ネットマネー 2017年3月号より一部を特別公開!

米国株は、2016年末に史上最高値を更新。1万9000ドルを超えて、いよいよ2万ドルも視野に入ってきた。そんな強気相場では著名投資家の行動を参考にしよう。

伝説の投資家のポートフォリオに注目!

米国株は著名投資家のポートフォリオが参考になる

 米国には、バフェットをはじめ有名な伝説の投資家が存在しており、今回はその顔ぶれを見てみましょう。

 まず日本でバフェットの次に知名度が高いジョージ・ソロスは、投資妙味がある市場や商品の方向性に投資する運用手法を得意としています。ポートフォリオの時価総額は1・9兆円。「もの言う株主」として積極的に株主還元などを求めることで知られるアクティビスト投資家です。

 これを上回るのが、1994年、自身の投資ファンドを設立したジョン・ポールソン。サブプライムローンの破綻を予測し、地位を築き上げています。

 顔ぶれを見ると過去の金融危機を好機に変えた投資家が多く、その代表的な投資家がデービッド・アインホーンです。彼はバフェットを敬愛しており、過去にはバフェットと昼食をともにする権利を約263万ドルで購入したなどのエピソードがあります。

 ところで、彼らのポートフォリオを知りたいですよね。実はマネックス証券提供の「iBillionaire」で確認できるので、参考にして予測し、地位を築き上げています。

 顔ぶれを見ると過去の金融危機を好機に変えた投資家が多く、その代表的な投資家がデービッド・アインホーンです。彼はバフェットを敬愛しており、過去にはバフェットと昼食をともにする権利を約263万ドルで購入したなどみてください。ポートフォリオをチャートでも表示しており、彼らの過去の運用成績も知ることができますよ。