「初めてなのでよく分からず借りてしまった」「急いでいたので目についたカードローンで手続きをしてしまった」などの理由で、現在のカードローンの金利が適正なのか分からず、悩んでいる人もいるでしょう。

このような場合には、金利の安い銀行カードローンへの借換えが有効です。今回は、三菱UFJ銀行のカードローンへの借換えを検討した際に知っておくべきことについて解説します。

借換えローンとは

三菱,UFJ,ローン,借換え
(画像=PIXTA)

「借換え」とは、金利の高いローンから金利の低いローンへと借り入れ先を改めることです。金利が高ければ高いほど、月々の返済や最終的な支払い額が増えてしまいます。こうした状況を少しでも改善するためには、借換えローンを検討してみることがおすすめです。

借換えをして金利が減ることのメリットとしては、毎月の返済金額や返済総額が減る可能性があることで、返済のストレスが軽減できることが挙げられるでしょう。

借換えは元々1社からのローンを借換える場合だけを言い、複数社の借り入れを1社のローンに組み直す場合は、おまとめローンともいわれます。

三菱UFJ銀行のカードローン「バンクイック」は低金利

三菱UFJ銀行カードローン バンクイック

バンクイックの金利は、年1.8%~14.6%となっています。消費者金融のカードローンの上限金利は年18%のため、上限だけで比較しても3.4%低いことになります。そのため、比較的長く借り入れをしたいという人や、大きな金額を借りたいという人におすすめです。

三菱UFJ銀行に口座を持っていなくても利用でき、事業資金を除けば借りたお金の使いみちは自由です。利用限度額は、10万円から最高500万円までとなっています。

メガバンクである三菱UFJ銀行はブランド力が高く、規模も大きいため安心感があります。銀行カードローンの中では審査が早いといわれ、インターネットなら24時間いつでも申し込みができるのも便利です。

バンクイックは借換えローンに利用できる

バンクイックは借換え専用ではありませんが、現在組んでいるローンの金利がバンクイックの上限金利より高い場合は、借換えをする意味があります。

消費者金融の金利は、利息制限法によって決められた元金に対する上限金利に設定されていることが多いです。そのため、10万円未満の借り入れは年20.0%、10万円以上100万円までの借り入れは年18.0%、100万円以上は年15.0%などと金利が設定されています。法律によって、それ以上高い金利を設定してはいけないという決まりになっているのです。

そのため100万円以上借りている場合でも、消費者金融から三菱UFJ銀行カードローン「バンクイック」への乗り換えることで金利が安くなる可能性があるでしょう。

三菱UFJ銀行カードローン バンクイック

バンクイックでの借換えに向いている人とは

バンクイックは、カードローンを中長期的に利用したいという人に向いています。そのため、借換えにも向いているでしょう。その理由を見ていきます。

バンクイックの「最低返済額」は、借入額が10万円以下の場合は月々1000円からと低額に設定されています。毎月最低1000円を返済すれば、少なくとも滞納しなくて済むので、現在は経済的に厳しいけれども、今後の収入が改善する見込みがある人に向いています。また、一時的に収入が少なくなった場合なども、とりあえず1000円だけ返済することが可能なのです。

ただし、毎月の返済額が少ない分、完済までの期間が長くなることには注意が必要です。借入期間が長ければ長いほど、最終的に支払う利息の額が大きくなってしまいます。

バンクイックの場合、最低返済額さえクリアしていれば返済金額は自由に決めることができます。余裕があるときにできるだけ多く返済すれば、支払う利息の額を抑えることができます。

バンクイックを使うメリット

バンクイックのメリットは、やはり三菱UFJ銀行というメガバンクのブランド力にあります。銀行カードローンなので、比較的低金利で借りられるほか、総量規制の対象外となっています。

総量規制とは、貸金業法で規制されている貸金業者から借りられるお金の総額の上限額です。総量規制によって、貸金業者が行う貸し付けは「借り入れる本人の年収の1/3を超えてはならない」と決められています。しかし、バンクイックでの借り入れは、この分に加算する必要がありません。

ほかに、インターネットを利用すれば24時間いつでも申し込めることも便利な点です。さらに、テレビ窓口、携帯電話、FAX、郵送といった、さまざまな種類の申し込み方法があります。例えばインターネットなら、最短30分で審査が完了します。テレビ窓口の場合、問題がなければ40分でカードの発行までが行えるスピード感もメリットの一つです。

三菱UFJ銀行カードローン バンクイック

バンクイックで借換えするときに注意すること

借換えローンとしてバンクイックを利用する場合、以下の点に注意が必要です。

借換えローンの目的は、金利を少しでも安くすることにあります。そのため、本当に金利が安くなるのかを事前にしっかりと調べる必要があります。

オフィシャルサイトなどに記載されている金利は、年4.0~14.5%というように、幅のある表記となっています。そのため、まずは最高金利で簡易的に比べてみましょう。詳細に調べたい人は、各社のサイトにある返済シミュレーションツールの利用をおすすめします。

せっかく金利の安いローンに借換えをしても、毎月の返済額を減額した場合、期間によっては返済総額が割高になる可能性があります。シミュレーションツールを使用すれば、その点についても大まかに金額を把握できるでしょう。

もう一つ注意したいのが、借換えに審査が必要である点です。ローンの審査基準は各社によって異なるため、審査に通るかどうかは受けてみないと分かりません。

審査に落ちる原因とは?

もしバンクイックの審査に落ちてしまったら、どうしたらよいのでしょうか。まずは、落ちてしまった理由を把握することが大切です。そこで考えられる、カードローンの審査に落ちる理由は以下の4点です。

・借り入れ件数が多い

三菱UFJ銀行のケースでは、銀行カードローンやクレジットカードキャッシングも借り入れ件数に含まれます。それらを含めて4件以上になると審査に落ちてしまいます。

・個人信用情報に異動情報がある

信用情報に貸し倒れや債務整理、長期延滞などのブラック登録がされていると、最長5年は審査が通りません。また、バンクイックの審査元であるアコムで過去に長期延滞や悪質な取引をしていた場合は5年以上データが残されているので注意しましょう。

・勤続年数が短い

転職したてなどの理由で勤続年数があまりに短い場合、収入が不安定とみなされて審査に落ちる可能性があります。

可能ならば審査を受ける前に、もし落ちてしまったのなら以上の点を改善して再審査を受けてみましょう。

審査を通りやすくするための準備

バンクイックの審査を通りやすくするには、注意すべきポイントがあります。審査基準はどこにも表示していないので不明なものの、どこのカードローンの審査においても重要なのは以下の2点です。

・返済能力があること
・返済遅延がないこと

返済能力の有無は、給与や不動産の賃貸収入などによって、定期的な収入を得ているかどうかで判断されます。また、200万円以上を借りる場合には収入証明書が必要となります。

たとえ年収が多かったとしても、過去に何度も返済が遅れしまったり、督促されてやっと返済したりということを繰り返していると、信用度が低下してしまいます。お金の貸し借りにおいて、信頼関係をしっかりと築いていくことが大切だと言えるでしょう。

三菱UFJ銀行カードローンの審査基準

このほか、スムーズに審査を通過するために、どのようなポイントを審査でチェックされるのか知っておくと安心です。

・借り入れ件数

バンクイックの「お借入診断」では、借り入れ件数と金額を入力することで借り入れ可能かどうかを判断できます。こちらに入力してみると、銀行カードローンも含めて4件以上の借り入れがある場合は、審査落ちする可能性が高くなることが分かります。

・信用情報機関の情報

三菱UFJ銀行にカードローンの申し込みをすると、信用情報機関で他社の借り入れ状況や、これまでの返済状況などを調べられます。5年以内に貸し倒れや長期延滞、債務整理などがあるとブラックリストに載ってしまい、審査に通ることができません。

・年収

おまとめローンを組むには、他社で借りている総額が借入希望金額になります。希望金額が年収に対してあまりに高い場合、貸し倒れのリスクが高いとされ審査に通らない可能性があります。

・アコムでの取引状況

三菱UFJ銀行のバンクイックは消費者金融のアコムが保証会社になっています。アコムで借り入れがあっても審査に落ちるということはありませんが、借り入れで延滞などを繰り返している場合には審査落ちしてしまう可能性もあります。

・勤続年数

返済には定期的な収入が不可欠となります。そのため、勤続年数が短いと審査に通らなかったり、借入可能金額が低くなったりすることがあります。特に簡単にやめることのできるアルバイトやパートだと、正社員に比べて審査では不利となります。

借りる前に確認しておきたい返済方法

長期間で返済する場合は、返済方法が楽であることも重要です。バンクイックの返済方法は、自動支払い、ATM、振り込みの3種類があります。それぞれ詳細を確認しておきましょう。

・自動支払い

他行の口座の場合、口座振替は利用できませんが、三菱UFJ銀行口座であれば口座振替で返済が可能です。他行で利用するためには、「自動支払依頼書」を提出しなければいけません。

・ATMによる返済

バンクイック専用カードならば、三菱UFJ銀行ATMはもちろん、セブン銀行ATM、ローソン銀行ATM、イーネットATMなど近くにあるATMで、借り入れと返済が可能です。月曜日の午前1時から5時、毎月第2土曜日の午後9時から午前7時をのぞいた午前0時10分から午後11時50分の時間帯であればいつでも利用できます。また利用手数料は無料です。

・振り込みによる返済

金融機関からの振り込みは振り込み手数料がかかりますが、三菱UFJダイレクト(インターネットバンキング)を利用した返済は手数料が無料です。ただし、午後3時以降に入金した場合、反映されるのが翌日となるため注意しましょう。

スムーズな返済を心がけて、必要なときにいつでも借り入れできるように準備しておくことも大切です。

三菱UFJ銀行カードローン バンクイック