ネットマネー 2017年2月号より一部を特別公開!

「2017年こそ笑いが止まらないくらいのレベルまでガッツリと設けてみたい!」「最近ついてないので、とにかく運気を上げたい」…、新年の願いは人それぞれ、さまざまあるだろう。そんな願いのために、金運激アップの御利益のあるスポットをご紹介!

神や仏に自分の思いを告げて、見守ってもらおう

日本各地にあまたある神社・仏閣をはじめとするパワースポット。その中で、金運アップを大いに期待できるのはどこなのか? 幼少の頃からの史跡巡り好きが高じて、気がつけば神社・仏閣、大仏の専門家となっていた坂原弘康さんは、最初に注意を促す。

「単にお参りしただけ、お守りを持っているだけでは、効果は期待できません。願い事をかなえるのは、あくまで自分自身の中に秘めた強い思いです。神社・仏閣は誓いの場所であり、『○○できるように努力するので、どうか見守ってください』という姿勢でお参りすべき。一時のパワースポットブームのころのように、手で触れただけで金運が上昇するとか、そんなに安直なものではありません」

お守りにしても、神や仏に 誓った思いを自分自身が改めて確認するために肌身離さず持ち歩くものだという。ひたむきに求めるなら、「今年こそ、必ず大儲けする!」という思いも決して邪よこしまなものではない。強い意志を持つことを大前提としたうえで、3000以上のパワースポットを訪ね歩いた坂原さんが特に金運上昇の御利益を期待できる18カ所を厳選してくれた。さっそく、紹介しよう。

1.鷲子山上神社

巨大なフクロウ像はインパクト大!

324-0607 栃木県那須郡那珂川町矢又1948

鳥居の中央付近に栃木と茨城の県境線が走る地点に位置し、「フクロウ神社」の別名でも親しまれているように、地上7メートルの日本最大サイズのフクロウ像がお出迎え。鷲子山の御祭神は天日鷲命(アメノヒワシノミコト)という名の鳥の神様。古来よりフクロウ(不苦労)がそのお使い、幸福を呼ぶ象徴として崇敬されてきた。

2.貧乏神疫病神追放神社

金運アップと同時にストレスも解消 !?

376-0302 群馬県みどり市東町草木75(草木ドライブイン内)

草木ダム湖畔の草木ドライブインにあり、大黒様が鎮座する背後には貧乏神と疫病神の姿が……。参拝方法はユニーク。「貧乏神、疫病神出て行け!」と大声で叫んで、御神木を力を込めて3回叩き、御神木を3回蹴飛ばすと、貧乏神と疫病神が悲鳴を上げて退散するという。さらに、ドライブイン脇の招福七福神に祈願すると福が訪れるそうだ。

3.中之嶽神社

日本一巨大な大黒様がお出迎え

370-0621群馬県甘楽区郡下仁田町大字上小坂1248

もともと波胡曽神(はこそかみ)という名の山の主が祭られていたが、日本武尊(ヤマトタケルノミコト)が関東に巡行した際に妙義山に登嶽したという。高さ20メートルに達する日本一巨大な大黒様が奉納されており、その手には小づちではなく剣が! この剣が病や厄をはらって福を招くそう

4.大前神社

巨大な恵比寿様とお守りが大人気

321-4304 栃木県真岡市東郷937

1500年余りの長い歴史を有する神社で、大黒様と恵比寿様が御祭神。日本一巨大な恵比寿様の像が名物で、商売繁盛、金運招福の御利益があるという。以前参拝した人が高額の宝くじに当せんし、神社にお礼の手紙が届いたこともあるとか。「開運金運幸運守」が人気だ。

5.小泉稲荷神社

無数に続く圧巻の鳥居トンネル

379-2232 群馬県伊勢崎市小泉町231

群馬県で最も大きいといわれる大鳥居がある神社。拝殿前には、信者から奉納された鳥居のトンネルが3列、100メートルにわたって続いていて圧巻。御祭神は倉稲魂命(ウカノミタマノミコト)、大己貴命(オオナムチノミコト)で、商売繁盛と五穀豊穣の御利益があるという。

11.愛宕神社

「出世の石段」

105-0002 東京都港区愛宕1-5-3

徳川家康の命で防火の神様としてまつられ、急な勾配の石段で知られる。ここを馬に乗って駆け上がった武士が3代将軍・家光に褒められたことから、「出世の石段」と呼ばれ、それにあやかりたい人が多数参拝。

12.高尾山・たこ杉

たこの頭をなでよ

193-8686 東京都八王子市高尾町2177 薬王院参道

高尾山の山中、1号路沿いにある樹齢450年の巨大杉で、道を開く際に伐採しようとしたら、たこの足のように根を曲げたと言い伝えられている。その脇にあるたこの像の頭をなでると運気がアップするという。

13.土肥金山

世界一の金塊

410-3302 静岡県伊豆市土肥2726

伊豆の土肥にある金鉱山の跡地で、テーマパークとして一般公開されている。世界一の巨大金塊が展示されており、直接触ることもできる。富の象徴である金塊にタッチすることで金運をアップできるはず!?

14.佐吉大仏

善行の象徴!

501-6241 岐阜県羽鳥市竹鼻町209

江戸時代の商人・永田佐吉が建立した青銅の釈迦牟尼仏(しゃかむにぶつ)。佐吉は一代で財を成し、それを人々のために惜しげもなく使い、数多くの善行を積んだことから、「美濃聖人」と称されたという。

15.千代保稲荷神社

参拝に名刺不可欠!?

503-0312 岐阜県梅津市平田町三郷1980

京都の伏見稲荷、愛知の豊川稲荷とともに、日本三大稲荷。地元での通称は「おちょぼさん」で、商売繁盛と家内安全に御利益がある。ビジネスの成功を願い、自分の名刺を差し込んでお参りする風習が……。

16.岩国白蛇神社

白蛇は開運の守り神

740-0017 山口県岩国市今津町6-4-2

アオダイショウの突然変異だとされるシロヘビは岩国市にのみ生息している天然記念物で、昔から開運の守り神といわれてきた。このシロヘビの観覧施設に隣接した場所に創建されたのが岩国白蛇神社だ。

17.宝来宝来神社

「当銭岩」のパワー

869-1411 熊本県阿蘇郡南阿蘇村河陰2909-2

この地の造成で岩を撤去中、建機が急に故障。夜、運転手の夢にその岩が出現し、「宝くじを買って得た賞金で私をまつって」と懇願。半信半疑で購入するとみごとに当せんしたので、「当銭岩」と名づけたそう。

18.大石林山

沖縄最大のパワスポ

905-1422 沖縄県国頭郡国頭村宜名真1241

世界最北端の亜熱帯カルスト地形で、昔から聖なる地として伝えられ、沖縄最大のパワースポットとして人気を博す。「石林の壁」は天上界と地上界の神が集う場所で、パワーストーンが開運をもたらすという。