ネットマネー 2017年1月号より一部を特別公開!

3月決算企の中間決算発表が一巡した。本誌編集部に集まった株好き3人が今回の決算を振り返って、注目銘柄をピックアップ。どの銘柄も期初の中間期予想を上回ってきた有望銘柄だ。

自動車部品の業績絶好調。半導体関連株も狙い目に

好業績銘柄
(画像=ネットマネー)

●ロン隊長●円高の打撃が心配された中間決算だったけど、終わってみれば予想以上に堅調だったね。発表集中日の10月31日には、180銘柄が一斉に年初来高値を更新した!

●竹内●事前予想が悲観的だった分、増益のインパクトが大きくて、株価が大幅に上がったんでしょうね。

●芦田●でも、東証全体で見れば円高はマイナスなんでしょ? 秋の日銀短観でも、今期の想定為替レートは電機も自動車も1ドル=107円台だったし……。

●竹内●真菜美ちゃんの言う通り、円高を受けて業績予想を下方修正する企業が続出しました。でも、日銀短観よりも保守的に1ドル=100〜102円に設定する企業が目立ったので、105円を超えて円安が進めば、上方修正の可能性さえ出てきます。

注目は外需、それも自動車部品や機械セクターですね。日立建機のような中国関連株の株価も悪くありません。中国政府の強力な景気対策が効いたのか、経済指標も景気の底入れを示しているから、投資家の間で安心感が広がったんでしょう。

●ロン●自動車部品は力強いよね。業界トップ2社でトヨタ系のアイシン精機やデンソーも想定為替レートを円高に再設定したのに、業績予想はしっかり上方修正した。豊田自動織機も売上高は全社ベースでは据え置きだったけど、自動車部門に限れば上方修正だった。デンソーの有馬浩二社長が記者会見で「生産性を上げる投資にエンジンをかけていく」って、積極的な設備投資を宣言していたくらいだから、下半期から来年度の業績には自信があるんだろうね。

●芦田●北米と中国の自動車販売がすごく好調なのよね。為替や米国株市場でFRB(連邦準備制度理事会)の12月利上げが織り込まれてきたってことは、米国は金利引き上げを急ぐほど景気がいいってことだよね。

●ロン&●竹内●その通り!

取引時間中でも決算発表。産油国ファンドが買いか

●竹内●半導体関連企業も市場の心配をいい方向に裏切ってくれました。ロームは決算発表の3週間前に早々と上方修正を発表したし、東京エレクトロンや信越化学工業といった半導体業界のコア企業も、9月中間決算は期初計画を上回る着地を見せました。半導体市況の回復トレンドはまだ続くと思いますよ。

●ロン●そういえば、取引時間中に決算発表する企業がやや増えたかな。発表集中日の10 月31日は、後場に三菱電機が減益幅縮小を発表して年初来高値を更新。東芝も上方修正を受けて新高値と、気持ちのいい値上がりだった。対照的に、三菱重工業は大幅下方修正で売りが殺到した。

ひと昔前だったら、取引時間中に業績を開示するのは増益企業で、株を売られたくない企業は週末の大引けに決算発表っていうのがお約束だったけど、今は取引時間中の発表でもグッドニュースとは限らないね。

●芦田●東証が決算発表の迅速化を指導しているから、当然よ。と・う・ぜ・ん。

●竹内●そうそう、日本電産も注目したい銘柄です。この会社は永守重信社長の強いキャラもあって、外部環境に左右されずに業績を伸ばしてきました。〝稼ぐ力〞が格段に違いますね。自動車に使う電子部品は増える一方なので、今後の業績も株価も楽しみです。

●ロン●業績好調な銘柄が見えてきたら、あとは強力な買い手が出てくる番だな。

●芦田●キーワードは原油価格ね。原油が下がると、国家予算の足りなくなる産油国が、日本を含めて世界中で株を売ってきたけど、最近は一時1バレル=50ドルの大台を回復したから、産油国の売りは終わりかも。財務省の統計でも、10月に連続売り越しから脱却したんだよ。

それに、世界最大級の政府系ファンド「ノルウェー年金基金」が株式の投資比率を6割から7割に引き上げるよう専門委員会から勧告を受けたんだよ。ノルウェー年金は日本株だけで約6兆円持っているから、1兆円くらいの買い需要が生まれるってわけ。すごいでしょ?

ノルウェーも中東も産油国の政府系ファンドは安定配当にこだわるから、銘柄選びは「上方修正+高配当利回り」が基本ってわけね。

●ロン●真菜美ちゃん、中学生がそんな話をどこから聞いてくるんだ?

好業績銘柄
(画像=ネットマネー)