カードローンサービス「レイクALSA」の特徴の一つに多彩な返済方法があります。自分に適した返済方法を利用することで延滞を防ぐと同時に、効率よく返済を進めることができます。

今回は、レイクALSAの5つの返済方法を詳しく紹介し、返済が遅れてしまったときの対処法についても解説します。この記事を読んで、返済に関する基本的な仕組みを理解すれば、安心してレイクALSAを利用できるでしょう。

5種類から選べるレイクALSAの返済方法

レイク,返済
(画像=PIXTA)

レイクALSAの返済方法は5種類あります。それぞれに特徴があるため、自分のライフスタイルに合った方法を選ぶとよいでしょう。

・自動引き落とし

自動引き落としは、利用者が指定した口座からの引き落としで返済する方法です。自動引き落としの手数料は、レイクALSAが負担します。

自動引き落としの特徴は、返済のためにATMへ行く必要がないことです。そのため、日中に仕事をしているサラリーマンや家事や育児に忙しい主婦でも気軽に利用できるでしょう。また、自動的に返済できるので、返済忘れによるトラブルを防ぐこともできます。

自動引き落としのデメリットを挙げるとすれば、返済のタイミングを選べないことです。給料などの収入が入ったタイミングで返済したいという人は、別の方法がよいでしょう。

・Web返済

Web返済とは、スマートフォンやパソコンから返済する方法です。インターネットバンキングを利用してインターネット上で返済ができます。

Web返済の特徴は、24時間いつでも返済が可能なことです。土日や祝日でも受け付けているので、返したいときにいつでも気軽に利用できます。日中は仕事で忙しい人でも、Web返済を利用すれば自宅にいながら、返済できます。

Web返済のデメリットは、インターネットバンキングの口座を持っていないと手続きができないことです。一部の銀行については、Web返済に対応していないので、事前に確認しましょう。

・新生銀行カードローンATM返済

新生銀行カードローンATM返済とは、新生銀行のカードローン専用のATMで返済する方法です。

新生銀行カードローンATM返済の特徴は、レイクALSAカードが無くても返済できることです。登録している電話番号と生年月日、カードの暗証番号が分かればいつでも利用できます。カードを財布に保管することなく返済できるので、セキュリティー面でも安心と言えるでしょう。

ただし、自宅近くに新生銀行カードローンATMがないと、利用できません。利用前に、ATMの設置場所をレイクALSAの公式ウェブサイトから確認しておきましょう。

・提携ATM返済

セブン銀行のATMやローソンのATMなど、レイクALSAと提携しているATMを利用した返済も可能です。これらのATMを利用すれば、深夜でも返済できます。返済したいときにいつでも気軽に利用できるという魅力があります。

ただし、ATMによっては手数料がかかる場合があります。時間帯によって手数料が異なることもあるので、あらかじめ確認しておきましょう。また、返済は1000円単位からとなっており、一括返済には対応していません。

・銀行振り込み

銀行振り込みとは、金融機関のATMを使用して返済する方法です。自宅の近くに提携ATMが無い場合やインターネットバンキングに登録していない場合に便利でしょう。

銀行振り込みのデメリットは、金融機関の営業時間内のみに限られることです。また、振込手数料は利用者が負担します。

返済が遅れたときの対処法

レイクALSAは、借りたいときにいつでも利用できるのが魅力です。しかし当然のことながら、借り入れをしたら期限までに返済する必要があります。

レイクALSAを利用する際も、返済日を守る必要がありますが、返済が遅れた場合はどのように対応すればよいのでしょうか。ここでは、返済が遅れたときの対処法を3つ紹介します。

・レイクALSAに連絡をする

返済が遅れた場合、督促について心配する人もいるでしょう。しかし実際には、過剰な取り立ては法律で禁止されています。ただし、返済が遅れると信用情報に傷がつき、レイクALSAを含め、カードローンの利用が難しくなるおそれもあります。

そのため、返済が遅れそうな場合はレイクALSAのフリーダイヤルに連絡をして返済の相談をしましょう。延滞になると、返済の手続きが複雑になる可能性もあります。なるべく早いうちに連絡することをおすすめします。

決められた日に返済が無かった場合は、レイクALSAから電話がかかってくることがあります。返済日を過ぎたことと新たな返済日の確認の連絡です。電話がかかってきたら、電話に出て相談しましょう。電話を無視すると、新たな借り入れの利用の停止や強制解約、一括弁済請求などの手段が取られる場合もあります。

・返済が遅れそうだと事前に分かった場合

返済日前に返済が遅れそうだと分かった場合は、早めにコールセンターに連絡しましょう。相談すれば、返済日を送らせてもらうこともできます。返済日の変更は、会員ページからでも可能です。電話で相談するのが苦手な人は、Webでの手続きを利用しましょう。

・できるだけ早めに振り込む

返済トラブルを避けるためには、万が一遅れてしまった場合でも、できるだけ早く返済することが重要です。返済日から数日程度の遅れの場合、軽微な遅延として扱われる可能性があります。しかし、返済が大幅に遅れた場合は、新たな借り入れの利用を停止することもあるので注意しましょう。

自動引き落としによる返済を選択している人について、残高不足で引き落としがされなかった場合、銀行振り込みなど別の方法での返済が必要です。できるだけ早めに振り込みましょう。

レイクALSAの返済に関する疑問点

最後に、レイクALSAの利用と返済に関する6つの疑問点と対処法をまとめました。レイクALSAを利用する前に、しっかり理解しておきましょう。

・レイクALSAの返済日はいつ?

レイクALSAでは、返済日を自分で決めることができます。給料日の翌日など、返済しやすい日付の設定も可能です。ただし、自動引き落としによる返済については、14日と27日のいずれかになっているので注意しましょう。

なお、レイクALSAでは、期日前の返済も可能です。返済日の14日前から利用できるので、早めに返済しておきたい人は利用するとよいでしょう。

返済日を忘れてしまわないか心配な人は、メールお知らせサービスを利用しましょう。返済日前にメールで連絡が来るので、忘れずに返済ができるでしょう。

・端数残高の返済の仕方は?

1000円以下の端数を返済する場合、一部の返済方法では対応していません。端数の返済は、以下の方法で可能です。

・Web返済
・新生銀行カードローンATM返済
・銀行振り込み
・レイクALSAと提携している銀行の窓口ATM

銀行振り込みや銀行窓口ATMの場合、端数の返済は可能ですが振込手数料がかかります。手数料を無料にしたいのなら、Web返済や新生銀行カードローンATM返済がおすすめです。

・返済が遅れると利用できなくなる?

返済日に1日遅れた場合、すぐに利用停止にはなりません。返済が遅れてもすぐにフリーダイヤルへ連絡すれば、引き続き利用できる可能性が高いと言えます。返済が大幅に遅れたり督促の連絡を無視したりすると、新規の借り入れが難しくなる可能性が高いので注意しましょう。

・返済が遅れたときの遅延損害金はいくら?

返済に遅れると遅延損害金が発生します。レイクALSAでは、年率で20.0%の遅延損害金を設けています。利息制限法によって、上限は年率20.0%と決まっています。返済が遅れると、上限いっぱいの遅延損害金が発生するので、早めに返済しましょう。

・返済に遅れると請求書が届く?

レイクALSAでは、期日までに返済が無かった顧客に対して請求書を発行する場合があります。請求書を無視して返済しない場合には、内容証明郵便による督促状が送られることもあるので注意しましょう。

家族に内緒でレイクALSAを利用している場合、請求書や督促状によって利用が発覚することもあります。レイクALSAや家族内でのトラブルを避けるためにも、忘れずに返済しましょう。

・返済額の変更は可能?

レイクALSAでは、毎月の返済額の変更を受け付けていません。レイクALSAでは約定返済のシステムを採用しており、毎月の返済額を最低額にしています。そのため、返済額をさらに下げてもらうことはできません。

返済が困難なときは、早めに連絡をして返済に関する相談をしましょう。返済日を送らせてもらえるといった柔軟な対応を期待できます。

まとめ

今回の記事では、レイクALSAの返済方法をまとめました。レイクALSAでは5つの返済方法を用意しています。インターネット上で返済ができるWeb返済や提携ATMを利用した返済など、さまざまな返済方法があるので便利です。ライフスタイルに合わせて、利用しやすい返済方法を選びましょう。

何らかの事情により、返済が難しくなることもあるでしょう。そのような場合、早めに連絡をして返済日の相談をしましょう。数日の遅れに関しては軽微な遅延として扱われる可能性が高いですが、大幅な返済の遅れや返済の連絡を無視した場合は、借り入れの停止や強制解約の可能性もあるので注意が必要です。大きなトラブルへの発展を未然に防ぐためにも、返済は早めに行いましょう。