NET MONEY)

【目次】 ①️バミューダIPOの基礎情報 ②ビジネスモデル解説(12/2更新) ③IPOジャパン編集長 西堀敬 氏のコメント(12/2更新)

バミューダIPOのスケジュール

バミューダのIPOスケジュールは以下の通りだ。

仮条件決定 2020/11/26→1,780~1,930円に決定
ブックビルディング期間 2020/11/30 - 12/04
公開価格決定 2020/12/07
申込期間 2020/12/08 - 12/1
上場日 2020/12/16

バミューダのブックビルディング概要と初値予想

バミューダのブックビルディングの概要が次の通りだ。

仮条件 1,780~1,930円
公募価格 1,930円
当選口数 16,502口
初値予想金額(※) 2,600円 ~ 2,990円
ブックビルディング期間 2020/11/30 - 12/04
狙い目証券会社 SBI証券
※NET MONEY編集部での予想金額(2020年11月21日時点)

バミューダIPOの幹事証券会社

バミューダのIPOの幹事証券が以下の通りだ。

IPOに申し込むなら、主幹事であるみずほ証券で申し込んで抽選に参加するのがおすすめだ。

証券会社 割当率 前受金
主幹事 みずほ証券 87.94% 必要
幹事 SBI証券 5.17% 必要
三菱UFJモルガン・スタンレー 1.72% 必要
岩井コスモ証券 1.29% 必要
丸三証券 1.29% 必要
エース証券 1.29% 必要
極東証券 1.29% 必要
※2020年11月21日時点

バミューダ業績情報

業績推移

売上高 経常利益 当期利益
2018年12月期 112億円 16億円 0.4億円
2019年12月期 108億円 10億円 6.3億円
2020年12月期(予想) 123億円 12億円 8.3億円
※2019年2月期から連結決算

2018年12月期に売上高100億円の大台に到達した。また2018年12月期が一旦業績のピークとなり、2019年12月期は減収減益となった。

2020年12月期は増収増益を予想している。売上高は2018年12月期を上回るものの経常利益は12億円であり、2018年12月期の16億円には届かない。尚、Q3時点で売上高81億円、経常利益8.9億円であり、通期予想達成に向け順調に進捗している。

財務状況

2019年12月期末時点で資産合計51億円に対し、純資産合計17億円、自己資本比率34%である。借入金13億円に対し、現預金12億円を保有している。資産合計のうち、最大の科目は売掛金18億円となっている。

キャッシュ・フロー計算書では、2019年12月期の営業活動によるキャッシュ・フローは3.1億円。税金等調整前当期純利益8.7億円、減価償却費2.1億円であるが、売上債権の増加(▲3.6億円)、仕入債務の増加(▲4.4億円)の影響から、営業活動によるキャッシュ・フローのプラス幅が減少している。

尚、2018年12月期の営業活動によるキャッシュ・フローは▲3.5億円のマイナスである。

資金使途

IPOにより25億円を調達し、下記使途を予定している。

  • 事業拡大に向けた人件費及び採用費 4.0億円
  • 製品及びブランド認知度の向上並びに顧客基盤拡大のためのマーケティング費用 11億円
  • 今後の成長に向けた新製品開発費用 9.5億円

調達資金はマーケティング費用(国内と北米が各5.5億円)及び新製品の開発費用中心に充当される。

バミューダビジネスモデル解説(執筆=株価プレス管理人

バルミューダ株式会社<6612>はキッチン関連や空調関連を中心に家電製品の企画・製造・販売を行う企業である。

バルミューダ
(画像=新株式発行並びに株式売出届出目論見書)

事業内容詳細

同社は2003年3月に設立され、Mac関連製品の開発製造を手掛けた後、パワーLEDの技術を用いたデスクライトの販売している会社である。

2010年に同社の礎を築くことになる扇風機「GreenFan」を発売し、その後は空気清浄機、ヒーター、加湿器などの空調関連製品を中心に事業を展開。

2015年にはスチーム技術を活用したトースター「BALMUDA The Toaster」を発売した。続けて電気ケトル、炊飯器、オーブンレンジなどのキッチン関連のラインナップを充実させて、現在に至っている。

バルミューダ
(画像=新株式発行並びに株式売出届出目論見書)

空調関連及びキッチン関連で2019年12月期売上高の9割以上が占められている。ただし対前年同期比でその他も238%増となっており大幅な伸びを見せている。

また地域別には下記となっている。

  • 日本 73億円
  • 韓国 25億円
  • その他 11億円

2019年12月期は売上の6割以上が国内向けとなっている。また海外では韓国向けの売上が約7割を占めている。尚、2020年より北米への販売を開始した。

バルミューダ
(画像=新株式発行並びに株式売出届出目論見書)

まとめ

同社は空調関連製品の扇風機「GreenFan」シリーズと、キッチン関連製品のスチームトースター「BALMUDA The Toaster」のヒットで知られている。

空調関連製品、キッチン関連製品中心の売上構成であるが、2018年より「照明関連製品」、「音響関連製品」、「クリーナー関連製品」も手掛けている。

2018年12月期が直近の業績のピークとなっているが、各製品分野が成長することでIPO後も継続的な成長を果たすことができるのか、という点が今後の注目ポイントになると考えられる。

IPOジャパン編集長 西堀敬 氏のコメント

当社は、空調やキッチンを中心とした高級家電製品を企画、デザイン、設計、開発、販売する事業を展開している。販売チャネルは家電量販店、インテリアショップ、百貨店などの実店舗のほか、自社オンラインショップやEC事業となっており、売上の約25%が韓国での販売となっている。

株価のバリュエーションは、公開価格時価総額が149億円、予想利益ベースのPER:は18.1倍となっている。

前期は日韓の政治的な緊張から、売上が落ち込んだが、今期はコロナ禍にあっても、増収増益基調となっており、公開株価はやや割安感があると考える。上場当日の株価動向は、資金調達額が32億円と大きく、需給は緩いと考えられので、初値は前場の早い時間に付くと予想する。セカンダリー市場においては、大株主にはロックアップがあり、大口の売りは出ないと考えられる。

また、12月決算なので、2月中旬には決算発表があり、来期の業績予想次第では、株価の上値を追う動きになるかもしれない。もし、上場後に売り込まれるようなことがあれば、絶好の買いのチャンス到来とも言えるので、中長期の投資家にとっては初値騰落率の高い銘柄もより注目したい。

バミューダ会社情報

会社名
バルミューダ株式会社
コード
6612
市場
マザーズ
業種
電気機器
売買単位
100株
代表者名
代表取締役社長 寺尾 玄 /1973年生
会社住所
東京都武蔵野市境南町五丁目1番21号
設立年
2003年
社員数
109人(2020年10月31日現在)
事業内容
家電製品の企画・製造・販売
URL
https://www.balmuda.com/jp/
資本金
53,000,000円 (2020年11月11日現在)
上場時発行済み株数
7,735,000株
公開株数
1,435,000株
連結会社
1社

大株主

寺尾玄 85.11%
Limotech Korea Co., Ltd. 3.55%
佐藤弘次 2.28%
(株)ミツバ 1.77%
(株)ベニヤ 1.77%
佐藤雅史 0.70%
鞍田直子 0.39%
池田英智 0.29%
南修二 0.29%
進藤剛 0.28%

ロックアップ情報

寺尾玄、Limotech Korea Co., Ltd.、株式会社ミツバ、株式会社ベニヤは上場後180日目の2021年6月13日までは普通株式の売却ができず(例外あり)

調達額(公開株数×公開価格)
27億6955万0000円(1,435,000株×1,930円)
潜在株数(ストックオプション)
550,000株