ネットマネー 2017年2月号より一部を特別公開!

マーケットの見通しとETF投資術を学ぶ

小誌編集部員が潜入取材!!

楽天証券 ETFカンファレンス2016
(画像=ネットマネー)

ETFの取り扱いに力を入れる楽天証券が今年も恒例イベントを開催。ほぼ満員の大盛況で、日本でもETFへの関心が高まっていることを痛感! その概要を誌面で紹介しよう。

個人投資家の間でも高まるETFへの関心

 米国大統領選挙直前の11月5日、東京・渋谷で開催された「楽天証券ETFカンファレンス2016」には、約400名の来場者が詰めかけて会場はすし詰め状態。シニア層のほか、若い世代や女性の姿も見られ、幅広い層で関心が高まりつつあることがうかがえた。講師の一人だった山崎元さんいわく、「ETFはE(いい) 、T(手数料の) 、F(ファンド)」なので、それは当然の現象かも? 手数料が安いうえ、比較的少額から本格的な分散投資を気軽に実践できるのだから……。

楽天証券 ETFカンファレンス2016
(画像=ネットマネー)

 最初の講演は人気ストラテジストの武者陵司さんによる今後の相場見通しで、米国大統領選挙を控えて様子見モードだった足元の情勢をものともせず、強気のコメントが飛び出して場内はどよめき気味に。その後はETFの運用会社によるスピーチへ。単なる自社ETFのPRにとどまらず、マーケット環境のほかタイムリーな話題も織り込まれ、濃厚な内容だった。

楽天証券 ETFカンファレンス2016
(画像=ネットマネー)

 途中に2度の休憩時間を挟んだものの、終演は開演から約5時間半後。これだけの長時間、多くの人々がETFについて真摯に学ぼうとしていたのは、金融商品として魅力的だからこそ。しかも、今や日本銀行が金融政策の一環としてETFを積極的に買っている時代。こうした時流に乗る意味でも、ETFに注目する投資家が増えているようだ。

楽天証券 ETFカンファレンス2016
(画像=ネットマネー)