「FX取引をはじめて見よう」と考えている人の中には、多数のチャートが掲載された画面を見て難しいと感じる人もいるでしょう。

そうした人たちにお勧めしたいのは、デモトレードでFX取引を擬似体験することです。デモトレードでは実際のお金を使うのではなく、架空の資金で取引を体験することができます。始め方は簡単で、メールアドレスやパスワードなどを登録するだけで、1分程度で取引を体験することが可能です。

実際のお金を使うわけではないため、様々な取引を試してみることができ、損失が出ても資金を失うことがないため、大きなデメリットはありません。実際の取引をはじめる前に取引のやり方に触れることができます。

今回は、FXをはじめる前に試しておきたいデモトレードについて、詳しく紹介していきたいと思います。

そもそもデモトレードとは何か?

fx, デモ, 投資
(画像=PIXTA)

デモモトレードでは実際のお金を使うことなく、架空の資金を使って取引を体験することができます。FXをこれからはじめる人やまだ初心者の方にとってみれば、お金を失うことなくFXの練習ができる便利なツールだと言えるでしょう。

実際のFXの口座は誰でも作れるわけではなく、年齢制限などいくつかの制限がありますが、デモトレードは基本的に誰でも無料で利用できます。

FXの取引で成功したいのであれば、やはり事前にトレード方法に慣れておくことが重要です。デモトレードは実際のお金は使わないので、これからFXをはじめる方やまだ自分のスタイルを決めていない初心者の方などが、いろいろな取引方法を試すのに向いています。

デモトレードのメリット

FXをはじめようと考えている方にとって、デモトレードの存在は心強いものでしょう。では、デモトレードのメリットとは具体的にどのようなものでしょうか?

お金がかからない

最大のメリットとも言えるのが、自分のお金は使わずにすむということです。デモトレードでは架空の資金を使って、FXの仕組みを体験することができます。

「デモ」といってもほとんどのFX会社が本番に近い環境を用意しており、また本番で使うツールと同じものを使って、取引を試せるようになっています。

FXをはじめようと考えている人にとっては、いきなり実際のお金を使って取引することに抵抗がある人もいるでしょう。自分のお金を使うことなく、本番に近い環境で取引を試すことのできるデモトレードは、「初心者の味方」と言えます。

損失を気にせず練習できる

FX取引で利益を出したいと考えるのであれば、まずはいろいろな取引を試してみることが重要です。そうはいっても、実際に自分のお金を使って試すのは、損失を出す可能性が高く怖いと思う方がほとんどでしょう。

デモトレードでは架空の資金を使って取引を行うため、たとえ取引で大きな損失が出たとしても、実際に自分のお金を失うわけではありません。

そのためどういう取引をすると損をするのか、利益を上げるためにはどのような取引をすればいいのか、といったことを思い切って試すことができます。

FXの取引で利益を上げるためには、ある程度の経験を積まなければなりません。デモトレードでは様々な取引を、損失を気にせずに練習することができます。

ツールを確認することができる

FX会社では取引をスムーズに行えるよう、各社それぞれ取引用のツールを提供しています。

注文方法やチャートの見やすさなど、取引ツールによってさまざまな違いがあるため、どのツールを利用するのかは、ドレードを行う上で非常に重要です。FX会社を選ぶポイントはいくつもあるのですが、取引ツールの使いやすさもそのうちの1つです。自分のスタイルにあったツールを選ぶことが、取引をスムーズに行えるようになるでしょう。

デモトレードでは一部制限はあるものの、各社が提供しているツールを実際に試してみることができます。スムーズに利用できるツールを探すことができる点もデモトレードのメリットの1つと言えるでしょう。

デモトレードのデメリット

メリットが多くこれといったデメリットがなさそうなデモトレードにも、デメリットがないわけではありません。そこで、デモトレードのデメリットについても見てみましょう。

リアルトレードと同じ緊張感は味わえない

デモトレードでは実際のお金を使って取引をするわけではないので、損失を被ることはありません。これは、一見メリットばかりのようにも思えますが、ここにデメリットが潜んでいます。それは実際のお金を使った取引と同じ緊張感は味わえないということです。自分の資金で取引する場合は利益を上げることもできますが、損失を被ることも多々あります。

とくに初心者にとってみれば、はじめから取引がうまくいくことは稀なので、損失が出る可能性が高いでしょう。デモトレードでは損失を出しても自分の懐は痛まないので、思い切って取引を試してみることができる一方で、リアルトレードのような利益と損失が裏表のような緊張感は味わうことはできません。

デモトレードではうまくいっていたのに、リアルトレードをはじめたら負けてばかりいるという方は、本番特有の緊張感になじめなかった可能性があります。

リアルトレードと同じツールを使えないこともある

FX会社は各社それぞれデモトレードを提供していますが、なかにはリアルトレードと同じツールを使えないなどの制限をかけている会社もあります。

FXを行う上で重要なことの一つに、自分の取引スタイルに合ったツールを使って取引を行うことがあります。各社のツールはそれぞれ独自の特徴を持っているので、どこの会社のツールが自分にあっているかを知ることも必要です。

本番と同じものが使えない場合は、実際に口座を開設して取引を行って試してみるしかないでしょう。

デモトレード口座を選ぶ基準

デモトレード口座を選ぶ際には、なにを基準に選べば良いのでしょうか。ここからはデモトレード口座を選ぶ基準を見ていきたいと思います。

リアルトレードに近いか

「実際に取引をはじめてみたら、デモトレードの環境とは違っていた」というようになってしまえば、せっかく練習をした成果を出すことができません。いかに本番のトレードと近い状態を体験できるかが、重要なポイントになります。

FX会社はそれぞれ独自のツールを作り、顧客の獲得競争をしています。わかりやすく使いやすいツールを利用した方が取引もスムーズに進むので、自分にあった良いツールがあることもFX会社を選ぶ時の基準のひとつです。

同じように、デモトレードでも本番に似た環境とツールを用意しているFX会社を選ぶことが、取引を練習するという目的に合致しています。これが、デモトレード口座を選ぶときにまず考えなければならない基準といえるでしょう。

使いやすいスマホアプリがあるか

デモトレード口座を選ぶときには、使いやすいスマホアプリがあるかどうかも考慮に入れた方がいいでしょう。実際のFX取引でも、いつでもどこでも取引のできるスマホアプリは活躍しています。FXの市場は24時間稼働していますので、いつでもどこでも簡単に取引ができることは重要です。

スマホで取引がスムーズにできるかは、アプリの出来にかかっています。パソコンと比べると画面が小さいスマホでは、チャートやその他の指標を一覧するだけでも手間がかかります。使いやすいアプリがあるかどうかは、実際の取引では大きな差につながります。

デモトレードのときも、リアルトレードに近い状況で練習した方がよいため、デモトレードにも本番と同じように使いやすいアプリを提供しているFX会社を選ぶようにした方がよいでしょう。

デモトレードのやりかた

FXをはじめてみようと考えている方は、デモトレードで取引を体験するべきだということは理解できたでしょう。ではデモトレードはどのように試してみるべきなのでしょうか。ここでは、デモトレードをはじめるにあたり、試すべきポイントついてまとめてみました。

いろいろな注文を試してみよう

デモトレードは、実際の取引をはじめる前の練習です。まずはいろいろな注文方法を試してみましょう。その結果として利益が出れば良いですし、損失が出たのであればなにが理由で損失につながったのかを検討すると良いでしょう。

損失を恐れずにトレードを体験することができるのが、デモトレードの良いところです。その利点を最大限に活かして、さまざまな注文方法を試してみましょう。

取引ルールを決めておこう

デモトレードをするにあたり、自分で取引のルールを決めておくのも良い方法です。むやみやたらと試してみるよりは、一定のルールを決めてその範囲でトレードを試してみることが、リアルトレードに移行したときに役に立ちます。

取引ルールを決めておくことで、利益を出したときも損失を出したときもその理由を検証しやすくなります。リアルトレードで利益を出すためにも、取引ルールを決めて試すようにしてみてください。

自分にあった売買スタイルを身につけよう

デモトレードで取引の練習を繰り返すことで、自分にあった売買スタイルを身につけるようにしましょう。FXの市場は24時間稼働していますが、実際に24時間取引を続けられる人はいないでしょう。

たとえば、会社員の方であれば仕事中は取引ができないでしょうから、夜間の取引が中心になります。夜間に取引の練習を行うことで、自分の生活リズムにあったスタイルを習得することができます。

リアルトレードに手を出す前に、自分にあった売買スタイルを身につけられるのがデモトレードのメリットです。そのメリットをうまく活用して、リアルトレードに挑むようすると良いでしょう。

Q


トレードスタイルを教えてください


羊飼いさん
個人投資家

最近はよく言われている「プライスアクション」みたいなものが主体になって来ました。為替はその場その場で色んな為替の反応があり、トレンドを見るよりレート自体の反応を見たほうが取れると考えています。また、定期的に暴落もあるので「持つリスク」がありますし、レバレッジをかけられるので資金効率もよいので、スキャルピングという超短期のスタイルに行き着きました。

羊飼いさんのインタビュー記事はこちら

()

羊飼いさん
> 個人投資家

最近はよく言われている「プライスアクション」みたいなものが主体になって来ました。為替はその場その場で色んな為替の反応があり、トレンドを見るよりレート自体の反応を見たほうが取れると考えています。また、定期的に暴落もあるので「持つリスク」がありますし、レバレッジをかけられるので資金効率もよいので、スキャルピングという超短期のスタイルに行き着きました。

羊飼いさんのインタビュー記事はこちら


どのFX会社を選ぶべきか

FX会社を選ぶ時は、なにを基準に選ぶと良いのでしょうか。デモトレードを中心に考えるのであれば、本番に近い環境とツールを提供してくれるFX会社を選択するのが良いでしょう。

なかには、ツールなどに制限をつけているFX会社もありますが、制限のあるデモトレードで練習しても、実際の取引では役に立たない可能性があります。

FX会社のデモトレード口座を比較して、本番環境に近いものを提供しているか、ツールなどの使用に制限がないかなど、デモトレード口座を選ぶ上で重要なポイントをしっかり押さえているFX会社を選ぶようにしましょう。

デモトレードの体験がリアルな取引でも役に立つ

FXをこれからはじめようと考えている方には、まずデモトレードをすることをおすすめします。

デモトレードでは自分のお金を使わずに、FXの仕組みややり方を確認することができます。実際のお金は動かないので、利益を得ることはできませんが、損失も被ることもないため、リスクを恐れずにさまざまな取引を試してみることができます。

デモトレードを通してさまざまな取引を経験することが、実際の取引をはじめたときに役に立つことでしょう。

実際にFXを始める

■FX口座数国内第1位
>>DMM FXの口座開設はこちら

■業界最狭水準のスプレッドが魅力
>>LIGHT FXの口座開設はこちら

■FX取引高8年連続世界第1位(※)
>>GMOクリック証券の口座開設はこちら

■信頼性の高いインフラ体制が魅力
>>ワイジェイFX(YJFX!)の口座開設はこちら

■業界最高水準のスワップがうれしい
>>みんなのFXの口座開設はこちら

■1通貨から取引可能
>>SBI FXの口座開設はこちら

■高い約定率で快適な取引を実現
>>FXプライムの口座開設はこちら

■自動売買「トラッキングトレード」が人気
>>FXブロードネットの口座開設はこちら

■高機能なツールで取引をサポート!
>>ヒロセ通商の口座開設はこちら

■自動売買取引で始めやすい
>>インヴァスト証券の口座開設はこちら

■お申込み当日から取引可能
>>LINE FXの口座開設はこちら

※ファイナンス・マグネイト社調べ(2012年1月~2019年12月)