「お金が欲しい」

そう考えたとき」に十分な額を持ち合わせておらず、困ってしまうこともあるでしょう。会社員や主婦だけでなく、中学生や高校生、大学生にも、さまざまな「お金を使いたい」事情があるものです。

そして、さまざまな事情でアルバイトや副業をすることができず、思うように稼ぐことができないという悩みを抱えている人も多いのではないでしょうか。この記事では、さまざまな立場やシチュエーションごとに、お金を稼ぐ方法を紹介します。

お金が欲しいときにはどうすればいいのか?

お金,欲しい
(画像=PIXTA)

最初に一般論として、お金が欲しいときにはどのような方法があるか確認してみましょう。

アルバイトで稼ぐ

アルバイトは学生や主婦、会社員など、あらゆる立場の人たちにとって手っ取り早くお金を稼ぐ方法です。短期で稼げるものや長期で腰を据えて稼ぐものまで、さまざまなアルバイトが存在します。多くは時給制で気軽に稼ぐことができる間口の広い方法と言えるでしょう。ただし中学生はアルバイトができません。高校生も学校によっては禁止されている場合もあります。

副業で稼ぐ

会社に勤めている人の副業は、従来はあまり大手を振ってできるものではありませんでした。本業をおろそかにしているように見られたり、会社の就業規則で禁止されていたりすることもあって、周囲に内緒にする人も多かったようです。

しかし、安倍政権が働き方改革を推進する中で、少子高齢化で厳しくなる年金事情や労働力不足の問題などを解消するための一つの方法として副業が注目を集めています。国としても副業を奨励することで、年金だけに頼らない自助努力を促し、労働力を柔軟に確保する道を開こうとしています。その影響で、副業を実質的に解禁する企業や容認する企業も増えてきました。

また、ネットを介して仕事を請け負うクラウドソーシングサービスの普及によって、在宅やリモートでできる副業を行う人も増えています。

お金が欲しいけど働きたくない場合

お金は欲しいけれども働きたくないという場合にも、「稼ぐ」とは言えませんがお金を工面する方法はあります。主な方法として、「借りる」「何かを売る」、あるいは「資産を運用する」といったものが挙げられます。これらに関しては後ほど詳しく取り上げます。

お金が欲しい会社員が稼ぐ方法

会社員が「お金が欲しい」と考えたときに取るべき選択肢をいくつか紹介します。

フリーランスとして仕事を受ける

これは前述の副業の解禁と関連して、増えていると思われます。

プログラマーやエンジニア、イラストレーター、ライターやデザイナー、セールスなど、得意分野がある会社員はそれを生かして副業ができる案件を見つけて収入を得る方法があります。求人誌やネットの求人情報だけでなく、前述のクラウドソーシングサービスなどを利用すれば、申し込める案件自体は膨大に存在しています。

代表的なクラウドソーシングサービスとして、「クラウドワークス」と「ランサーズ」が挙げられます。これらのプラットフォームには、専門性が高いものから手軽にトライできるものまで非常に多くの案件が常に掲載されています。

案件をこなすことで得られる収入の入金などもクラウドワークスやランサーズが代行してくれるため、無用なトラブルが避けやすくなっています。ただし、これらを通して獲得した案件で上がる収益に対して、多いときは20%程度のサービス利用手数料を差し引かれます。

フリーランスとして仕事を受ける場合の注意点として、年間20万円を超える「所得」を得た場合は、確定申告をして納税しなければならないことがあります。確定申告をすると、場合によっては会社に副業をしていることが知られてしまう可能性もあります。

所得税の徴収方法を「普通徴収」にしておけば自宅に納付書が来るので、バレる可能性は下がるでしょう。一方、「特別徴収」を選択すると、勤務先の会社で給与から徴収されることになり、バレてしまうこともあるため注意が必要です。

ロボアドバイザーを利用した資産運用

ロボアドバイザーという言葉を聞いたことがある人も多いでしょう。これはAIを使った投資方法です。資産運用初心者からベテランまで、多くの投資家が利用しているサービスです。

その名のとおり、AIが投資アドバイザーになり、最適と思われる投資活動がオートマチックに行われていきます。投資家は何もする必要がなく、一定の確率で資産を増やすことができる可能性が高いといわれています。

株式などの取引において、人は感情に左右されて非合理的な判断をしてしまう局面が多いといわれています。これに対し、AIは冷静に確率論と蓄積されていく機械学習効果を活用して、妥当な答えを導くとされています。もちろん、ある程度の元手資金は必要ですが1万円くらいからでも始められるので、多忙なビジネスパーソンにはおすすめの方法と言えるでしょう。

不動産投資で稼ぐ

自分が所有しているマンションや土地を貸したり、コインパーキングにしたりすることで、家賃収入やパーキング代といったインカムゲインを稼ぐものと、不動産売買の差額であるキャピタルゲインで儲ける投機的なものがあります。

比較的よく見られるのが前者の不動産投資です。多くのサラリーマン大家が、家賃収入タイプの不動産投資を行っています。所有しているマンションがない場合も、不動産投資ローンなどを活用してマンションを購入し、運用益からローンを返済して完済後に利益を生むというスキームがあります。

上手に稼いでいるサラリーマン大家は、収益の余剰を繰上げ返済に回して早めに利益が上がる構造にしたうえで、第2第3の物件をローンで購入して拡大していく戦略をとっていることが多いようです。

お金が欲しい主婦が稼ぐ方法

お金が欲しい主婦が稼ぐことができる方法もいろいろとありますが、ここでは以下の4つの方法を解説します。

●家事代行
●アンケートモニター
●せどり
●在宅のフリーランス

家事代行

依頼者の家を訪問し、家事を代行するサービスです。主婦にとっては日々自宅でやっている家事をそのまますればよいことが多く、主婦向けの仕事と言えるでしょう。

時給は1000〜2000円が目安です。例えば1日に3時間、週3日働くだけでも月7〜8万円になります。やりようによっては副業の中でも確実に収入が得られる方法です。ただし、個人宅を訪問する仕事なので、まれにトラブルが起きるリスクはあります。トラブルに迅速に対応してくれそうな仲介業者を選ぶと安心です。

アンケートモニター

コスメなどについてのアンケートに回答することで、謝礼を得ることができるアンケートモニターも、主婦向けのお金を稼ぐ方法です。

Webで完結する簡単なアンケートもあれば、実際に商品使ってみて感想を伝えるものから依頼企業に直接コンタクトを取って対談のような形式で回答するものまで、さまざまな形式があります。

案件の難易度によって謝礼額が変わり、簡単なものは1件につき数十円程度です。それだけで稼ごうとするとかなりの時間と労力が必要です。よって、複数のサイトを利用して、多種多様なジャンルのアンケートを積極的こなすと稼ぎやすくなります。

アンケートモニターのおすすめは「ヴィーナスウォーカー」という、美容系のモニターサイトです。コスメを試してみてアンケートに答えたり、実際にエステの施術を体験した内容などを報告したりすることで謝礼を得ることができます。

自分の都合でモニターを引き受けることができ、ノルマもないので自由度は高いです。さまざまなコスメやエステが試せるので、美容に関心がある主婦におすすめできます。

せどり

商品を転売して発生する差額で稼ぐ手法です。簡単に始められるため、主婦にも人気があります。

中古品を販売するためには資格が必要なので、無資格でできる新品を扱うのが基本です。売れるものを見極めるためのマーケット分析が必要で、ビギナーのうちはどれが高値の付く商品かを予測するのが難しいものです。

また、仕入れのための資金が少ないと、稼ぎも少なくなります。せどりの差益は2割程度が望ましいといわれており、月間に5万円以上の儲けを目標にする場合は月間25万円以上の売り上げが必要になります。

在宅のフリーランス

在宅案件にフォーカスしてフリーランスで稼ぐという考え方もあります。

クラウドソーシングサービスに登録し、企業や個人からの案件で自分ができそうなものを受注するのです。ライティングやイラスト、プログラミング、DTMの音楽作成などのスキルがあれば、案件も豊富です。

動画編集など、好きな人にとってはスキルを磨きながら収益が得られる仕事もあります。案件次第ではあるものの主婦にとって、自分の得意なものを生かせる働き方と言えるでしょう。

専門性が高い領域であれば、実績を積んでいくことでクラウドソーシング内での評価が上がって、高単価案件を受注しやすくなります。

お金が欲しい女性が稼ぐ方法

お金が欲しい女性が稼げる方法をここでは紹介します。主な方法としては以下のようなものがあります。

●ココナラやスキマで稼ぐ
●ネットショップでハンドメイド品を売る

ココナラやスキマで稼ぐ

「ココナラ」や「スキマ」はアウトソーシングの一種です。

ココナラの中の多くのカテゴリーには、前述のクラウドワークスやランサーズのような専門的なものもありますが、よりパーソナルなサービスやコンテンツ、成果物を売り買いすることができます。スキマはイラストがメインの仲介サービスです。

ココナラは200種類以上の豊富なカテゴリーから、サービスを比較検討することが簡単にできます。サービスの売り買いはすべてオンラインで行います。時間や場所に縛られずに、テキストチャットやビデオチャット、電話などで取引が可能です。購入や販売のお金のやりとりは、すべてココナラを通して行われるので、トラブルも避けることができるでしょう。

スキマは稼ぎたい人がイラストや文章、占いなどのクリエイターになって、お金を払ってくれる個人とつなげてくれるコミッションサービスです。買う側にとっては、安全にイラストや文章を依頼できるサイトとなっています。LINEスタンプやTwitterのアイコン、本の表紙や挿絵などさまざまな絵柄のクリエイターが多数出品しています。お金のやり取りもココナラ同様に安心です。

ネットショップでハンドメイド品を売る

ハンドメイドのバッグや人形、キーホルダーやストラップなど、さまざまなグッズを作り、自分のネットショップを開設して販売する方法もあります。

最近はBASEやカラーミーなど、無料で使えるネットショップ開設サービスがあります。それらを利用して自分のオリジナルグッズを販売する女性が増えているようです。

お金が欲しい大学生が稼ぐ方法

次に、お金が欲しい大学生が稼ぐ方法にフォーカスしてみましょう。ここで紹介するのは以下の4つです。

●ポコチャでLIVE配信
●シェアフルを活用
●覆面調査員
●治験

ポコチャでLIVE配信

ポコチャとはDeNAが運営するアプリで、ライブ配信の配信者が時給制で稼ぐことができるサービスです。人気が上がるにつれて時給も高くなり、最終的には時給2500円くらいまで上がるようです。

ライブ配信のアプリはほかにもありますが、配信時間に応じて収益が得られるタイプのサービスはポコチャだけかもしれません。素人でもお小遣い程度以上に安定して稼げるということで人気があります。

ポコチャの特徴は、単に雑談を配信するだけで稼げることでしょう。また、一般人の配信者が多いのも特徴です。必要最低限のコミュニケーション力は必要であり、配信頻度も大事なポイントとなります。

シェアフルを活用

シェアフルは、1日単位のバイトがすぐに見つかるというユニークなアプリです。現状では関東中心ではあるものの、全国のエリアで使うことができます。面接は不要で、履歴書なども不要です。平均時給は1200円以上です。

シェアフルを活用すれば、ちょっとだけ時間が空いているときに応募して単発バイトができます。シェアフルでは、当日や直前であっても働くことが可能です。勤務時間も3〜6時間程度なので、短時間働いてお金を稼ぎたいときによい方法と言えるでしょう。

覆面調査員

覆面調査員はユニークなアルバイトです。無料で食事ができてさらにお金がもらえるのです。指定された飲食店に一般客の立場で訪れて、店のサービスについて調査する案件で、アンケート形式で回答します。

店は指定されており、中には自分では選ばないような店に行くこともあります。友達同士で行けば、お金を稼ぎながら楽しい時間を過ごせるかもしれません。ただし、たくさん稼ぎたい人には向いていません。

治験

治験は薬品の効果や安全性を調査するための、被験者となるアルバイトです。

ちょっとリスキーな印象もありますが、治験で試される薬品はジェネリック医薬品やすでに海外で使われている前例がある場合が多いようです。まったく新しく生まれた新薬の治験は、アルバイトではほとんどないらしく、それほどリスキーということもないようです。

通院タイプと入院タイプの2種類の治験があり、通院タイプであれば報酬は1回で1~2万円程度といわれています。入院タイプは当然拘束時間が長くなる分、もらえる額も期待できます。

治験は始める前に健康診断があるので、無料で健康診断が受けられる点がメリットとも言えます。薬品や疾病に関する知識が増え、入院タイプでは規則正しい生活を送るので、生活リズムが整うというメリットもあります。

しかし、治験の内容によっては食事や運動を制限される場合もあり、また注射が嫌いな人にはつらいバイトかもしれません。

お金が欲しい高校生が稼ぐ方法

アルバイトが禁止されていない高校なら、やはり手っ取り早く確実に稼げるのがアルバイトでしょう。求人誌や求人フリーペーパー、ネットの求人サイトで多くの案件を見つけることができます。

高校生がアルバイト以外で稼ぐことのできる方法としては、YouTuberやVTuber、動画編集などが考えられます。より手軽なものとしては、例えばポイントサイトやアンケートなども挙げられます。空いている時間に手軽にできるうえ、始めるための費用も掛かりません。

しかし、中には換金率が悪いものや換金に制限がかかって実質的には換金できないという場合もあるので、始める前によく確認する必要があります。

また、アンケートサイトは個人情報を取り扱うので、悪用されないように母体がしっかりしている会社を選ぶのが賢明です。

今すぐお金が欲しいときに借りる方法

誰しも「今すぐお金が欲しい」といったような局面にぶつかることがあるでしょう。すぐにお金を稼げないときに確実な方法としては「借りる」ことです。ここでは、手軽にお金を借りる方法を紹介しましょう。

主な方法として、以下の3つを挙げることができます。

●クレジットカードのキャッシング
●即日対応できるカードローンの利用
●質屋の利用

クレジットカードのキャッシング

現代は学生でも、クレジットカードの1枚や2枚を持っているのが普通です。そのクレジットカードでショッピングではなく、キャッシングをしてお金を調達することができます。

いくら借りられるかはカードを作ったときに限度枠が決められているはずですが、5万円や10万円などの少額なら、おそらくキャッシングできるケースが多いでしょう。返済はショッピングと同様の締め日で、決められた引き落とし日に指定口座からショッピング代金とともに引き落とされます。

しかし、キャッシングの場合は、ショッピングには付かない金利手数料が付きます。年率13〜15%程度なので、高めの金利とも言えますが、返済までの期間が短ければそれほど心配はありません。多額のキャッシングをしてリボルビング払いにすると、かなりの金利がトータルでかかってくることになるので、注意が必要です。

即日対応できるカードローンの利用

いわゆる消費者金融カードローンは即日融資ができるところも多く、Web完結で申し込みやすくなっています。審査さえ通過すれば、その日にコンビニATMなどから融資分を出金することが可能です。

質屋の利用

質屋は若い人にはなじみが薄いかもしれませんが、昔はお金の調達といえば質屋が使われていました。

家財道具や宝石、ブランド品、ゴルフバッグなどを担保である「質草」として預けて借りることができます。

返せない場合は質草が質屋の手に渡るだけです。返済できれば質草は戻ってきます。非常にシンプルなシステムで、金利に関しては月利1%程度です。高からず低からずという金利と言えるでしょう。

借りることなく働かず お金を調達する方法

最後に、借りることもなく働くこともなくお金を調達する方法を紹介しましょう。 それは以下の2種類の方法です。

●フリマサイト
●カーシェアリング

フリマサイト

ヤフオクやメルカリ、ラクマなどを使って、自分は要らなくなったけれど誰かにとって価値があるものなどを気軽に販売する方法です。

売れて発送する際は自身で梱包しなければならず、梱包材の準備と費用はかかりますが、捨てれば何も価値を生まないものがお金に変わるので、働かずに稼げる方法といってよいでしょう。

カーシェアリング

マイカーを貸し出す「カーシェアリング」という、ちょっとした副業になるビジネスが注目され始めています。

普段使っていない車があるなら、それを貸し出して誰かにレンタルすれば、使用料収入が得られます。ユーザーも好きなときに好きな車に乗れるので、お互いにメリットがあります。

マイカーを所有していると乗らなくても維持費がかかりますが、カーシェアリングはその車がお金を稼いでくれるので、維持費分を差し引いてもプラスになることが期待でき、新しい副業としても人気があります。

お金が欲しいときには環境にあった方法を選ぼう

お金が欲しいときに、それぞれの立場で稼ぐ方法や働かなくてもお金を調達できる方法をいろいろ紹介しました。中にはリスクがあるものや注意点が多いものもあるので、利用する際はよく調べて自己責任で行う必要があります。

自分自身のそのときの環境にふさわしい稼ぎ方をよく考えて選び、実行するのが賢明と言えるでしょう。