インバウンドテック
(画像=NET MONEY編集部)

【目次】 ①️インバウンドテックIPOの基礎情報 ②ビジネスモデル解説(12/2更新) ③IPOジャパン編集長 西堀敬 氏のコメント(12/2更新)

インバウンドテックIPOのスケジュール

インバウンドテックのIPOスケジュールは以下の通りだ。

仮条件決定 2020/12/01
ブックビルディング期間 2020/12/03 - 12/09
公開価格決定 2020/12/10
申込期間 2020/12/11 - 12/16
上場日 2020/12/18

インバウンドテックのブックビルディング概要と初値予想

インバウンドテックのブックビルディングの概要が次の通りだ。

仮条件 5,200~5,700円
公募価格 5,700円
当選株 237,100株
初値予想金額(※) 6,000円 ~ 8,000円
ブックビルディング期間 2020/12/01 - 12/07
狙い目証券会社 東京東海証券, SBI証券
※NET MONEY編集部での予想金額(2020年11月21日時点)

インバウンドテックIPOの幹事証券会社

インバウンドテックのIPOの幹事証券が以下の通りだ。

IPOに申し込むなら主幹事である、みずほ証券で申し込んで抽選に参加するのがおすすめだ。

東京東海証券
証券会社 割当率 前受金
主幹事東京東海証券 92.62% 必要
幹事 SBI証券 2.61% 必要
香川証券 1.73% 必要
エース証券 0.89% 必要
水戸証券 0.42% 必要
※2020年11月21日時点

インバウンドテック業績情報

業績推移

売上高 経常利益 当期利益
2018年12月期 23億円 1.5億円 1.0億円
2019年12月期 30億円 0.5億円 0.2億円
2020年12月期(予想) 30億円 2.1億円 1.4億円
※2019年2月期から連結決算

2019年3月期から2020年3月期の売上高は横ばいであるが、経常利益は2.1億円となり増益を達成した。

2021年3月期は減益の反面増益予想である。コロナ禍の影響により営業活動が制限された結果、セールスアウトソーシング事業が対前年同期比40%減予想(売上高8.7億円)であり、全体でも減収の予想となっている。

2021年3月期Q2(累計)は売上高9.1億円、経常利益1.7億円であり、通期予想達成に向けた進捗は順調である。

財務状況

資産合計9.1億円に対し、純資産合計4.5億円、自己資本比率50%である。借入金2.0億円に対して、現預金5.1億円を有しており、財務内容に対し特段の懸念事項はない。尚、資産の部における最大科目は現預金である。

キャッシュ・フロー計算書では、営業活動によるキャッシュ・フローが2019年3月期▲1.2億円と売上債権の増加(▲0.6億円)などでマイナス。しかし2020年3月期は売上債権の減少(0.4億円)などにより2.9億円のプラスとなっている。

資金使途

IPOにより11億円の資金調達を行い、下記使途を予定している。

  • 社内基幹システムの改修及びPC機器の入替、本社移転費用等 2.2億円
  •  
  • AI通訳を中心としたマルチリンガルCRMシステムの機能拡充に係る外注業務委託費用 1.9億円
  •  
  • 人材の採用費及び人件費 1.3億円
  •  
  • マルチリンガルCRM事業におけるクライアント獲得のための広告宣伝費 1.1億円
  • 借入金の返済 1.0億円

調達資金の多くがマルチリンガルCRM事業の拡大に向けたシステム投資や採用費・人件費、広告宣伝費などの運転資金に充当される。

インバウンドテックビジネスモデル解説(執筆=株価プレス管理人)

株式会社インバウンドテック<7031>は多言語対応のグローバルなコンタクトセンター運営及びセールスアウトソーシング事業を展開する企業である。

IPOレポート
(画像=新株式発行並びに株式売出届出目論見書)

事業内容

同社は下記2事業を展開している。

  • マルチリンガルCRM事業
  • セールスアウトソーシング事業

同社はクライアントとエンドユーザーの接点であるコンタクトセンター運営を基点としつつ、上記2つの事業セグメントのサービスメニューを組み合わせることで、クライアントに対しCRMをコストセンターからプロフィットセンターへ転換を図るビジネスソリューションを提供し、実行する体制を備えている。

IPOレポート
(画像=新株式発行並びに株式売出届出目論見書)

マルチリンガルCRM事業について

マルチリンガルCRM事業は、主にクライアントが顧客(エンドユーザー)に向けに展開するサポート業務を同社が受託し、同社のコンタクトセンターでエンドユーザーからの問い合わせをクライアントに代わり対応するサービスを提供している。

24時間365日体制で稼働しており、日本語を含めた12カ国語(日本語、英語、中国語、韓国語、ポルトガル語、スペイン語、タイ語、ベトナム語、ロシア語、フランス語、タガログ語、ネパール語)に常時対応している。

またエンドユーザーとのコミュニケーションは電話による音声通話のみならず、タブレット型デバイスを使った映像通信、Webサイト、電子メール、SNSなど様々な通信手段にも対応している。

IPOレポート
(画像=新株式発行並びに株式売出届出目論見書)

●セールスアウトソーシング事業

セールスアウトソーシング事業では、主に同社がクライアントに代わってクライアントの見込み客に対して営業を行うサービスを提供している。

営業スタッフの契約獲得量のみではなく、稼働人数あたりの固定売上が併せて支払われる契約を前提としており、安定的な収益が計上されている。

同社のコンタクトセンターや業務委託先からクライアントの見込み先顧客に対して、商品等の紹介、販売勧誘、アンケート調査等の営業活動を、電話(アウトバウンド)及び訪問により行い、またクライアントの営業員や営業スタッフに対する研修も展開している。

まとめ

多言語対応のグローバルなコンタクトセンター運営及びセールスアウトソーシング事業を展開する企業のIPO案件である。主力取引先は東京電力グループであり、営業代行業務(電力切替勧奨業務)を行っている。

2020年3月期売上高30億円、経常利益2.1億円から、2021年3月期は20億円、経常利益2.6億円と減収増益の予想である。コロナ禍の影響によりセールスアウトソーシング事業が減収となっている。

コロナ禍の影響を克服した上で、今後も東京電力グループのような軸となりうる顧客の獲得を行うことで継続的な成長を行うことができるのか、という点が今後の注目ポイントになると考えられる。

IPOジャパン編集長 西堀敬 氏のコメント

当社は、24 時間 365 日・多言語対応のコンタクトセンター運営事業、セールスアウトソーシング事業を展開する。当社の成長性は、外国人労働者の増加に伴う、在留外国人向けのインフラサービスを提供する自治体や企業の多言語化ニーズの取り込むことで新規クライアントを開拓することに加えて、世界中に点在する通訳者とユーザーのマッチングをAI技術をもって行うことにある。

株価のバリュエーションは、公開価格時価総額が48億円、予想利益ベースのPERが31.2倍となっているが、コロナ禍の現下において、インバウンド旅行者が完全にストップしていることを勘案すると、正常化した場合のビジネス環境になれば業績も回復することから公開価格は割安ともいえる。

上場当日の株価動向は、資金吸収額は13億円程度なので、需給はかなりタイトとなり初値は後場の遅い時間帯まで持ち越されると推測する。但し、いったん初値が付いた後はロックアップ解除で既存の株主の売りが出て来ることも念頭に置くべきである。

セカンダリー市場においては、来年のオリンピックの開催が現実になってくることにより、インバウンド観光客のニーズも高まり、オリンピック+インバウンド銘柄として注目される可能性もあり、コロナ禍におけるワクチン開発や日本国内でのワクチン接種なども株価を動かす材料となるかもしれない。

インバウンドテック会社情報

会社名
株式会社インバウンドテック
コード
7031
市場
マザーズ
業種
サービス業
売買単位
100株
代表者名
代表取締役 社長執行役員 東間 大 /1967年生
会社住所
東京都新宿区新宿二丁目3番13号 大橋ビル
設立年
2015年
社員数
31人(2020年10月31日現在)
事業内容
24時間365日・多言語対応コンタクトセンター運営事業、セールスアウトソーシング事業
URL
https://www.inboundtech.co.jp/
資本金
36,625,000円 (2020年11月16日現在)
上場時発行済み株数
849,200株
公開株数
206,200株
連結会社
なし

大株主

                      
(株)a2media 20.99%
下大薗豊 13.83%
(株)グローバルキャスト 10.41%
アイビスAM投資事業組合 7.59%
(株)光通信 7.15%
(株)アクセル 7.15%
金子将之 4.94%
(株)ベクトル 4.49%
ソケット(株) 4.49%
東間大 3.92%

ロックアップ情報

指定された株主は上場後90日目の2021年3月17日まで、または上場後180日目の2021年6月15日までは普通株式の売却ができず(例外あり)

調達額(公開株数×公開価格)
11億7534万0000円(206,200株×5,700円)
潜在株数(ストックオプション)
71,700株
ビジネスモデル解説(執筆=株価プレス管理人)
株式会社インバウンドテック<7031>は多言語対応のグローバルなコンタクトセンター運営及びセールスアウトソーシング事業を展開する企業である。