ネットマネー 2017年4月号より一部を特別公開!

人気の高い返礼品は気がつくと受け付けが終了しているケースも多いので、早めにチェックして申し込もう。

今月の旬!フルーツ

フルーツは産地により旬の時期も異なり、受け付け開始時期も自治体によってまちまち。早期受け付け中の品々をピックアップ!

南国果実を産地直送 東村産ゴールドバレルパイン

沖縄県東村

縄県北東部に位置する東村は、パイナップルの生産量で日本一を誇る村。ふるさと納税の返礼品にも、何種類かラインアップしています。なかでも、「GOLD BARREL」(黄金の樽〈たる〉 )と名づけられた高級ブランドパイナップル「ゴールドバレル」は、沖縄県が20年以上を費やして開発した新品種。果実が大きくて、酸味はほとんどなく、非常に甘いのが特徴です。品質向上のため光センサーによる選果を行ない、完熟具合を確かめて取れたての状態で発送するので、届いたその日からおいしく食べられます。発送予定は5月中旬~8月中旬ですが、現在早期受け付け中です。

このほか、完熟マンゴー、ブランド豚「あぐー豚」、海ブドウなど、沖縄ならではの味が楽しめるセットが充実。琉球紅型染め製品、つつじエコパークバンガロー宿泊券などもそろっています。

気になる最新情報をチェック!ふるさと納税NEWS

昨年度トップの都城市の年間寄付額が71億円に倍増!

ふるさと納税の寄付額で2015年度に全国トップとなった宮崎県 都 城市は、2016年の年間寄付額が前年比2倍の71億1300万円に上ったことを公表しました。特産の肉と焼酎に特化した返礼品が人気を呼び、寄付件数も同2.2倍の51万件に増加。首都圏からの寄付者が多く、東京都と千葉、埼玉、神奈川の3県で全体の42%を占めています。1件当たりの寄付 額は、「1万円以下」が84.4%と大半を占めました。

神川町が返礼品をもらえる寄付金額を2分の1に変更

埼玉県神川町は今年1月から、返礼品がもらえる寄付金額を従来の2分の1に変更しました。これは寄付 者からの要 望に応えて大きく引き下げたもの。アイガモや梨など、これまで2万円以上寄付しなければもらえなかった返礼品が、1万円からもらえるようになりました。

川越市×毛呂山町×嵐山町が連携して共通返礼品をスタート

玉県の川越市は、毛呂山(もろやま)町、嵐山(らんざん)町と連携して、3市町合同の返礼品「彩小箱」(2万円)を導入しました。同市に本店を置く丸広百貨店の担当者の発案で、川越市の地ビール、毛呂山町の柚子うどん、嵐山町のカステラなど、3市町産の特産品9品をラインアップ。寄付者が選んだ3品を詰め合わせて発送します。

寄付先を選び、「彩小箱」詳細ページ(http://www.maruhiro.co.jp/furusato/irodori)で3品を選択。

あなたのふるさと納税体験談を大募集!

「ふるさと納税」を実際に行なっていて、誌面に登場していただける読者を募集します。お名前、連絡先、寄付先、特産品を記入し、下記にメールでお送りください(掲載者には薄謝進呈)info-netmoney@sankei-books.co.jp