ネットマネー 2017年7月号より一部を特別公開!

おなじみの指標から見て超割高でも利益の伸びがセットならOK!

PERを利益成長率で割った「PEGレシオ」で割安成長株を探し、ネットキャッシュの豊富さで高配当株を選ぶ。さらに期初予想が控えめな上方修正グセ銘柄を狙う10万円株投資術とは?

「低PEGレシオ」とネットキャッシュで攻めろ

 岡三証券のシニアストラテジスト・小川さんが成長10万円株のターゲットにするのは「低PEG(ペグ)レシオ」株。

「PEGレシオはPERを1株当たり利益成長率で割った指標。PER100倍というと割高すぎて買えない気がしますが、毎年の利益が100%、つまり2倍のペースで伸びていればPEGレシオは1倍。翌年にはPER50倍、2年後には25倍まで下がるので、決して割高とはいえません」

 つまり、このPEGレシオを使えば、成長株の中の割安株を探すことができるわけ。    10万円株の中では総合商社の丸紅、トラック用部品のプレス工業などがPEGレシオ1倍以下の成長割安株候補だ。「一方、高配当10万円株の敵は減配リスク。その減配リスクを避けるには、現預金から有利子負債を引いたネットキャッシュが豊富な企業がおすすめ」

 時価総額361億円(2017年4月末現在)に対して282億円の現預金を保有する東北新社などが有望だ。

「3月期決算の発表が一通り終わった今は、期初予想が控えめで上方修正グセのある銘柄も狙い目です。控えめな期初予想で株価が下がった今、仕込んでおけば今後の業績上方修正による株価上昇に期待できます」

 過去3期の各期初から期末の通期に会社予想の営業利益が10%以上、3期連続で上ブレした銘柄は東京エネシスや関東電化工業など。上のランキングをご覧あれ。