ネットマネー 2017年3月号より一部を特別公開!

選び放題・買い放題! 1万円ポッキリ投資大集合

日経平均株価を牽引するファーストリテイリングやキーエンスなどの値ガサ優良株。多額の資金が必要な〝高嶺の花〞かと思いきや、実は1株から購入可能。単元未満株の通称である「端株」が肝だ。

少ない投資資金でも値ガサ株が購入可能!

少額投資家とは無縁な値ガサ株も「端は株かぶ」に注目すると投資の選択肢は広がる(本来の端株は、合併等で発生する1株未満の株を指し、単元株制度下では存在しないが、ここでは単元未満株の通称として端株と表記)。最近の端株事情について、個人投資家・栗林篤さんに話を伺った。

「値ガサ株へ一気に資金を投入するのはリスクが高い。そこで、端株を少しずつ買い集めて単元株を目指す方法もあります。配当金も保有割合に応じて受け取れますよ」 

同じ1万円投資なら低位株より端株のほうがリスクが低くて初心者向きだという。
「端株の魅力は値ガサ株投資だけではありません。株主優待をゲットすることも可能です」と栗林さんは続ける。えっ、確か端株で株主優待はもらえないはず……。
「少数ですが、〝全株主〞を対象とする優待銘柄があるんです。これなら1株でも保有していれば対象。ただし、以前と比べて、端株優待は激減しています。1株株主が増えすぎると、企業もコストを無視できませんから。結果、自社の割引券や粗品といった販促効果のある端株優待が残っている状況です」

希少となった端株優待銘柄を下記で紹介!

※ 掲載されている銘柄の株価データは2017年1月10日現在。