お金を借りる際は、できる限り利息の負担が少ない方法で利用したいところです。きちんと調べないまま目についたところで借りてしまうと、後悔するかもしれません。そのような状況に対応する方法として、借り換えがあります。この記事では、借り換えにおすすめのオリックスのVIPフリーローンについて詳しく解説します。

カードローンを借り換えするメリット

オリックス,ローン,借り換え
(画像=PIXTA)

カードローンを借り換えする最大の目的は、現在借り入れをしているカードローンの金利よりも低い金利にすることです。もう一つは、借り換えたカードローンの返済方式によっては、毎月の返済額を少なくできることです。

大きな目的はこの2つですが、ほかにもホテルやレンタカー、レジャー施設などの割引特典など、カードローン利用会員に対するさまざまな優待サービスが付加されているケースもあります。そのため、カードローンの特徴を事前にリサーチし、自分の希望に合ったものを選ぶことが大切です。

借り換え先を選ぶときのポイント

カードローンの金利には幅があります。基本的には、借入金額または限度額が大きいほど最低金利が適用され、少ないほど上限に近い金利が適用されます。最初に借り入れをする際には限度額いっぱいまで借りることは難しく、いきなり最低金利が適用されることはないでしょう。

最初の借り入れからきちんと返済することで、信用を積み重ねて徐々に借り入れ限度額が増えていきます。そのため、借り換え先を選ぶ際には上限金利を基準にするとよいでしょう。

借り換えの際は、より条件の良い会社を選ぶことになるので、一般的には審査が厳しくなりがちです。申し込む前に審査に通るための条件を確認して、準備しておくことも大切です。

オリックス「VIPフリーローン」がおすすめの理由

今回は借り換えにあたり、オリックスのVIPフリーローンがおすすめな理由を紹介します。

・2社の審査を受けられる

オリックスのVIPフリーローンは、オリックス・クレジットと新生フィナンシャルの2つの会社で審査を受けることができます。各社で審査基準が違うため、片方の審査に落ちても、もう片方の審査に通る可能性があります。

ただ、新生フィナンシャルは消費者金融(レイクALSA)の会社なので、審査結果によっては金利が高くなる可能性もあります。借入金額が少ない場合、金利が消費者金融と変わらない場合もあるでしょう。

・ATMを手数料無料で使える

オリックスのVIPフリーローンは、借入時5万円以上の利用で、三井住友銀行やゆうちょ銀行など一部の提携ATMを手数料無料で利用できます。また、手数料はかかるもののATMから手軽に返済することもできます。

・書類の郵送や来店の手間が省ける

ローンの借り換え申し込みをする際、VIPフリーローンなら来店不要で、インターネットからの申し込みが可能です。必要書類もネット上でアップロードできるので、コピーをとったり郵送したりする手間が省けます。

オリックスVIPフリーローンとは?

オリックスVIPフリーローンは、さまざまなローン商品を扱うクレジット会社、オリックス・クレジットが扱うカードローンです。

オリックスのさまざまなローン商品の中でも、VIPフリーローンは借入限度額が800万円と高額で、最低融資金額は100万円からに設定されています。金利も年3.0%~年14.5%と消費者金融の上限金利年18.0%と比較して低めに設定されているため、おまとめや借り換えとしての利用にぴったりです。

ひとつ注意したいのは、年収400万円以上という申し込み条件があることです。

また、カードローンにおいて注意が必要な総量規制についても特殊な条件となっています。総量規制とは、年収の1/3までしか貸し付けることができないという法律です。本来、消費者金融や信販会社は対象となりますが、VIPフリーローンはおまとめローン用ということで総量規制から除外されています。

事前にチェックしておきたい申し込み資格

オリックスVIPフリーローンの申し込みの条件は以下のとおりです。

申し込み条件:日本国内に居住し、申し込み時点で20歳以上65歳未満、年収400万円以上であること

先述のとおり、VIPフリーローンは年収による申し込み制限が設けられている点が特徴です。カードローンやフリーローンで年収制限があるケースはあまりなく、制限があっても100万円~200万円程度がほとんどです。年収400万円の制限はかなりハードルが高いと言えるでしょう。

職業による申し込みの制限はないものの、パートやアルバイトの人がクリアするにはなかなか厳しく、利用できる人は限られます。しかし、その分、高額融資が可能で、低金利での利用も見込めるでしょう。

オリックスVIPフリーローン申し込みの手順

オリックスVIPフリーローンの申し込み手順は、大きく以下の6つのステップになっています。

・申し込み

スマートフォンまたはパソコンで、オリックスのWebサイトから24時間申し込みが可能です。申し込み後に届いたメールから受信確認を行うことで審査開始となります。

・審査結果の連絡

電話か登録したメールアドレス宛に審査結果が連絡されます。

・プランの提案

法令に基づいた、返済負担が軽減されたプランが提案されます。

・契約内容の郵送、返送

郵送で送られてくる契約書類を確認し、ポストに投函します。

・契約内容の確認

提出された書類をオリックス・クレジットが確認し、契約が完了します。

・指定口座に振り込み

指定した口座に借入金が入金されます。あわせて書面が簡易書留で届きます。

審査に通るために準備しておくこと

年収の高さのハードルからも分かるように、VIPフリーローンの審査は甘くありません。事前にしっかりと準備しておくことがおすすめです。

通常、勤続年数は半年以上であれば審査で大きなマイナスにならないとされています。しかし、審査通過の可能性を高めるならば、1年以上が理想でしょう。3年以上であれば、審査の安心材料になります。

また、過去の滞納履歴にも注意しましょう。信用情報機関にクレジットカードの利用や携帯電話料金の支払いの遅延情報の記録が残っている可能性があります。

リボ払いからの借り換えも可能

オリックスVIPフリーローンは、通常の借り換えに限らず、リボ払いからの借り換え先にも利用できます。リボ払いは、支払い回数の限度がなく、あらかじめ設定した一定の額を支払う返済方法です。残高スライド方式の場合、返済残高が減ると支払い額も減り、返済が長期化してその分利息がかさんでしまいます。

現在のカードローンで、このような返済方法の場合、VIPフリーローンへの借り換えを検討してみることをおすすめします。

VIPフリーローンでは、貸金業法に基づいて返済負担が軽減されるプランが提案されます。そのため、金利が低くなり、毎月の返済額が軽減されることで、より早く完済できるでしょう。

借り換えができない可能性も?総量規制とは

消費者金融や信販会社などからの借り入れに関しては、法律で定められた「総量規制」によって、年収の1/3を超える貸付は原則禁止です。ただし、銀行の貸し付けは総量規制の対象外のため、銀行カードローンで借り入れた分は合算する必要がありません。

また、借り入れの必要性・緊急性が高い場合などに、年収の1/3を超える貸し付けが例外的に許される「例外貸付」という契約類型があります。借り換えローンやおまとめローンは、「顧客に一方的に有利となる借り換え」とされ、例外貸付に該当します。

そのため、借り換えローンが総量規制に引っかかることはありません。ただし、その後の追加融資については例外貸付の対象となりません。後で追加融資が必要になったとしても、年収の1/3を超える分の借り入れはできない可能性があるので注意が必要です。

おまとめローンと借り換えの違い

借り換えと混同しやすいローンサービスに、おまとめローンがあります。借り換えローンとおまとめローンには、どのような違いがあるのでしょうか。

「借り換えローン」は、1つのカードローンから別の新しいカードローンに乗り換えることをいいます。例えば、A社のカードローンをより金利の低いB社のカードローンに借り換える際には「借り換えローン」を利用します。

一方、「おまとめローン」は複数のカードローンを1社にまとめることをいいます。例えば、A社とB社にカードローンがある場合、新たにC社が提供しているおまとめローンで、A社とB社の借入残高をまかなえるだけの借り入れをします。そして、C社から借りたお金でA社とB社の借り入れをすべて返済して、あらためてC社に返済を一本化するという仕組みです。

借り換えローンは金利と返済方法に注意すればよい一方、おまとめローンでは、借り換え先を決めるポイントに借入額の合計なども踏まえるため、少々複雑です。

まずは、現在の借り入れ状況に合わせて、借り換えローンとおまとめローンのどちらを利用するか選択することから始めましょう。