CMでもおなじみの大手カードローン会社アイフルから融資を受けることを検討している人もいるでしょう。アイフルは即日審査や即日融資にも対応している非常に便利なカードローンです。この記事ではアイフルのカードローンに申し込む際の審査の仕組みや基準を詳しく解説します。

アイフルの審査基準は?

アイフル,審査
(画像=PIXTA)

アイフルには、審査にあたって重要な基準がいくつかあります。審査を受ける前に、自分が審査を通過するための基準を満たしているかどうか、よく確認しておきましょう。

主な審査基準について紹介します。

・返済能力があるか

まずアイフルの審査で重視されるポイントとして「返済能力があるのか」という点が挙げられます。返済能力がないとみなされれば、アイフルの審査に通過する可能性は下がります。

以下に返済期間および返済回数、貸付対象者の用件をまとめました。

 返済期間および返済回数  1回の支払いにつき35日以内または毎月約定日払い

 借り入れ直後最長14年6ヵ月(1~151回)
 貸付対象者  満20歳以上の定期的な収入があり、返済能力を有する人で、

 なおかつアイフルの基準を満たす人

  ※取引中に満70歳になった時点で融資は停止

返済能力を確認するため、個人情報や勤務先情報などの属性と、金融機関の申し込み履歴や事故情報などの信用情報が調査されます。アイフルの審査では、雇用形態や勤続年数などの個人情報と共に、勤務先の規模や業種なども対象になります。返済能力が高いと判断される属性情報を持っている人ほど、アイフルの審査に通りやすいと言えるでしょう。

・申し込み内容に虚偽が含まれていないか

アイフルに申し込みをする際に、確実に審査を通過するため、虚偽の情報での申し込みを考える人もいるかもしれません。当然のことですが、申し込み内容にうそがある場合、審査に通ることはできません。

アイフルの審査に虚偽の情報で申し込みをした場合、文章偽造や詐欺未遂の罪に問われる可能性すらあります。安易な気持ちで虚偽の申請をすることは避けましょう。

・他社からの借り入れ状況

アイフルの審査では、カードローンやクレジットカードなどの利用状況や、契約内容の履歴からも信用情報の調査が行われます。個人信用情報機関の信用情報から、「延滞や債務整理の経験はないか」などが確認されます。他社に借り入れがある、金融事故を起こしている場合などは、審査に通りにくくなるでしょう。

アイフルの審査を通過する人としない人の違いとは

アイフルの審査を通過する人としない人には、どのような違いがあるのでしょうか。詳しく見てみましょう。

・職業

収入が不安定な職業に就いている人は、アイフルの審査通過が難しくなります。「定期的な収入を得ている」ことが認めてもらえないためです。収入の合計金額よりも、収入の安定性がより評価されます。

自営業者や個人事業主、水商売など、収入に波のある不安定な職業に就いている人は年間の収入の合計が高くても、アイフルの審査に落ちる可能性があります。

・他社からの借り入れ

アイフルからお金を借りる場合は、貸金業法で定められている総量規制に基づき、個人年収の3分の1を超える借り入れはできません。

総量規制:貸金業者は個人年収の3分の1を超える融資を行ってはいけない

貸金業者には、消費者金融や信販会社、クレジットカード会社(キャッシング枠だけ)が該当します。消費者金融カードローンのアイフルも総量規制の対象となります。総量規制の制限額は、貸金業者からの借入総額です。アイフルの審査を通過するためには、アイフルを含む貸金業者からの借入総額が個人年収の3分の1を超えない金額である必要があります。

・過去の経歴

経歴とは「信用情報」のことです。長期間にわたる延滞など、金融事故と呼ばれる経歴がある人は、アイフルの審査に落ちてしまう可能性があります。

アイフル審査に落ちないためのチェックポイント

ここからは、アイフルの審査に落ちないためのチェックポイントについて解説します。

・収入について

アイフルの審査では、収入が重要な項目の一つとなっています。定期的な収入がないと、アイフルの審査に通るのは厳しいでしょう。

定期的な収入とは「2ヵ月以上連続して毎月1回以上の収入がある」ということです。収入が隔月な人や収入がない専業主婦は、審査に落ちる可能性が高いでしょう。反対にアルバイトでも、同じ職場で3ヵ月以上定期的な収入を得ていればアイフルの審査に通過できる可能性があります。

・過去の経歴

過去の経歴の内容について、個人信用情報機関で以下のような金融事故が確認される場合は、アイフルの審査通過は難しくなります。金融機関の保管期間は最長5年間です。長期延滞には、カードローンやキャッシングに関する遅延だけでなく、携帯電話本体の分割払いや奨学金返済の情報も含まれます。十分に注意しましょう。

 金融事故  長期延滞  強制解約  個人再生  任意整理  代位弁済  自己破産
 保管期間  最長5年  最長5年  最長5年  最長5年  最長5年  最長5年

引用:https://www.jicc.co.jp/credit_info/registration/
※長期延滞は61日以上の場合

他社の審査と比較してみよう

アイフルの審査は他社に比べ厳しいのでしょうか。他社の審査と比較してみましょう。

・アイフルとプロミス

アイフルとプロミスの成約率を以下の表にまとめました。ともに成約率は50%に達しておらず、2人に1人は審査に落ちていることになります。そのため、審査は甘くはないと言えるでしょう。アイフルとプロミスの成約率を比較すると、平均して同程度となっています。

 消費者金融  2020年5月  2020年4月  2020年3月  2020年2月  2020年1月
 アイフル  40.1%  38.7%  44.5%  45.8%  45.7%
 プロミス  40.8%  41.1%  42.3%  44.9%  42.4%

・アイフルと銀行カードローン

大手の消費者金融は、公式ホームページで新規成約率を公開していますが、銀行カードローンは成約率を公開していません。

しかし、審査や保証を消費者金融に依頼している銀行カードローンに関しては、保証会社がどこの消費者金融なのかを知ることで、ある程度の審査通過率が分かります。

アイフルの申し込みから審査、借り入れまでの流れ

あらためてアイフルの申し込みから審査、借り入れまでの流れを確認してみましょう。申し込み方法としては、Webサイト・電話・店舗の3パターンがあります。

・Webサイト

1.申込受付時間:24時間365日(スマートフォン・パソコンから)
2.審査(最短30分で審査完了) 審査結果は電話またはメールで連絡。 審査にあたり本人確認書類(場合により収入証明書類)の提出が必要になります。 提出方法は申し込み完了後にメールで連絡がきます。 3.契約手続き 4.借り入れ(カードレス)

・電話

1.申込受付時間:24時間365日(9:00〜21:00) 2.審査 3.契約手続き(必要書類)店頭窓口・無人店舗・郵送のうちいずれかを選択 4.借り入れ

・店舗

1.窓口受付時間:9:30〜18:00(土日祝日休業) 2.店頭申し込み 3.審査 4.契約手続き 5.借り入れ

・スピード融資の利用

アイフルに連絡をした時間にもよりますが、今すぐ借りたい場合は、Web申し込み後に電話連絡をしましょう。以下のような手順で、審査時間を短縮することができます。

1.Webで申し込み 2.アイフルから完了メールが届く 3.アイフルに電話をする(9:00〜21:00) 4.優先して審査を開始 5.審査結果の連絡(電話もしくはメールで届く) 6.契約&借り入れ

・在籍確認方法について

アイフルの審査には、在籍確認が必要です。在籍確認とは、「申込者が申告した勤務先で本当に働いているのか」を確認する審査の一部です。アイフルの場合、申込者の勤務先に電話で確認をします。しかし、在籍確認の電話が勤務先にかかってきた際、申込者本人が必ず電話に出る必要はありません。

在籍確認のタイミングで、申込者が休みだったり、席を外して不在だったりする場合は、電話に出た会社の人から申込者が在籍しているという確認が取れれば、在籍確認は完了です。在籍確認の電話が不安な人は、申し込み前にアイフルの担当者に相談してみましょう。

・「1秒診断」とは

アイフルのホームページには「1秒診断」が用意されています。「1秒診断」には、4つの項目があり、これらは重要な事項であることが分かります。本審査を受ける前にぜひ「1秒診断」を試してみましょう。

 年齢  満20歳~69歳の人が対象
 雇用形態  社長・従業員(正社員・パート・アルバイト・派遣)

 専業主婦・無職
 年収  収入証明書類を提出する場合があるので正確に入力
 他社借入金額  クレジットカードのショッピング、住宅ローン、自動車ローンを除く

まとめ

大手消費者金融のアイフルは利便性があり、スピード融資などにも柔軟に対応しています。ただし、アイフルの審査基準は複雑です。「1秒診断」の4点をしっかり押さえることはもとより、この記事で解説した以外の審査基準も確認しておきましょう。審査基準を事前に把握し、対策したうえでアイフルの審査に臨みましょう。