三菱UFJ銀行が提供するカードローン「バンクイック」は、日常生活で必要な資金が借り入れできるサービスです。

カードローンによっては土日に利用できなかったり、利用できる機能に制限があったりするなど、利用者にとって不便な場合もあります。今回は「バンクイック」の特徴や、土日でもスムーズに利用できるのかという点などに注目して、解説していきます。

三菱UFJ銀行のカードローン「バンクイック」を利用するメリットとは?

オリックスローン,増額
(画像=PIXTA)

「バンクイック」を利用することで、いくつかのメリットがあります。どのような人が利用に適しているのか、サービスの特徴とともに理解しておくことで、カードローンを上手に活用できるでしょう。

三菱UFJ銀行カードローン バンクイック

・金利を低く設定できる

金利を低く設定できる点は「バンクイック」の魅力の一つです。適用される金利の幅が年1.8%~年14.6%となっており、利用限度額によっては大幅に金利を抑えることができます。

ほかの金融機関でも利用限度額によって金利を抑えられるようになっていますが、「バンクイック」ほど低く金利を抑えられるカードローンはほとんどありません。

・利用限度額が高い

利用限度額が高く設定されているのも、「バンクイック」のメリットです。最大500万円まで借り入れ可能なので、余裕をもってカードローンを利用できます。

三菱UFJ銀行のカードローン「バンクイック」は土日でも申し込みできる?

カードローン会社によっては、土日の申し込みに対応していなかったり、利用が制限されたりするケースもあります。

三菱UFJ銀行の土日の対応を知っておくことで、突然まとまったお金が必要になったときでも、スムーズに現金を借り入れできるようになるでしょう。

・土日でも申し込み可能

「バンクイック」は土日でも申し込みが可能です。週末を挟むことで審査が大きく遅れることもなく、スムーズに現金を借り入れできます。

・在籍確認の時間は大まかに指定できる

審査を進めるにあたり、申請した住所に居住しているか、勤務先に間違いはないかを確認するために在籍確認が行われます。

在籍確認をしたときに不在だと、審査が進まなくなってしまいます。三菱UFJ銀行では在籍確認の時間を大まかに指定できます。指定した時間帯に電話対応ができるようにしておけば、スムーズに審査を進められるでしょう。

三菱UFJ銀行カードローン バンクイック

三菱UFJ銀行のカードローン「バンクイック」の申請方法とは?

三菱UFJ銀行のカードローン「バンクイック」の利用を考えている場合、申請方法を知っておくことで、スムーズに借り入れ手続きができるようになります。

ここでは、三菱UFJ銀行のカードローン「バンクイック」の申請方法について、詳しく説明します。

・インターネットから申請する

三菱UFJ銀行のカードローン「バンクイック」は、インターネットから申請できます。三菱UFJ銀行の口座を持っていなくても、24時間申請できるので、いつでもどこでも申請できるのが魅力です。

・テレビ窓口や電話で申し込む

オペレーターに相談しながら手続きを進めたいという場合は、テレビ窓口や電話で申し込みするのがおすすめです。

土日も申請できるので、1人で申請手続きを進めるのが不安な人にうってつけです。ただし、利用時間帯が限られているので、あらかじめ確認したうえで余裕をもって連絡しましょう。

土日に三菱UFJ銀行のカードローン「バンクイック」を申し込む場合の注意点

土日に三菱UFJ銀行のカードローン「バンクイック」を申し込む場合、注意点を理解して手続きを進めていかなければ、思わぬトラブルが発生するおそれがあります。

・利息が発生するカードローンであることを知っておく

カードローンによっては、30日間無利息の商品など、利息が発生しないタイプもあります。しかし、三菱UFJ銀行のカードローン「バンクイック」は借入金額や借入期間にかかわらず利息が発生します。

そのため、カードローンを利用する前に、どれくらいの金利が適用されるのかを明確にして、返済計画を立てたうえで借り入れ手続きをするようにしましょう。

・夜間は対応してもらえない

三菱UFJ銀行のカードローン「バンクイック」は、ATMなどを利用すれば夜間でも借り入れできます。しかし、夜間は営業時間外のため、トラブルなどが発生しても、電話相談に対応してもらえません。

不安なことがあれば、日中の営業時間中に問い合わせておくと安心でしょう。

・営業時間の違いを知っておく

土日は、平日の営業時間とは異なる時間帯で、サービスを提供しています。テレビ窓口か電話対応なのかといった連絡手段によっても営業時間が異なるため、「バンクイック」を利用する前に確認しておきましょう。

・混み合う時間帯を避けて申し込みをする

土日になると多くの人が「バンクイック」を申し込み、現金の借り入れを行います。それに伴って問い合わせ窓口への連絡も増え、電話がつながりにくいといった事態が起こりやすいといわれています。

そんなときは営業開始直後や終了間近など、問い合わせが多くなりそうな時間帯を避けることで、スムーズに申し込みを進められるでしょう。

三菱UFJ銀行のカードローン「バンクイック」の申し込みをスムーズにするコツとは?

三菱UFJ銀行のカードローン「バンクイック」を申し込む場合、申請方法によっては手続きがスムーズに進み、より早く現金を借り入れできるようになります。

・必要な書類を事前に準備しておく

「バンクイック」の申し込み手続きを進めるためには、必要書類を三菱UFJ銀行に提出しなければなりません。

審査に必要な書類は、本人確認書類や収入または課税状況が証明できる書類など、あらかじめ決まっていることが多いです。必要になりそうな書類をあらかじめ用意しておくことで、スムーズに手続きが進むようになります。

・約定返済の延滞などの履歴を残さない

過去に約定返済の延滞などのトラブルを経験した場合、審査に時間がかかってしまうケースもあります。カードローンやキャッシングをよく利用するのであれば、なるべくトラブルを起こさないように事前に対応しておくことで、スムーズに審査が進むようになるでしょう。

三菱UFJ銀行カードローン バンクイック

三菱UFJ銀行のカードローン「バンクイック」の返済方法とは?

カードローン会社ごとに返済方法が異なるため、三菱UFJ銀行においても返済方法の種類や特徴について知っておかなければ、計画的に返済できなくなってしまいます。

・返済方法は3種類から選べる

三菱UFJ銀行のカードローン「バンクイック」の返済方法は、以下の3種類から選べます。

・自動返済(口座引き落とし)
・ATMでの返済
・振り込みによる返済

これらの方法から返済しやすい方法を選ぶことで、スムーズに借入残額を減らしていけるようになるでしょう。

・利用できない時間帯や入金が反映する時期に注意

「バンクイック」の返済をするにあたり、返済方法ごとに利用できない時間帯や入金が反映される時期が異なることに注意が必要です。

返済期日に間に合わなくなってしまうと、返済が遅延したとして信用度が低下したり、利用可能額が少なくなったりする危険性があるので、余裕をもった返済を心がけましょう。

三菱UFJ銀行のカードローン「バンクイック」を返済する際の注意点とは?

三菱UFJ銀行のカードローン「バンクイック」の返済をするうえで注意すべき点を解説します。

・返済期日を事前に確認しておく

三菱UFJ銀行のカードローン「バンクイック」は、35日ごとに返済するか毎月指定日に返済するかを選べるようになっています。

35日ごとの返済にすると、返済する日によっては返済が終了する日を短くできます。しかし、返済するたびに次回の返済期日が変わるため、延滞しないように気をつけましょう。

・支払期日が土日祝日の場合は期限が変わる

支払期日が土日祝日になる場合、翌平日窓口営業日が返済期日になります。正確な返済期日を理解することがスムーズな返済につながるので、計画的に返済が進むよう返済スケジュールをしっかり立てておきましょう。

三菱UFJ銀行のカードローン「バンクイック」の特徴を理解したうえで借り入れしよう

今回は三菱UFJ銀行のカードローン「バンクイック」について、特徴やメリット、申請する際の注意点などを説明しました。

カードローンを利用しながら安定した日常生活を送るためには、カードローン会社ごとの特徴や注意点をよく理解することが大切です。

説明した内容を参考にして、正しい知識のもとでカードローンを利用できるようになり、計画的に返済を進められるようにしましょう。

三菱UFJ銀行カードローン バンクイック