リベルタ
(画像=Net Money編集部)

【目次】 ①️リベルタIPOの基礎情報 ②ビジネスモデル解説(12/2更新) ③IPOジャパン編集長 西堀敬 氏のコメント(12/2更新)

リベルタIPOのスケジュール

リベルタのIPOスケジュールは以下の通りだ。

仮条件決定 2020/11/27→1,120~1,200円
ブックビルディング期間 2020/12/01 - 12/07
公開価格決定 2020/12/08
申込期間 22020/12/09 - 12/14
上場日 2020/12/17

リベルタのブックビルディング概要と初値予想

リベルタのブックビルディングの概要が次の通りだ。

仮条件 1,120~1,200円
公募価格 1,200円
当選口数 9,545口
初値予想金額(※) 1,190円 ~ 1,270円
ブックビルディング期間 2020/12/01 - 12/07
狙い目証券会社 野村證券
※NET MONEY編集部での予想金額(2020年11月21日時点)

リベルタIPOの幹事証券会社

リベルタのIPOの幹事証券が以下の通りだ。

IPOに申し込むなら、主幹事である野村證券で申し込んで抽選に参加するのがおすすめだ。

<
証券会社 割当率 前受金
主幹事 野村證券 97.0% 不要
幹事みずほ証券 3.0% 必要
※2020年11月21日時点

リベルタ業績情報

業績推移

売上高 経常利益 当期利益
2018年12月期 41億円 2.5億円 1.4億円
2019年12月期 44億円 1.2億円 0.7億円
2020年12月期(予想) 49億円 2.2億円 1.2億円
※2019年2月期から連結決算

2019年12月期まで売上高40億円台前半で推移している。利益面では2018年12月期の経常利益3.2億円がピークとなった。

2020年12月期は対前年同期比で増収増益の予想である。経常利益は2億円の回復を予想しているが、2018年12月期のピークには及ばない。2020年12月期Q3(累計)は売上高37億円、経常利益2.6億円であり、Q3時点で通期予想の経常利益を達成している。

財務状況

2019年12月期末時点で資産合計24億円に対し、純資産合計6.9億円、自己資本比率29%である、借入金11億円に対し、現預金7.0億円を保有している。

資産合計24億円のうち、流動資産が22億円であり貸借対照表上の資産は殆ど流動資産で構成されている。

キャッシュ・フロー計算書において、営業活動によるキャッシュ・フローは2018年12月期▲0.4億円、2019年12月期0.5億円で推移している。

資金使途

IPOにより3.1億円の資金調達を行い、下記使途を予定している。

  • 基幹システム更新及び定型業務の自動化を目的とした設備資金 0.6億円
  • 運転資金(広告宣伝などプロモーション費用0.6億円、自社通販強化のための各種施策
  • 費用0.6億円、事業拡大に伴う仕入資金等の費用1.5億円)2.6億円

調達資金の大半は事業拡大に伴う仕入れ資金等の運転資金に充当される。

リベルタビジネスモデル解説(執筆=株価プレス管理人

株式会社リベルタ<4935>は各種オリジナル商品等の企画販売を行う企業である。コスメ製品、トイレタリー製品中心に自社ブランドもしくは日本総販売代理店契約を締結して販売を行っている。

IPOレポート
(画像=新株式発行並びに株式売出届出目論見書)

事業内容詳細

同社は『喜びを企画して世の中を面白くする』を経営理念に、人々に喜ばれる様々なジャンルの商材を企画、発掘し国内外で提供している。

企画された商品は自社ブランドとして生産(ファブレス)を行い、発掘した国内外の商材は独占販売契約を締結し契約ブランドとし、自社ブランドとともに自社企画によるプロモーション、販売、顧客リレーションまで一貫した事業を行っている。

尚、開発と生産に関しては2012年10月に医薬部外品、化粧品製造販売業許可を取得している。国内外の協力工場等へその製造を委託するファブレス方式により生産・品質管理が行われている。

販売先は百貨店・量販店・ドラッグストア、通販会社(TVショッピング含む)、自社店舗・自社ECなど多岐に渡っており、海外販売も手掛けている。

商品ジャンル

  • コスメ(ピーリングフットケア):削らない角質ケア商品
  • コスメ(その他):長時間デオドラントクリーム、口臭予防ハミガキなど
  • トイレタリー:浴室のカビ取りに特化した高機能洗剤、高機能洗濯槽クリーナー等 機能衣服
  • Watch:スイス製ミリタリーウォッチ「Luminox」や「Libenham」など
  • 健康美容雑貨
  • 加工食品
  • その他
IPOレポート
(画像=新株式発行並びに株式売出届出目論見書)

商品ジャンル別売上高

2019年12月期及び2020年12月期Q3時点での商品ジャンル別の売上高は下記となっている。

IPOレポート
(画像=新株式発行並びに株式売出届出目論見書)

2019年12月期はコスメ(その他)が全体売上の34%を占める最大の商品ジャンルである。また対前年同期比ではトイレタリーが238%で最大の伸びを見せた。

2020年12月期Q3時点ではコスメ(その他)の売上比率は25%に留まっている。一方でトイレタリーも25%となり、コスメ(ピーリングフットケア)・コスメ(その他)と同等の売上規模まで拡大した。

IPOジャパン編集長 西堀敬 氏のコメント

当社グループは、当社および連結子会社の3社で構成され、美容商品、トイレタリー商品、機能衣料商品などの企画製造販売および輸入腕時計日本総代理店業務を展開している。販売網は、国内において、百貨店、ドラックストア、量販店、通販会社を通しており、海外においては60か国において代理店と直取引を行っている。

上場市場は東証JASDAQ市場。株価のバリュエーションは、公開価格時価総額が35億円、予想利益ベースPERが30倍となっている。

上場当日の株価動向は、資金調達額が少ないこともあって、需給はタイトであると考えられるが、同日上場が4社もあり、人気をIT関係の銘柄に持っていかれると、初値は意外と早い時間に付くかもしれない。当社は現時点で配当も優待も発表していないが、扱い商品を見ると一般消費者向けであることから優待商品向きであることから、上場日以降に優待プログラムが発表される可能性もある。

また、当社は12月決算であり、2月中旬には決算発表となり、来期の業績予想が開示されたタイミングで増収増益基調が確認されれば、上場後の調整を経て見直し買いが入るかもしれないので、開示には注目してきたい。

リベルタ会社情報

会社名
株式会社リベルタ
コード
4935
市場
JASDAQスタンダード
業種
化学
売買単位
100株
代表者名
代表取締役社長 佐藤 透 /1967年生
会社住所
東京都渋谷区桜丘町26番1号
設立年
1997年
社員数
92人(2020年10月31日現在)
事業内容
美容商品、トイレタリー商品、機能衣料商品等の企画販売及び輸入腕 時計日本総代理店業務
URL
https://liberta-j.co.jp/
資本金
18,055,000円 (2020年11月12日現在)
上場時発行済み株数
2,908,000株
公開株数
830,000株
連結会社
2社

大株主

(株)モア 41.37%
(佐藤透 30.91%
(筒井安規雄 6.39%
(石田幸司 6.39%
(二田俊作 6.39%
(リベルタ従業員持株会 3.01%
(北條規 1.88%
(山﨑豊和 0.71%
(佐藤貴子 0.49%
(佐々木聡 2.38%

ロックアップ情報

指定された株主は上場後90日目、または、上場後180日目までは普通株式の売却ができず(例外あり)

調達額(公開株数×公開価格)
9億9600万0000円(830,000株×1,200円)
潜在株数(ストックオプション)
51,000株