ネットマネー 2017年3月号より一部を特別公開!

投資に役立つ外国為替の潮流をズバリ!!!
● 注目のビッグイベント
● 為替先読み塾(主要通貨編 )
● 為替先読み塾(その他通貨編)

注目のビッグイベント
トランプ新政権の政策で、米国にインフレ懸念が台頭

トランプ大統領が公約通りの政策を推し進めれば、米国にはインフレ懸念がつきまとうことになる。これまで慎重な姿勢を貫いてきたFRBだが、インフレ抑制策として、利上げの見通しを強めるかもしれない。

トランプ vs イエレン。2017年の相場も騒がしくなりそう

「申酉(さるとり)騒ぐ、との相場の格言通りの年になった」―。これは安倍首相が2016年の株式市場を振り返って述べた弁だ。株式市場に限らず、昨年の米ドル/円相場も波乱の展開となったが、格言通りなら、2017年も騒がしい年となるのだが……。

今年の米ドル/円相場を騒がすポイントは一点。イエレンFRB(連邦準備制度理事会)議長が経済の過熱感に容認の姿勢を示したが、実際にトランプ大統領が積極的な財政政策を進めれば、インフレを促進してしまう懸念である。

当然、インフレ抑制策としては金融引き締め、要は米国の利上げ見通しを強めることとなるはずだ。物価上昇や労働市場の逼迫、活発な設備投資などが続いてやや過熱気味の米国経済に対し、インフレ添加剤になりうる「トランポノミクス」の存在は、FRBのこれまでの慎重な姿勢を一変させる脅かしの存在だ。事実、明言は避けているが「財政政策がより拡張的で経済活動を支援するならば利上げ(ペース)は少し速まるだろう」とダドリー・ニューヨーク連銀総裁も述べている。

また、「円安というよりもドル高」と黒田日銀総裁が発言したように、要はドルが勝手に強くなっただけなのである。このままではドル高によって対外不均衡が生じ、米国の経常収支の赤字拡大が強まる可能性がある。元来、保護主義的思考を持ち、貿易問題に関心の強いトランプ大統領が、果たしてドル高を甘受できるだろうか?

米ドル/円の長方形トレンド(右上のチャート参照)で見ると、昨年11月以降の直立性継続に不安がつきまとう。

不確実なトランプ政権施策に対して、イエレンFRB議長が金利引き上げペースのアクセルとブレーキを踏む判断を早々に示すかもしれない。

トランプ政権がFRBを突き動かす可能性を警戒する中では、「申酉騒ぐ」というよりは「FRBに逆らうな」という米国の投資格言がしっくりくるかもしれない。

為替先読み塾 number-❶[主要通貨編]
200日移動平均線で占う 2017年の米ドル/円相場

200日移動平均線は為替相場の長期トレンドを大局的に把握できる指標として、世界中の投資家に注目されている。注目度が高い=的中確率も高いということ。その見方とは?

200日線の上向き転換で今年は円安トレンド継続。下値メドは107円

FXのチャート分析で長期的な展望を練るとき、移動平均線の中では、営業日ベースでおよそ1年に相当する200日移動平均線が最も重要になります。その注目ポイントは、①現在レートが200日線より上にあるか下にあるか、②200日線が上向きか下向きか、だ。

現在レートが200日線より上にあれば強気相場、下にあれば弱気相場と判断します。また、向きについては、5日や20日といった短期線とは違い、200日線はいったん向きが変わると長期間その方向で推移し続けるため、為替相場の長期トレンドを把握するのに最適な指標なのです。

具体的に下のチャートで見てみましょう。2015年夏から2016年12月中旬までの米ドル/円ですが、2015年12月下旬には200日線を割り込み、円高トレンドが始まりました。1月初旬には200日線の傾きも上昇から横ばいに転換。200日線が位置した121円からさらに2円ほど下落していますが、2月初旬には200日線自体も傾きが下向きに転換し、下降トレンド入りの最終的な確認シグナルになりました。

しかし、昨年終盤からは、それまでとはまるで正反対の動きが加速中です。米国大統 領選挙でトランプ氏が勝利した翌11月10日、米ドル/円は早くも200日線を突破。世界的にドル高ラリーの流れが続き、11月22 日には200日線の傾きも上向き転換。今後は107円前後で推移する上向き転換した200日線が米ドル/円の重要な下値メドやサポート役となります。

200日線の傾きは、実際の値動きからかなり遅れて変化する「遅行指標」ですが、トレンド転換を最終チェックできる貴重なシグナルなのです。

為替先読み塾 number-❷[その他通貨編]
上昇トレンド入りが濃厚な年初めの豪ドルに注目!

いよいよトランプ政権が本格始動。政権運営が落ち着くまで、米ドルは様子見が賢明そうだ。一方、注目は原油価格の安定で魅力が増す豪ドル。英ポンド/円は安値圏まで待つべし。

2017年の注目通貨は豪ドルで決まり!

米ドルはトランプ大統領就任後、政権運営が落ち着くまでは方向性が読みにくい状況が続きそうです。2016年12月16日現在、1ドル=118円台まで上昇していますが、このままドル高が続くかは微妙です。市場では、強い米国、強い米ドルを掲げた第40代米国大統領のレーガン氏とトランプ氏の相似点が注目されています。レーガン氏といえば大幅減税と積極的な財政出動で経済回復とともに、米国に双子の赤字(貿易赤字と財政赤字)をもたらした人物。その後のプラザ合意では為替レートの安定化を目的に、強引な円高・ドル安誘導が行なわれました。現在の米ドルを実効レートで見ると、過去6番目くらいの高値になっていますので、政治的な思惑によって今後ドル安へと誘導する可能性は否定できません。

さて、このページでも再三注目してきた英ポンドと豪ドルが順調に上がってきました。ただ、英ポンド/円についてはやや上がりすぎの感があるので、ここから買うのは考えものです。月足のチャートを見ると抵抗線❶を抜け、抵抗線❷くらいまでは上がりそうに見えますが、ここに来てEU(欧州連合)離脱のリスクが再燃していますので様子見が賢明。英ポンド/円は120円台が安値圏ですので、そこまで下がったら「買い」を検討しましょう。

一方、引き続き好調なのが豪ドル/円です。OPEC(石油輸出国機構)も減産合意しましたし、原油価格がさらに安定してくれば豪州経済にとって好材料になるでしょう。月足のチャートを見ても、長く続いた下降トレンドを上抜け、トレンドが転換し始めていることがわかります。現時点において悪材料が見当たらないので、2017年は豪ドル/円の上昇の年となるかもしれません。ただし、原油価格が60ドルを超えてきたら豪ドルも上値が重くなるので、いったん手じまいして様子を見ることをおすすめします。