2020年前半から続く新型コロナウイルス感染拡大の影響で、国はもとより、個人や法人も大変な状況に陥っています。カードローンや住宅ローンなど多額のローンを抱えている人にとっては、仕事への影響で生活が苦しくなるうえに、返済負担が重くのし掛かっていることでしょう。 新型コロナウイルス感染拡大の影響を受けて、メガバンクの一角であるみずほ銀行は、個人や法人に対して積極的な手を打っています。今回は、みずほ銀行の具体的なコロナ対応について紹介します。

みずほ銀行のコロナへの対応

みずほローン,コロナ
(画像=PIXTA)

みずほ銀行では、新型コロナウイルス感染予防と安全を考慮して、来店せずに取引できるインターネットバンキングサービスや申し込みサイトなどを用意しています。

<窓口はこちら>
個人顧客向けの案内

基本的な事項に関しては、電話で問い合わせる前にFAQを確認してみましょう。

<FAQ:よくある質問と回答>

来店せずに新規口座を開設したい
住所変更の手続きをしたい
インターネットバンキングにログインできません
みずほマイレージクラブの取引条件を満たしているはずですが、これまでかかっていなかった他行宛振込手数料がかかりました。
窓口に行かなくても、税金や公共料金や通信販売などの各種料金をインターネットで支払うことができますか

カードローン申し込み受付

カードローンの申し込みもオンラインで24時間受け付けており、来店せずに行うことが可能です。ただしみずほ銀行の口座の有無で、申し込み手順が変わるので注意しましょう。

インターネット申し込み画面へのリンク

手順は、以下のステップ1から6までです。

ステップ.1:申し込み

みずほ銀行口座の有無に応じて申し込みボタンを選択し、申し込みフォームに必要項目を入力して送信しましょう。「みずほ銀行口座をお持ちの方ボタン」は「キャッシュカード兼用型」のみが対象です。

「カードローン専用型」を希望する場合、「みずほ銀行口座をお持ちでない方ボタン」を選択しましょう。

ステップ.2:審査

みずほ銀行ならびに保証会社によって審査が行われます。保証会社から申し込み内容について電話で問い合わせがくる場合もあるので、覚えておきましょう。

ステップ.3:審査結果の通知

審査結果は、登録したメールアドレス宛に届きます。

ステップ.4:審査完了後の手続き

<みずほ銀行の口座がある場合>

別途「必要書類登録用URL」が送信されます。メールに記載された手順に沿って手続きを行いましょう。

利用限度額が50万円以下であれば、収入証明書類の提出は不要です。

<みずほ銀行の口座がない場合>

A:普通預金口座同時申込を希望した場合、通帳などが送付されます。受け取りの確認後、カードローン口座が開設され、キャッシュカードが送付されます。

B:普通預金口座同時申込を希望しない場合、契約書類が送付されます。カードローン契約には、みずほ銀行の普通預金口座が必要です。普通預金口座を開設し、契約書類に必要事項を記入して返送します。

インターネット支店を希望する場合、「みずほ銀行インターネット支店」から請求しましょう。普通預金口座の開設完了後に、契約書類に必要事項を記入して返送します。

ステップ.5:契約完了後

カードローン口座開設の完了通知がメールで届きます。その後、自宅住所に「契約内容確認書」が郵送されます。

ステップ.6:利用

<キャッシュカード兼用型を選択した場合>
カードローン契約の手続き完了後、すぐにキャッシュカードで利用可能です。

<カードローン専用型を選択した場合>
カードローン契約の手続き完了後、1~2週間でカードローン専用カードが届きます。

カードローンの借り入れ・返済

モバイルバンキングでカードローンの借り入れや返済ができます。金利や残高の照会も可能です。

モバイルバンキングでの返済は任意返済なので、別途、指定口座から毎月返済する必要があります。返済時の利息は精算されないので注意しましょう。

貸越利息も含めた貸越残高をすべて完済する場合は、みずほ銀行店舗での手続きが必要となります。ちなみに、テレホンバンキングでもカードローンの借り入れと返済ができます。

各種無担保ローン仮申し込み受付

カードローン以外にも、「住宅ローン」「リフォームローン」「教育ローン」「多目的ローン」などをインターネットから新規で申し込むことが可能です。

各種お申込|みずほ銀行

資金繰り相談

みずほ銀行は、新型コロナウイルス感染症拡大の影響を受けた人に対する資金繰り相談窓口を設置しています。みずほ銀行本支店に来店するか、電話やメールでも相談できます。

・相談できる内容

新型コロナウイルス感染拡大の影響を受けた資金繰りに関する相談が可能です。日本政策金融公庫の制度融資など、利用可能な複数の資金調達方法を案内してもらえます。

・相談できる対象者

みずほ銀行に口座を持っている人が対象ですが、みずほ銀行との融資取引の有無によって相談窓口が異なります。以下に受付方法をまとめました。

・受付方法

<融資取引がある人>

1 来店もしくは電話での相談を希望する場合
【連絡先】みずほ銀行取引店
(土日曜日、祝日・振替休日は受付なし)

2 メールでの相談
以下のメールアドレスで相談できます。
【メール】shikinguri.soudan@mizuho-bk.co.jp

<融資取引のない人>

1 電話での相談を希望する場合
【連絡先】みずほ銀行中小企業資金繰り相談窓口
電話番号0120-501-118
受付時間9時00分~17時00分
(土日曜日、祝日・振替休日は受付)

2 メールでの相談
以下のメールアドレスで相談できます。
【メール】shikinguri.soudan@mizuho-bk.co.jp

メールでの相談は以下の内容で行うとよいでしょ。

・送信メールの件名:資金繰り相談について

・メール本文に記入する事項:氏名(企業の場合は会社名・代表者名)
              住所
              連絡先(日中に連絡がつく電話番号)
              取引店名
              相談内容

メール確認後、担当者から連絡があります。メール本文にこれらすべての記載がない場合、受け付けできないこともあるので注意しましょう。

住宅ローンに関する相談

住宅ローンに関する相談窓口も用意されています。

<新規に住宅ローン借り入れを検討中の場合>

【オンライン融資「ネット住宅ローン」による相談】
受付時間:休日を含む24時間
ネット住宅ローン、住宅ローンから相談できます。

【電話での相談】
フリーダイヤル:0120-3242-86 5#1#
受付時間:平日9時00分~21時00分 土日9時00分~17時00分
※1月1日~1月3日、祝日・振替休日は受け付けていません。
12月31日の受付時間は9時00分~17時00分

<みずほ銀行で住宅ローンを利用中の人>

・利用内容の確認や条件変更(一部繰上返済、金利方式切替など)の手続きはインターネットバンキング「みずほダイレクト」が利用できます。

「新型コロナウイルス感染症拡大対応ファンド」

みずほ銀行は新型コロナウイルス感染症の影響を受けた人の資金調達ニーズに充分に応えるため、日本銀行の「新型コロナウイルス感染症にかかる企業金融支援特別オペレーション」を活用したファンドを設立しました。

ファンド名は「新型コロナウイルス感染症拡大対応ファンド」で、総額3000億円のファンドです。資金使途は新型コロナウイルス感染症の被害・影響拡大に伴って新たに発生した運転資金や設備資金のニーズに対応するものです。

・借入金額
借入金額は原則、3000万円以上

・借入期間
1年以内

・適用金利
適用金利は、みずほ銀行所定の金利から引き下げて設定

新型コロナウイルスの影響を受けた人への融資

また、みずほ銀行は新型コロナウイルス感染症拡大の影響を受けた事業法人および営業性個人に対し、支援の一環として融資を開始しました。

取引店から被害・影響の状況についてのヒアリングがあります。

・借入金額
最大で3000万円

・借入期間
最長で5年、元金均等返済で1年据置可能。

・借入金利
審査結果に応じたみずほ銀行所定の優遇金利が設定されます。

あらゆる手続きがインターネットで!

みずほ銀行では新型コロナ対応として、あらゆる手続きがインターネットでできるように配慮されています。以下の表にまとめました。

 項目  内容  利用可能なサービス  利用可能時間
 よく利用される取引  残高照会や入出金明細

 などの 確認
 みずほダイレクト

  かんたん残高照会
 24時間
 振込や振替  みずほダイレクト  24時間
 税金や公共料金

 などの支払い
 みずほダイレクト

 Pay-easy
 0:05~23:55
 各種手続き  住所の変更や電話番号

 の変更
 みずほダイレクト  24時間
 新規の口座開設  口座開設アプリ

 インターネットで

 口座開設
 24時間
 預金・外貨預金・

 投資信託
 投資信託の口座開設

  投資信託の購入や売却

  定期預金・外貨預金・

 グローバル口座の

 口座開設・または

 預入など
 投資信託口座開設アプリ

 みずほダイレクト
 24時間

  外貨預金・グローバル

 口座のご利用時間は、

 下記(*2)を参照
 各種ローン  カードローンの新規申込  インターネットからのお申込  24時間
 お借入中のカードローン

  の借入や返済
 みずほダイレクト  24時間
 住宅ローンの新規申込  ネット住宅ローン

 AI事前診断
 24時間
 お借入中の住宅ローン

 に関する申込
 みずほダイレクト  24時間
 その他  「みずほマイレージ

 クラブカード

 (クレジットカード)」

  「みずほJCBデビット」

 の申込
 みずほマイレージクラブ

 カードのお申込


 みずほJCBデビット

 のお申込
 24時間
 みずほダイレクト

 の申込
 みずほダイレクトの

 新規申込/変更手続き
 24時間

ネットでカードローンを申し込んでみよう

みずほ銀行では、新型コロナウイルス感染拡大を受けて、さまざまな対策を実施しています。

新型コロナの影響で生活資金などが苦しくなっている人は、インターネットでスムーズに申し込むことができ、金利も低めに設定されている、みずほ銀行のカードローンサービスの利用を検討してはいかがでしょうか。