結婚式や旅行といった急な出費や、けがや病気などの思わぬ出費が発生したことで月々の支払いが多くなり、今すぐお金が必要になる状況もあるでしょう。

こうした場合には、お金を借りるという選択肢もありますが、何らかの方法で稼ぐという選択肢もあります。この記事では、今すぐお金が必要になった場合にできることをまとめました。

今すぐお金が必要!何から始めたらいい?

今,すぐ,お金,が,必要
(画像=PIXTA)

出費額が思ったより高額だったときや、いざ支払おうとした際にお金が足りないことに気づいた場合、一瞬パニックになってしまうかもしれません。しかし、今すぐお金が必要な事態に陥ったときには落ち着いて、まずは現状把握から始めるべきでしょう。

「今すぐ」とは具体的にどのくらいの期間まで猶予があるのか、それによって対処方法が変わってきます。支払いまでに1週間でも猶予があれば、月々の引き落としに間に合わず、「これ以上支払いが滞ると危ない」という事態になった場合でも借りる方法はいくつもあります。

自分の状況に合わせて、より良い方法で今すぐお金が必要な状況を打破できるよう、1つずつ紹介していきます。

今すぐお金が必要になったら身近な人に相談しよう

身近にお金を借りられそうな親族や知人がいるなら、まずは身近な人に相談してみましょう。

支払いまである程度の猶予があるときでも、今日明日にでもお金が必要なときでも、最初の選択肢として、確認しておくことがおすすめです。通常お金を借りると利子がついて返済額が膨らんだり、信用情報の履歴に傷がついたりする可能性もありますが、親族や知人といった身近な人なら無利子など有利な条件でお金を貸してもらえる可能性も高いでしょう。相手の都合さえつけば借りる時間も融通が利き、返済期間も自分がお金を用意できるタイミングにするなど交渉の余地もあるでしょう。

しかし、あまりに大きい金額だったり返済期限が遅れたりすると、これまでの信頼関係を一気に失ってしまうこともあります。お金の問題は非常にデリケートなので、お互いのいいところも悪いところも認め合えるような深い仲の人や、自分を応援してくれる家族などに頼ってみるといいでしょう。

今すぐお金が必要なとき、借りる以外の方法はある?

お金を借りられるくらい頼れる知人や親族が身近にいない、という場合、まず借りる以外の方法を試してみるといいでしょう。今すぐにでもお金を工面できる可能性のある方法を以下の表にまとめました。

 方法 お金になるのにかかる期間  メリット  注意点
 ブランド品の買い取り  即日〜数日  高値で売れやすい 即現金化するなら質屋に持ち込む
 フリマサイトで売る  即日〜数日 たくさんの人の目につきやすく売れやすい 基本は取引と郵送で時間がかかる
 アプリによっては即日現金化も可能
 物を貸し出す  数ヵ月以上 長い目で見れば単品を売るより稼げる可能性がある 即日現金化はできない
 日雇いバイト  即日〜数日 バイトによっては即日現金支給が可能 昼の仕事以外の時間を使う必要がある
 治験モニター・覆面調査  即日〜数日 比較的報酬が高額 まとまった時間をとる必要がある
 自分の特技を生かす  即日〜数日 楽しみながら稼げる
自分で値段を決められることもある
自分の仕事を買ってもらえるまで時間がかかる可能性がある

物を売ってお金をつくる

スタンダードな方法が、身近にあるものを売ってお金に換える方法です。現物を持ち込めばその場ですぐに現金化されることがほとんどなので、価値の高い品が手元にあればお金をつくるうえで有効な方法と言えるでしょう。

・ブランド品の買い取り

特にブランド品の買い取りは、他のものに比べて高値で買い取りしてもらえる可能性が高いでしょう。時間に余裕があるなら、ネットからでも手軽に買い取りを依頼できるケースも増えているので活用してみるといいでしょう。ただし即現金化はできないので、すぐにお金が欲しいなら質屋に直接持ち込むのがいいでしょう。

近年はその年の流行アイテムを安価に購入できるファストファッションも台頭し、ブランド品は手元にない人もいるかもしれません。しかしネットでは、ノーブランド品でも数量をまとめて送ると換金してくれる場合があります。

・フリマサイトで不要品を売る

最近はフリマアプリで、手軽に不要品を売ることができるようになりました。もともとはヨーロッパで古物を売る市場として知られていたフリーマーケットは、アプリやサイトが発展したことでより多くの人が利用しやすくなっています。

取引に関するやりとりと郵送に時間を取られるため数日かかることもありますが、アプリのシステムによっては最短で即日現金化できる場合もあります。手近な質屋などがない場合には活用してみるといいでしょう。

フリマサイトで売るものは、本やCD、DVDが比較的高値がつきやすいためおすすめです。発行年や保存状態、現在市場に出回っている状況によっては購入したとき以上の高値がつく可能性もあります。着用済みの衣類と異なり購入する側も買いやすく、買い手がつきやすいのもメリットです。

・物をレンタルする方法も

数ヵ月時間がかかっても大丈夫な場合は、物を貸し出すという方法もあります。ブランド品を預けておくだけで毎月1万円入手できるレンタルサービスもあり、場合によっては即日買取してもらうより大きく稼げる可能性もあるでしょう。

近年では物を所有するよりレンタル、シェアリングという価値観が広まりつつあります。車や家を貸し出してカーシェアリングやAirbnbを始めてみると、需要も高く稼ぎが得られる場合もあります。

ただし、レンタルは即日現金が得られるわけではないので、注意が必要です。

副業でお金をつくる

1~2週間の猶予がある場合なら、副業でお金をつくることも可能です。

・日雇いバイト

アルバイトと聞くと1~2週間では容易に収入が得られないイメージが強いかもしれませんが、日雇いで即日現金支給のバイトもまったくないわけではありません。会社員をしながらでも夜の時間を使って入れるバイトもあるので、探してみるといいでしょう。

・治験モニター・覆面調査

エステのお試しなどの美容モニターや治験モニター、覆面調査も、短いスパンでお金を得ることができる手法の一つです。内容は主にエステに行ってレビューを書くだけで数千円、不動産会社の説明の予約を取って説明を聞いて、サービス内容についてレポートするだけで数千円、というものもありあます。一般のアルバイトと比較すると、かけた時間に対して高額な報酬を得られることがほとんどです。

まとまった時間をとる必要があるので、休みの日などに多くの時間を割くことになることは覚悟しておいたほうがいいでしょう。

・自分の特技を生かす

近年は副業も多様化しているため、自分の特技を生かして副業を始めてみるのもいいでしょう。クラウドソーシングでイラスト作成やWebライティング、ホームページ制作を請け負って収入を得ることもできます。企業と契約して依頼をこなし、報酬が得られるパターンもありますが、自分のノウハウを展開して一般の人に買ってもらうこともできます。体力に自信があるならUber Eatsなどの宅配サービスも請け負うことも可能でしょう。

ただし、自分の特技を仕事として買い取ってもらえるまでは時間がかかることがほとんどなので、すぐにお金が必要な場合には不向きかもしれません。

今すぐお金が必要な社会人におすすめの即日融資

副業などでお金を稼ぐ暇がなく、とにかく一刻も早くお金が欲しい!という人は、安定した収入があるなら即日融資が可能なカードローンを利用するという選択肢もあります。使用用途の説明が不要で手軽に借りられるカードローンやキャッシングを利用し、翌月の給料が入ったらすぐに全額返済できる程度の金額を借りるのが望ましいでしょう。

即日融資を利用したい人におすすめの消費者金融、銀行のローンを紹介しましょう。

消費者金融のカードローン・キャッシング

消費者金融のカードローンやキャッシングは、とにかく審査が早いことが魅力です。ほとんどが24時間以内の即日融資が可能で申し込みもWebで完結する場合が多くなっています。ただし、銀行が提供しているカードローンと比較して、利率が高くなるので、借りたらすぐに返済できる金額を借り入れするのがおすすめです。なかでも初心者に扱いやすいのが、以下の3社です。

・プロミス

プロミスはスピーディーな事前審査ができる「少ない入力項目で最短15秒回答」や、女性専用のプロミスレディースキャッシングなど、ニーズに合わせたサービスを幅広く展開しています。初めて利用する場合は最初の融資から30日間は利息無料なので、一時的に借りてすぐに返せるあてがある場合におすすめです。

・アイフル

アイフルも24時間365日融資申し込みが可能で、Webやアプリからでも借り入れができます。1秒でできる事前診断などのサービスも用意されています。アイフルのほうが利率は若干高めに設定されていますが、CM好感度が高いこともあり、初心者でも安心して借りやすいと言えるでしょう。

・SMBCモビット

SMBCモビットも、上述の2社とほとんど同じ条件で、提携先ATMも複数あるためアプリでもATMでも借り入れしやすくなっています。返済のたびにTポイントがたまる点が大きな違いで、Tポイントをよく使うなら有力な選択肢となるでしょう。

審査が早い銀行カードローン・キャッシング

銀行カードローン・キャッシングは、即日融資はできません。反社会的勢力とかかわりがないか貸出先の調査を厳密にするため、一度警察を通してデータベースを照合する必要があるからです。しかし銀行カードローンは安心して利用できるというメリットがあります。なかでも比較的審査が早いのが以下の2社です。

・みずほ銀行

店頭、郵送、電話で申し込んだ場合は審査に数日かかりますが、Webやスマートフォンから申し込んだ場合は基本的に翌営業日以降に審査結果がわかります。

・住信SBIネット銀行

銀行口座の有無にかかわらず、仮審査が最短60分でできる点がメリットです。ただしその後の本審査には数日かかることが多く、口座を持っていないと口座開設にも時間がかかります。口座を持っていない場合で、早くお金が欲しいという状況であれば、おすすめはできません。

今すぐお金が必要な19歳以下におすすめの方法

消費者金融や銀行のカードローンは、基本的に未成年は申し込みができません。貸出側としては確実に返済をしてもらうため、責任能力のある成人を貸し付けの対象としているからです。

とはいえ、未成年でも学生などであれば旅行などで大きな出費が必要になったりすることもあります。19歳以下の未成年でもお金を借りる方法についても解説します。

親族に頼る

最も確実な方法としては、親や親族に頼るのが一番です。19歳以下であれば稼ぎが少ない、あるいはないことは明確なので、事情を説明すれば理解してもらえる可能性も高いでしょう。借りるときは仕事に就いて給料を得られるようになったら返済すると約束し、必ず守るようにしましょう。

アルバイト代を前借りする

アルバイトをしている場合は、前借りできないか相談してみるのもいいでしょう。普段から勤務態度が真面目でアルバイト先とも良好な関係を築けていれば、親族の場合と同じく融通を利かせてくれる可能性があります。

普段から遅刻するなど信頼関係が築けていない場合は、前借りを頼んだとしても受けてもらえる可能性が低いでしょう。

18歳でも借りることができるローンを利用する

19歳以下はもちろん、18歳以下でも借りることができるローンがあります。条件さえ満たせば借りることができるので、確認してみましょう。

・ろうきん

18歳以上で、労金に出資している団体に所属しているもしくはその家族、ろうきん友の会に加入している、いずれかの条件を満たす場合は、親権者の同意が得られればろうきんカードを利用して借り入れできます。

親族から借りることができなかった場合でも、自分できちんと返済することを条件にろうきんカードローンの利用を打診してみるという選択肢もあります。

・学生ローン

親との関係が良好でない、あまり心配はかけたくない、ということであれば、学生ローンという手段も考えられます。アルバイトなどの安定した収入があることが条件なので、学生はもちろん、社会人でも利用できます。

学生ローンにもさまざまな種類があり、大抵は親に承諾を得るための電話確認があります。貸付上限は、未成年のうちは10万円までですが、成人後は審査のうえ、枠が自動で増えるようになっています。

・ゆうちょ銀行の自動貸付

意外に知られていないかもしれませんが、ゆうちょ銀行の口座があれば貯金などを担保に預入金の90%までの金額を借りることができます。ゆうちょ銀行の口座さえあれば未成年でも問題ありません。

今すぐお金が必要なため無審査で借りたいケースは?

「今すぐお金が必要だから、審査に時間をかけていられない」という人もいるでしょう。または、これまでもお金が必要なたびに借り入れをし、返済遅延などを繰り返した結果、信用情報に傷がついて審査に通れなくなってしまっている人もいるかもしれません。

そうした場合、「何とかして無審査で借りられないか」と考える人もいるかもしれませんが、結論から言って無審査で借りられるローンは存在しません。もしあったら、それはヤミ金などの違法な貸金業者に限られます。

消費者金融ではスピード審査と謳っているところも多いですが、これも簡易的に信用情報をチェックしています。そのうえでより厳格な本審査が行われることが多く、消費者金融のスピード審査であっても無審査と同義ではありません。

どうしても無審査で資金を得たい場合は、セゾンカードなどの大手百貨店系のクレジットカードであれば、最短60分程度で新規発行もできるので、利用してみてもいいでしょう。

しかし、信用情報に傷があるという理由で無審査での借り入れを希望するのであれば、これ以上借り入れを重ねるのは得策ではないでしょう。

今すぐお金が必要だけど借りられない

消費者金融や銀行の審査も通らず、親族や仕事先の前借りも頼れず、どうしても借りることができない、となったときは、公的機関や他の金融機関の利用も考えてみましょう。

定期預金担保貸付

前述したゆうちょ銀行のように、定期預金を担保として貸し付けしてくれるところがあります。基本的には定期預金の9割程度で200万~300万円ほどの金額設定ができることがほとんどです。

消費者金融や銀行ローンに比べて低金利なので、返済にも負担がかかりにくくなっています。

生命保険の契約者貸付制度

生命保険に加入していれば、契約者貸付制度を利用してお金を借りることができます。解約返戻金を担保にしてお金を借りるので、生命保険が解約されることはありません。

また通常のローンのように月々の返済が定められているわけでもなく、審査に通らないような信用情報の人でもこの制度を利用すればお金を借りることができます。

公的融資制度

生活環境やお金が必要な理由によっては、公的融資制度を利用できる可能性があります。公的融資制度は主に3種類。

1つ目は生活福祉資金貸付制度です。複数の資金項目があり、貸付条件や金利が異なっていますが、最も利用しやすいのが「福祉資金の緊急小口資金」。限度額10万円で、無利息で借りることができます。

2つ目は求職者支援資金融資制度。こちらは求職者支援資金制度で職業訓練受講給付金を受給している人が対象になります。職業訓練受講給付金を受けていても生活資金が不足してしまうという人に貸し出せる制度で、主に退職後のスキルアップを目指す人向けです。

3つ目は年金担保貸付制度です。年金を担保にして借り入れできる制度で、年金受給額から自動的に返済額が差し引かれる仕組みになっています。簡単に言えば、老後に得られる年金を前借りしているという状態になります。この制度を利用して借り入れする場合、老後の年金は借りた分だけ目減りすることは覚えておきましょう。

これらの制度は条件さえ当てはまれば基本的に借り入れをすることができます。しかし働くのが面倒、ギャンブルなどで借金をつくってしまった、などの自己責任によるお金の不足では利用できない点に注意しましょう。

中小規模の消費者金融

どうしても審査に通らないときは、大手ではなく中小規模の消費者金融を利用するのもひとつの手です。これまで通らなくなってしまった審査も通る可能性があります。

しかし中小規模の消費者金融は倒産リスクもあり、サービスが整っていないこともあるので不利益を被る可能性もあることは注意しておきましょう。

今すぐお金が必要な人におすすめのアプリ

今すぐお金が必要だけれど、親族に会いに行ってお金を工面したり、窓口に行って借り入れの手続きをしたりする余裕もない、という人もいるでしょう。近年では手軽に借り入れができるアプリも増えてきています。

時間がない人におすすめ!消費者金融や銀行のアプリ

消費者金融や銀行のカードローンの中には、アプリで簡単に申し込み、借り入れができるところもあります。消費者金融の中でおすすめなのは、プロミス、アイフル、レイクALSAの3社です。

プロミスの公式アプリはアプリ専用のキャッシングを提供しているため、申し込みから借り入れまでをアプリだけで行うことができます。申し込みに必要な本人確認書類も写真で送るだけで済むため利便性が高く、QRコードを利用して、カードレスで全国のセブン銀行ATMから引き出せるのもうれしいポイントです。

アイフルの公式アプリは申し込み、ローンカード機能のみですが、免許証を読み込むだけで必要事項が入力される「簡易申し込み」が可能なので、急ぎでお金を借りたいという人には便利です。アイフルは比較的新規成約率が高いとされており、初めてカードローンを利用する人でも審査に通りやすいというメリットもあります。

レイクALSAのe-アルサも、確認書類の提出まですべてアプリで完了できます。ログインは指紋認証にすることもできるので、セキュリティ面でも安心と言えるでしょう。レイクALSAの最大の魅力は無利息期間を自分で選べることです。短くても60日と、他の消費者金融に比べて長いスパンで無利息期間を確保できるので、返済資金をつくるのに時間がかかりそうな際はおすすめです。

銀行のカードローンでは三井住友銀行、三菱UFJ銀行がそれぞれアプリだけでカードローンの申し込みが可能です。口座を持っていなくても24時間申し込み可能なのが魅力です。すでに口座を持っている場合は最短翌日で融資が得られます。

事前に口座を持っていれば、楽天銀行、ジャパンネット銀行といったネットバンクもアプリでカードローンの申し込みができます。特に楽天銀行のカードローンは比較的審査に通りやすいといわれているので、一定の収入があれば申し込んでみるといいでしょう。

手軽に借りられるスマホアプリ

消費者金融や銀行以外にも、借り入れができるアプリがあります。

・LINEポケットマネー

普段使っているLINEアプリから借り入れができる、個人向けの少額ローンサービス。オリコカードで有名なオリエントコーポレーションが共同出資しているLINE Credit株式会社が運営しています。

特徴的なのは、融資の金額を決めるのに個人の信用情報に加え、ユーザーの信用度を見える化するスコアリングサービス「LINEスコア」を採用していることです。ライフスタイルに関する知見や、LINE家計簿の利用、本人確認の有無などによって点数が決まり、点数に合わせて金利や限度額が決められます。

・CREZIT

CREZITは基本的に誰でも利用できる、無担保型のローンサービスです。将来的に多くの人が金融サービスを最適に利用できるようになることを目的としており、アプリ内での「信用」を積み上げることで融資可能金額が変わっていきます。

最初は少額から始めて「借りる」「返済する」を繰り返すことで、アプリのデータに信用情報が蓄積されます。信用情報にすでに傷がついてしまった人は、このアプリで再び信用を積み上げる訓練をしていくといいかもしれません。

・バンドルカード

今すぐお金が必要、かつカード払いでもよければ、バンドルカードがおすすめです。審査や年齢制限がなく誰でも利用できるVisaプリペイドカードアプリで、事前にチャージしておくとVisa加盟店でクレジットカードと同じように使えます。

基本は事前チャージですが、「ポチっとチャージ」を利用するとチャージした金額を後払いにすることができます。ポチっとチャージでチャージした金額は後日、まとめてコンビニなどで支払いましょう。

お金をつくる選択肢はたくさんある!

今すぐお金が必要になった人のために、お金をつくる方法から借りる方法までをまとめました。

近年では手軽に借りられる方法が増えましたが、当然のことながら、後のことを考えずにやみくもに借りるようなことがあってはなりません。しかし、お金をつくる選択肢は複数あるので、今の自分や将来の自分にとって最適な方法を選ぶようにしましょう。