ネットマネー 2017年7月号より一部を特別公開!

キャッシュバックなどのお得情報やネット上の最新サービスをいち早く紹介する「マネー得得ホットライン」。今月はみずほ銀行の新アプリを紹介

今月注目の新商品+新サービスにロックオン

SNS感覚で会話をしながら2人で使えるペア口座アプリ

みずほ銀行はスマートフォン向けバンキング「ペア口座アプリ~Pair~」の提供を始めた。
このアプリを使うと、夫婦、親子、パートナーなどの間で、コミュニケーションをとりながら、タイムライン形式(時系列で情報が表示形式)でのチャットバンキングができる。

夫婦で使う手順はこうだ。
たとえば預金口座名義人が夫の場合、夫が共有する口座を設定、妻を招待して夫婦で利用する。
夫はみずほダイレクトの契約が必須。妻は口座を保有しみずほダイレクトの契約をしていればすべての機能が利用できる。
ただ、みずほダイレクトの契約がないと、共有口座の入出金明細は見られず、共有口座のToDoなどアプリで設定した内容のみが閲覧できる。資金移動は設定したペアとなる口座の預金口座名義人のみができるので、利便性だけでなく安全性も確保されている。

では共有口座のToDoとは何か。
スマホバンキングに欠かせない口座引き落とし、振込などのイベントを簡単にスケジュール設定できる機能のことだ。
毎月の家賃の振込、税金・保険料の振込、塾代・サークル費用などの振込予定日を書き込んでおくことで、今日やるべき「お金まわりのこと」がチェックできるし、設定日には自動でお知らせする機能も搭載されているので「振込を忘れて焦る」ことがなくなる。

チャットバンキングは、アプリに内蔵されたチャット機能を使って、妻「フリマの代金を振り込んでおいて」、夫「振り込んだよ」、妻「ありがとう」というようなコミュニケーションをとりながら口座管理ができる機能だ。

チャットの内容や共有されているToDo、共有口座の明細などはタイムライン形式でアプリ上に表示されるので、「忘れた」「知らなかった」というミスがなくなる。

このアプリを使うことでスマホバンキングが楽しく便利になるだけでなく、お金に対する興味も深まりそうだ。