ネットマネー 2017年1月号より一部を特別公開!

「餅は餅屋に聞け」とのことわざもあるように、中小型株のことはそれを日ごろから熟知している専門家の見解を参考にするのが一番! その道のプロたちの推奨に注目しよう!

証券会社&調査会社が推奨 急騰目前の割安株
(画像=ネットマネー)

中小型株を調査する専門家は意外と少ない

証券会社や調査会社の強気レポートをきっかけに、株価が急騰するケースが少なくない。特に大型株と比べて発行済み株式数が少ない中小型株は、それだけ値が飛びやすいといえる。スリーアイの竹田中小型株に関するレポートを積極配信している具体例は、左に挙げたようなところだ。そして、足元で彼らが強気の見通しを立てているものの中から、竹田さんがこれぞと思う15銘柄を厳選したのが左ページ下のリストである。

「トヨタ自動車は、次世代の車づくりや仕事の進め方の方針として「TNGA(トヨタ・ニュー・グローバル・アーキテクチャー)」なるものを掲げており、それに基づいた発注を通じて車載ランプを手がける市光工業が恩恵を受けそうです。また、機械メーカーのCKDは、2018年3月期の予想PERが同セクター比で5割の水準で、株価がかなり割安の位置にあります。半導体製造装置の需要増を背景に短期的にも業績に追い風が吹いているうえ、EV(電気自動車)用バッテリーとジェネリック医薬品(後発薬)需要の急拡大を背景に中長期的にも利益成長が見込まれます」(竹田さん)

CKDについては、ゴールドマン・サックス証券とドイツ証券がともに「バイ(買い)」のレーティングをつけているという。会社計画(業績予想)が控えめであるだけに、株価には今後の成長性がまだ織り込まれていない可能性が高いので大化けもありうる。

証券会社&調査会社が推奨 急騰目前の割安株
(画像=ネットマネー)

独自の強みで高成長の可能性大の銘柄も!

一方、業務のアウトソーシングによる合理化が常識となってきたことで波に乗っているのが、りらいあコミュニケーションズだという。しかも、その需要は国内だけにとどまらず、「顧客のグローバル化とともに同社のグローバル化も推進される」(竹田さん)。また、アウトソーシングといえば、食品メーカーの製品開発にもその波が押し寄せている。

「ファーマフーズが開発した機能性素材の『GABA(ギャバ)』は江崎グリコのチョコレートに採用されました。また、新規育毛活性成分『HGP』もシャルレと共同開発。女性向けの育毛サプリメントとして、シャルレから近々発売予定です」(竹田さん)

さらに、昔から存在していた業態ながらも、きわめて先進的な取り組みで存在感を発揮する企業が潜むのも中小型株の魅力。そういった企業も見逃すことなく発掘している。「日本動物高度医療センターはMRIやPET-CTといった最先端の検査設備と、専門的な知見と技術にたけた獣医師をそろえて、他の動物病院とは一線を画しています。積極的な病院建設に伴う借入金や人件費・減価償却費などの固定費負担増を、大幅な増収によってカバーして業績は順調。依然、潜在成長性は大きいといえます」(竹田さん)

ほかにも、葬儀関連ポータルサイトの鎌倉新書は、高齢化社会の進展で需要の拡大が必至。リストアップされた15銘柄は、実に個性的な面々だ。

証券会社&調査会社が推奨 急騰目前の割安株
(画像=ネットマネー)
証券会社&調査会社が推奨 急騰目前の割安株
(画像=ネットマネー)