ネットマネー 2017年1月号より一部を特別公開!

「マネラップ」ではロボアドによる資産運用プランの作成とラップ口座のサービスの両方が受けられる。それでいて実質費用は1%未満と低い。

目標達成確率を重視した資産運用のプランが作れる

マネックス証券は、ロボアドを活用した個人向け投資一任運用サービス「マネラップ(MSV LIFE)」を提供している。 

プランの作成は「イイね!ポイント❶」のように、①ためる、②たのしむ、③そなえるの3つの基本計画タイプを選ぶところから始まる。①はまとまった資産をつくりたいときで、「教育資金」「飲食店開業」「500万円」といった具体的な目標が示されているのでとてもわかりやすい。②はまとまった資金を有効活用するための計画、③は「ためる」と「たのしむ」を組み合わせて、「イイね!ポイント❷」のように、ある時点まで貯めていき、ある時点からは年金のように取り崩すようなプランを作ることができる。 

マネックス証券 「マネラップ(MSV
(画像=ネットマネー)

プランを作成するうえで大切なのは「目標達成率」という考え方。「一般的なロボアドはポートフォリオを提示することが多いのですが、『マネラップ』では目標達成確率を重視していて、利用者はこれを変化させながら、いろいろな資産計画を作ることができます」とマネックス証券の岩井美樹さん。とはいえあまりに確率の低いプランは〝賭け〞になってしまうので、80%以上の達成確率でなければ契約締結プロセスには進むことができない仕組みだ。 

最低運用金額は1万円と低く、利用者が負担する実質費用は年1%未満(税込み)に抑えている。ポートフォリオの運用ではバンガードのリソースを活用し、「高品質なサービスを提供する」という。

マネックス証券 「マネラップ(MSV
(画像=ネットマネー)
マネックス証券 「マネラップ」
(画像=ネットマネー)